テーマ:口惜しかったこと

修業不足

職業的にも経済的にも、顧客の選り好みなど許されない事は判ってはいるのだが、それでもどうしても拒否反応がでてしまう来店者が居なくもないのは、本当に困った現象である。 昨日の一番客がそうだった。なんとか大過なく笑顔で送り出したものの、その後は鳥肌が立つは首の青筋は消えないはで散々だった。 こんな時は物を壊すに限る。今日の可燃…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

小さな不満

「昼はラーメンがいいなあ」との夫のリクエストに応えるべく、スーパーで一番好きな銘柄のラーメンとメンマと焼き豚を買ってきた。卵を茹でて殻を剥き楊枝で細かく穴をあけて麺つゆに漬け込んだ。 畑からホウレン草と長ネギを取ってきてゆであがったラーメンに添え、さあ食べようと食卓に座ると来店チャイムが鳴った。 カットを終わらせ帰ってく…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

夫婦喧嘩

夫のキャップがあまりにも汚れていたので、何気なく外水道で手洗いした。粉せっけんを漬け、たわしでこすり水洗いしたのだ。 物干し竿に洗濯ばさみで留めていると、夫が大きな声をあげた。「誰も洗ってくれなんて言ってないじゃないか」 どうやら夫にとってはかなりの貴重品らしい。読売ジャイアンツの篠塚選手のサイン入りのキャップだと言うの…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

なさけなや

一昨日から朝晩の冷え込みが急に激しくなった。タオルケットでは寒いので、押し入れから冬布団を引っ張り出したが、カバーの日焼けが目立って付ける気になれず、ファッションセンターしまむらに買いに行った。 使い捨てなので一番安い綿の掛け敷布団カバーセットを買ったが、片手では布団をくるめないので夫に頼んだ。うるさいから傍にいるなと私を遠ざ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ちょっぴり不満

昨日の夕飯には肉じゃがを作り、サバの文化干しを焼いて大根おろしを付け合せた。糠床からキュウリとミョウガを出して残り物の自家製のしょうがの佃煮も並べた。 何か物足りないので、畑から12センチほどに伸びたカブの葉をおろぬき、ゴマ油で炒めて醤油とトウガラシで味付けしたものも並べた。 夫は白いご飯にカブの葉をまぶして美味いうまい…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

余生を楽しく

仕事が暇だったので、階段下の窓のブラインドを外して水洗いした。玄関脇の小窓なので目につきやすいからだ。 かなり汚れていたのか吃驚するほど黒い水が出た。外側も内側も見違えるように明るくなり夫に自慢すると、「後で疲れたって言うなよ」と念を押された。 「跡継ぎのない家はどうなっても良いから体をいとえ」が日頃の夫の口癖だ。悪…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

今に見ていろ

↑戻り咲き 我が家のガーベラ 彼岸にはいったので団子を作った。自分では丸くしているつもりでも微妙にゆがみが出るのがもどかしい。傍らで夫は「カドが立たなければなんでもいいよ」と何やらカドのある物言いだ。 いさかいは好まないので無視したが、昼食には角のある冷奴を出して「豆腐のカドは大丈夫だよね」と皮肉った。「まあ 豆腐の角が歯に…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

自家製苺ジュース

雑草を引いていた夫が、イチゴ畑を横目で見ながらイチゴジュースが飲みたいと言い出した。 面倒だし未だ早いのにと思ったが、大き目のイチゴを初収穫して仏前に供えた。残りをミキサーに掛けて牛乳を加えると、若干甘みに欠けるもののとても美味しかった。 一気に飲んで機嫌がよくなった夫は、ベルを車に乗せて遊びに出掛けた。残された私はコッ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

それぞれの髪質変化

↑我が家の球根ベゴニア AさんとHさんは共に白血病で抗癌剤投与中だ。発病前は二人ともストレートヘアだったのに、今では強いカーリーヘアに変わってしまった。放射線の影響だろうか。 二人が時を同じくして治療を始めた事にも驚いたが、この髪の変化は長い美容師生活の中でも初めてで本当にびっくりだ。 治療も一段落と言うので、昨日は二…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more