ゆっくりのんびり

kunsiran.jpg↑我が家の君子蘭
kaankoe.jpg↑我が家のカランコエ

コロナ騒動故か私個人が不評なのか、昨日は来店者も遊びに来る人も皆無で、ベルと二人きりの静かな平和な一日だった。

花壇の目につく雑草を抜き、午後からは本当に久しぶりに肉じゃが作りに励んだ。

コンビニのそれよりも、軟らかく甘めの自分好みに仕上げると、美味しくて全てをぺろりと平らげてしまった。

珍しくベルもご飯やペットフードには手を付けず、肉じゃがのみをひたすら食べあさった。可愛い奴だ。

夜は早めに入浴し、炬燵に寝転んでゆっくりとテレビを楽しんだ。

明けて今日は定休日。外出の必要はないが静かに過ごせるだろうか。平和であって欲しいものである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。


反省したこと

snow.jpg
snow2.jpg

雪の昨日、Hさんから「庭の鉢を入れるなら手伝うよ」と電話が入った。

頼みたいのはやまやまだが、連日の疲労もあって雪の日くらいは一人で過ごしたかった私は、丁重にお断りした。

しかし、一人きりで退屈したKさんとTさんがお茶菓子と共にやってきて、結局いつもと同じ愚痴を長々と聞かされる羽目に陥った。

孤独な身には、有事を考えると付き合いの大切さは身に沁みてはいるのだが、それでも苛苛し始めた時、Bさんがマスクを20枚も持ってきてくれた。

「手持ちの半分持ってきたよ。ここんちはマスクがないとお客さんが嫌がるからさあ。」

過日、「あと3枚しかない」と愚痴ったからだろうが、やはり付き合いは大事だと改めて悟ったのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。


ぐれてやる!

subara.jpg↑我が家のスバラキシス
ga-bera.jpg↑我が家のガーベラ

早朝ウオーキングの途中、Oさんが笑顔で駆け寄ってきた。

「この間からカットに行こうとして夫にとめられているのよ。不要不急の外出は慎めって。」

「えぇーー? 私の仕事って不要不急に属するんだあ!」とカチンときたが、「うんうん 私はいつでも大丈夫だからね。」ととびきりの笑顔で答えたのである。

そんなに不必要なら、もうボアンティアなんかやめてやる!と心中密かに喚き散らしながら。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。


気を付けなくちゃ

bugen.jpg↑我が家のブーゲンビレア

nemesia.jpg↑我が家のネメシア

スーパーで豚のレバーを買った。愛犬ベルと私の大好物だからだ。

醬油麹に漬け込み、軽く小麦粉をまぶしオリーブ油で焼いて、ベルと共に美味しく食べつくした。

20分後ベルは激しい嘔吐に見舞われ、同時に水様便を排泄した。苦しそうに喘ぐベルを抱きしめながら、申し訳なさに私は深い後悔に苛まれた。

しかしながら私はと言えば何の症状も示さず、覚悟していただけに変な感じだ。

私の体が鈍感なのかベルがナーバスすぎるのか。

いずれにしてもなんとも割り切れぬ症状なのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。




ここ掘れワンワン

daikon.jpg↑我が家の大根の花

koebisou.jpg↑我が家のコエビ草

裏庭で雑草を引いていると、傍らで遊んでいたベルが土が不自然に軟らくなっている一角でけたたましく吠え出した。

道路の向かい側で植木を剪定していたHさんが飛んできて叫んだ。「もしかしたら、お宝が埋まっているかもよ。昔お宅のお爺さんが亡くなったとき、お婆さんが現金がなくなっていると大騒ぎした事があってね。」

まだ我々夫婦が同居を始める前の話なので私は興味津々だ。

義父は倅の嫁(つまり私)が小遣いをくれなくなるから、へそくりは隠さなければと努力していたらしい。

所が義父の急死故に義母にもその隠し場所が判らずじまいで、うやむやになっていたとゆうのだ。

そして後にHさんは「ここのお爺さんが、死ぬ前の日に裏庭を掘っていた」と目撃者から教えられたらしい。

そうとなれば黙ってはいられず、Hさんと私はスコップで懸命に周囲を掘りまくったが何も見つからず、頼みのベルはとんでもない場所のモグラの穴に反応しているではないか。

疲れ果てた私たちは、「お金ってなかなか手に入らないねえ。」と、リポD片手に嘆きあったのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。




ちょっと嬉しかった事

saya.jpg

昨日は来店者が相次いだ忙しい一日だった。疲れ果てた夕食時、何も作りたくなくてコンビニでお弁当をと腰を上げた。

部屋を出て、何気なく戯れに植えこんだ花壇のさやえんどうを見ると、早くも実を付けているではないか。

大好物なので12個ほど摘み取り、冷凍の油揚げと共に味噌汁を作りその場で口を付けた。それは疲労と空腹の身にジワリと染みわたり、思いがけぬ美味しさに胸が熱くなった。

自分で種を撒き、自分で育てあげた小さな緑たちに感動したのだ。

そしてそんな些細な出来事に喜びを感じる自分が、頗る好ましく思えたのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

ウイルスあれこれ

hiyasinsu.jpg↑我が家のヒヤシンス

frijia.jpg↑我が家のフリージア

Aさんから電話が入った。 
「Bさんが近いうちにパーマをかけに行くらしいよ。でもさあ、あそこの息子さんイタリアから帰ってきて2週間隔離されたらしいよ。パーマ断った方がいいよ。」

隔離されたのなら、もう大丈夫なのではないかと思った私は甘いのだろうか。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

嬉しかった事

clamp.jpg↑アブチロン
kokia.jpg↑コキア

家事も一段落の昨日の午後、花達を見回っていて驚いた。夏の花チロリアンプが咲いていたからだ。

赤い5稜形のこれは萼で、本来は下に黄色の花を付けるのだが、これだけでもこの時期には考えられない現象である。

なんだか無性に嬉しくなって、他に何かないかと探し回ると玄関先の僅かな隙間にド根性コキアの芽吹きを見つけた。

良い事が起きる前兆だと良いのだが。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。




心ほのぼの

crematis.jpg↑我が家のクレマチス
外が何やら騒がしいので出て行くと、ベルがTさんに叱られていた。

「何々?」と私。

「何じゃないよ。ちゃんと教育しないと駄目じゃん。甘やかしすぎだよ。このテッセンがあまり綺麗だから、みんなが見えるようにって外に出してあげたら、いきなりおしっこするんだもん!。」

Tさんの気持ちは有り難いが、移してくれたそこは私がベルの排泄場として石で囲って泥を盛った場所である。

わざわざベルのウンチを運び込んで、「ここでしなさい」と口うるさくしつけたスペースなのだ。

「僕はどうしたらいいの?」と困惑顔で私にすり寄るベルに、「なんだそっかあ!こりゃあ私が悪かった。よし。ちょっと待ってな!」とTさんはコンビニで鶏のから揚げを買ってきてくれたのである。

Tさんとベルと私と。
陽の当たる縁側で、コーヒーと共に3人で飲んで食べたそれは、頗る美味しかったのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。


御説御尤も

hanakaidou.jpg↑我が家の花海棠

89歳、一人住まいのJさんに「今住んでいる部屋を壊すらしいの。新しく借りるのに保証人が要るのよね。お願いできるかしら?」と聞かれた。

「いいけど何を保証するの?金銭?健康面?」
「聞いてないのよ。普通の保証人だって。」

釈然としないので、家主さんに会いに行った。するとぴしゃりと言い渡された。

「Jさんは高齢だから 全てに心配なんですよね。でも同じく高齢で一人暮らしの貴女には保証する資格がないのです。」

至極尤もである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

悲しき現実

mekkins.jpg
店内の滅菌スプレーがいつの間にかなくなっていた。 仕方がないのでストック3個の内の1個を置き直したが、夕方にはそれもなくなっていた。

残った2個を使いきってしまったら休業するしかないと思うと、誰かの持ち去り行為が限りなく憎い。

一言あれば、この気持ちも少しは和らいだのだろうが。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。



他人事なれど

tamasudare.jpg↑我が家の玉すだれ

Yさんが泣きながら飛び込んできた。要介護者のご主人が反対を押し切ってデイサービスに行ってしまったという。

「若しウイルスに感染したら、もう私ここには住めなくなるよね。生きた心地がしないんだよもう」

「そんな馬鹿な。考え過ぎだよ。」と慰めはしてみたものの、周囲が口うるさい地域柄故に、Yさんの気持ちは充分理解できるのである。

例え感染せずに済んだとしても、この非常時に行くなんてと避難の的にされるだろうしと、どうしようもなく気が重くなった出来事だった。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。


目指せ水仙ロード

suisen2.jpg
suisen5.jpg
suisen1.jpg
suisen4.jpg
suisen3.jpg↑我が家の水仙たち

今我が家では各種水仙が満開だが、裏や畑の通路等々あちこちに点在しているのであまり目立たないのは至極残念である。今年はもう遅いが、全て咲き終わったら鉢に植え替えて門扉から玄関までの水仙ロードを作ろうとふと思い立った。

その距離を測ってみるとおよそ6メートル、同じサイズの新しい鉢が20個程必要である。これはもう100均に行くしかないが、自転車は数年乗っていないので頗る怖い。

「じいちゃんが生きていればなあ」と、柄にもなく未練がましい気持ちになったが、考えてもどうなるものでもない。

そんなこんなで、車使用のFさんかJさんの来店が、ひたすら待たれるのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

お恥ずかしき限り

furiia.jpg↑我が家のフリージア

arumeria.jpg↑我が家のアルメリア

定休日の昨日、日差しが欲しくて窓を開けたままソファーに横になり、テレビのクイズ番組に熱中した。

出演者より先に答えが判ると嬉しくなって、大声で「XX!」「○○!」と連呼し、「ベル! ばあちゃんの方がこの人より早く答えられたんだよ。凄いでしょ?」と自慢したりと気分はマックスである。

しかし、いつの間にか花壇を見に来ていたHさんの笑い声が耳に入ると、瞬時に我に返った。

「わあ。居たんだあ。恥ずかしいよねえ全く」と答えながら、慌てて窓を閉めて外に出たのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。


チョー楽しみ

crematis.jpg
hati.jpg

花壇の片隅のクレマチスに、小さな小さな新芽が付いた。

もう少しメジャーな場所に移したかったが、狭い花壇は寿司詰め状態で良い花は望めない。

思い切って鉢に移そうと探してみたが、使用済みのそれらはどれもこれも薄汚れてその気になれず。

仕方がないので古い鉢を白のスプレーで塗装し、次に土作りに励んだ。

畑の土に苦土石灰と肥料を混ぜて庭に広げ、2週間後に植えこめば完成だ。初夏には可愛い花を沢山つけてもらいたいものである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

どうぞお構いなく

cmasrose.jpg↑我が家のクリスマスローズ

kyabetu.jpg↑我が家の春キャベツ

畑の春キャベツが「早く食べてよー」と私を呼んだ。

時期早尚とは承知していたが、スーパーの硬いキャベツに辟易していたので、一番大きいものを一個抜き取り、マヨネーズを絡めて軽く炒めると噛まなくてもとろける程甘くて柔らかい。

嬉しくなってベルにも食べさせ、共に喜び合っていたら案の定周囲からクレームが入った。

「そんなに小さい内に食べちゃってもったいないねえ。今の倍になるのは間違いないのに。」

「自分の物をいつ食べようと勝手じゃん。」と言い返せたら、どんなにすっきりするだろうと胃が痛くなり始めた出来事だった。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。


驚いたこと

yuinosita.jpg↑我が家のユキノシタ
jtj.jpg↑ジャンツオン

Hさんから電話が入った。

「今業務スーパーにいるけど、何か買うものある?明日毛染めに行く時持っていけるから。」

保存分がなくなったので、中華調味料のジャンツオンジャンを頼むと、30分後再び電話が入った。

「売り切れだって。テレビがメチャ美味しいって放送したらしいよ。又来月来るから、それまで待てる?」

「ありがとう。大丈夫だよ。ネットでも取り寄せられるし。」

「そんなに美味しいの?じゃあ私のも頼んでよ。」

「うんうん お安い御用でーす。」

確かに私は欠かせた事はないが、業務スーパーで売り切れる程美味しいかなあとテレビの影響力に改めて驚いたのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

骨折り損のくたびれもうけ

lsahuran.jpg
↑我が家のクロッカス
musukari.jpg
↑我が家のムスカリ

冬のパジャマを4-5着持っているのだが、着易さを優先するとついつい同じものを着続けてしまう。

竿に干した色褪せたそれを見ていると、人が見たらどう思うだろうと恥ずかしくなった。

ふと思いついて、アクリル絵の具で鮮やかな色に染めようと、ショッキングピンクの水溶液に30分程漬け込んだが、乾燥すると紙のようにガバガバになってしまった。

これでは着られないと、元に戻すために今度は漂白剤を使ってみた。結果は当然ながら白とピンクの幾何学模様のよれよれの布切れになり果てた。

仕方がないので切り刻んで雑巾に使う事にしたが、一連の努力は何だったのだろうとバカバカしくなったのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

なんだかなあ

purimura.jpg↑我が家のプリムラ
okizarisu.jpg↑我が家のオキザリス

接客の度に手指をアルコール消毒していたら、皮膚がカサカサに荒れ始めた。 安全が望ましいのは無論だが、一応は女なので手に潤いも欲しい。

うまくいかない事が続くので、半ばやけ気味でマグロの大トロを買い込んだら今度は財布の中身が心細くなった。

何か良いことないかなあ。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

取らぬ狸のなんとやら

yukiyanagi.jpg↑我が家の雪柳
sansyuyu.jpg↑我が家のサンシュユ
asebi.jpg↑我が家の紅花アセビ

焼き鳥屋のKさんからカットの予約が入り、「お土産はいつもの様に焼き鳥に違いない。」と内心勝手に喜んだ私。

しかし来店した彼女は開口一番「みんなコロナで大騒ぎだからさあ。食べ物ってどうかなあ?ってカラテで来たよ」

「うんうん 気を使ってくれてありがとうね。」と笑顔で答えたものの、落胆を抑えきれぬ自分をちょっぴり恥じたのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。



老いぞ哀しき

rodance.jpg
↑我が家のローダンセ
tubaki.jpg
↑我が家の椿

来店者の殆どが高齢者の私のサロンでは、夫の介護に関する話題が頗る多い。痴呆症、パーキンソン病、糖尿、脳梗塞の後遺症等々、リアリティーに富んだそれらの話題に接する度に、その深刻さに返す言葉が見つからず、ただただ黙って頷くだけの自分が本当に情けない。

老人が住み良い社会は、私の存命中に実現するだろうか?
無理だろうなあ。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。




可もなく不可もなく

boke2.jpg
boke1.jpg
↑我が家の木瓜2態

眼科検診の結果は10カ月前と変わらず、「白内障の手術は、貴女の意思次第です。」と言われた。

不便と思えばしても良いし日常に差し付かなければしなくても特に心配はないとの事だ。

結局私の出した結論ももう少し様子を見ようと変わらず、一カ月分の点眼薬を貰って帰宅した。

拍子抜け気味の私を出迎えてくれたのは、めっきり老けこんだ愛犬ベルと庭の木瓜の花だけとゆうのも、代わり映えしない現実である。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

そろりそろりと

bugen.jpg
↑我が家のブーゲンビレア

Seikoさん、ぐーまさん、れいこさん、わんちゃんさん、ひおばあさん、yoshiさん、j-kokkoさん、ハルさん、にゃんさん、まあさん、totyさん、フムフムさん、暖かいエールをありがとうございました。

昨日、久しぶりにPCを起ち上げてみましたが、やはり眼が微妙にかすみます。
お医者様のお許しが出るまで、もう少しおとなしくしていようと思います。

皆様もどうぞご自愛下さいませ。

テスト

dc1.jpg
↑我が家のルピナス

久し振りに更新をとトライするも、
すっかり変わってしまった更新方法に手も足も出ず( ;∀;)

これでいいのかなあ?

暫くのお別れをm(__)m

うまく説明できるかどうか、、、。

ちょっと視界がぼやけてきたので再び眼科を受診しました。
想像通り白内障との事で症状は以前の受信時と変わらず、手術しても良いし、このままでもしばらく様子を見ても良いと言われました。

白内障の手術はそれほど難しいものではないと、きちんと説明を受けてはいるのですが、ベルの存在を考えるとどうしても踏み切れないのです。

私がいないと、ベルはあちこちと私を探し回り、見放されたと感じるのか、接触する人たちに直ぐに噛みついてしまいます。

手術直後は多分私も自分の事で精一杯でしょうし、これまでのベルの前科を思うと、ベルへの介護が不十分になることは目に見えています。

我が家に来てくれて15年、どう考えても後数年であろう彼と私の余生は、できれば誰にも邪魔されない蜜月でありたいのです。

問題は、手術せずに現状維持するための条件として、眼科の先生にPC使用の禁止を言い渡された事です。

PCは私にとっては非常に重要なストレス発散のツールですが、少しでも目を大事にするためにはテレビ鑑賞時間と共に大幅に削る必要があるとの事でした。 ブルーライト弊害との事です。

かなり悩んだ結果、私は仕事とガーデニングとベルは手放さない事に決めました。

以上の理由で、私の目とベルに何らかの変化が起きるまでは、PC使用は諦めざるを得ないので、皆様ともしばしお別れです。

今まで本当にありがとうございました。 皆さまどうぞお元気で。

事態が好転しましたら、いつかまたこのブログを続けられたらと、儚い望みを抱きつつ。

貴重な教訓

画像
↑我が家のクレマチス
画像
↑我が家のタマスダレ

3歳年上のSさんから、予約をキャンセルしたいと電話が入った。 「雨が家の中に入ってきちゃって、もう泣きたくなっちゃう」

来店者も予約もなかったのでSさん宅に行ってみると、玄関土間に10センチ程水が溜まっていた。

一人暮らしのSさんは、オロオロして何も策を講じていないので、私は玄関サッシの下に7-8センチ巾の溝を掘って、水の逃げ道を作った。

道路脇のU字溝に流れるように掘り続け、水が引いたので玄関先に隣家から土嚢を4個借りてきて積み上げた。

腕と腰が痛み始めたので、Sさんの地域の民生委員さんに後を頼んで帰宅したが、ちょっとやり過ぎた様で筋肉痛に耐えられず、休業札を出して寝込んでしまったのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

嬉しかったこと

画像
画像
↑我が家のダリア二態

画像
↑我が家のインゲン

日曜日だとゆうのに雨が降ったりやんだりで来店者はまるでなし。 

手持無沙汰なので畑のインゲンを収穫した。 小さなバケツが溢れそうになったので、全てを護摩汚しに加工して常連さんに配りまくった。

畑に縁のない人達なので思いがけず大喜びしてくれて、久しぶりに嬉しさがこみ上げてきた。 野菜造りも悪くないなあと珍しく素直に喜べた自分が嬉しかった。 

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

決行すべきか待つべきか

画像
↑我が家のルリマツリ
画像
↑我が家のハイビスカス
画像
↑我が家のイチジク

裏庭のイチジクが微妙な状態に。 すぐに収穫すべきかもう少し熟すのを待つべきか。

普通ならもう一日置くべきだろうが、予報では明日は強風強雨があるかも?と。

立ち尽くして5分経過するも、決められぬ自分が情けないのなんのって、、、。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

どこまで続く泥濘ぞ(すみません愚痴です)

画像
↑我が家のアガパンサス
画像
↑我が家のエキナセア
画像
↑濡れた布団

昨日の午前中は晴天だった。 そろそろ夏掛けを使おうと、押し入レから夏蒲団を引っ張り出してカバーをかけ、外干しした。

14時近く、パーマが終わったSさんが店を出るとすぐに引き返してきた。

「大変大変! 大雨なのに二階にお布団が干してある!」

雷が鳴り出し、強い雨が降り始めたのを認識しながら、布団を干した事などはけろりと忘れていたのだ。

体調も心理状態も優れぬ中、ここまで悪い事が重なるかと、自分の老化を棚に上げて何かを呪いたくなった出来事だった。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

 



寒暖差疲労だそうです

画像
↑我が家のユリ

皆さんにご心配をかけまして、本当に申し訳なく思っています。

単なる風邪と思っていた発熱が、心的障害を呼んだようで、現在はちょッとした放心状態とゆうか、何をするのも億劫で暇があればごろごろしています。

お医者様曰く、心身ともに疲労しているので、時間が解決するでしょうと。

接客とガーデニングは平常通り行っています。 自分ではかなり無理をしているつもりですが、この二点は休まない方が自分のために良いと言われましたので。

結果夕方にはかなり疲れはてる結果、絶対時間はかなり不足してはいるものの、熟睡は出来ています。

食欲もあります。

こんな感じですのでどうぞご心配下さいませんように、皆様もくれぐれもご自愛くださいませ。

恥ずかしかった事

画像
↑我が家のインパチェンス

カットで来店したUさんが言った。

「さっき来たんだけど帰ったんだあ。」

「え? なんでなんで? ちゃんといたよ。」

「居たけどさあ。 キャーキャー言っていたから悪いと思って。 試合が終わったから出直してきたのよ。」

男子バレーに夢中になっていた自分が恥ずかしくて、店販のシャンプー(小)をお詫びに差し上げたのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

楽しかった事

画像
↑10数年前の作品

隣県群馬の友人美容師から思いがけない電話が入った。

「急ぎで悪いんだけど、明日の夜までにトールで朝顔描いてもらえない?」

久し振りのトールに自信が持てなかった私は、「このパターンでいい?」と古い作品の画像をメールで送った。

時間制限があるなら、新しいパターンを起こす余裕がないのだ。

「いい いい! んで、次の勉強会にそれ飾るんだけど、参加するならこれ私の描いたものとゆう事にしてね。」
「大丈夫だよ。出ないから。」

強い雨で来店者もなく、私は久しぶりに終日お絵描きに励んだのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

ボケ道まっしぐら?

画像
↑我が家のパンジー
画像
↑我が家のミソハギ

つれづれなるままに、再放送のサスペンスドラマの数々を楽しんでいる内に、犯人と刑事を同一人物が演じていたりして、頭がおかしくなってきた。

あれえ? この人の犯行なの? じゃああの完璧のアリバイは? 

そっかあ! このドラマでの大杉蓮さんは犯人で、もう一つ前に見たドラマでの彼が刑事だったんだあ。

手首骨折以来来店者がめっきり減って、私はこんな世界を彷徨う事が多くなってきたのである。 大丈夫かなあ?

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。


Mさん頑張って!

画像
↑我が家のアジサイ
画像
↑我が家のアジサイ(墨田の花火)

去年、お嫁さんと折り合いが悪くて施設に入所した筈のMさんが突然来店した。

驚く私に、Mさんはポツリポツリと事情を説明してくれた。

認知症の人が少なくない施設はどうしても自分には馴染めないので、息子さんを呼び出して「何が何でも帰りたい。 帰れなければ死ぬ」と訴えたらしい。

お嫁さんには強く拒否され、困り果てた息子さんが近くに部屋を借りてくれたので、一人で生活する事になったと言うのだ。

80歳での新スタートは、Mさんが考える程楽ではないだろうが、どうか幸せになってほしいものである。

そして私も又、気分転換すべき昨日はトイレと風呂場の掃除に精を出した。 結果、腰痛と手首痛には悩まされたが、気分は上々なのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

遠い記憶

画像
↑我が家のヤマホウシ
画像
↑我が家のホタルブクロ

断捨離も少しずつ進み、家の中の風通しも良くなったのは嬉しいのだが、間違って捨ててしまったものも少なくない。

昨日の定休日、歯科治療のために出かけるべくパラソルを探したが見つからず。

ときめかないので捨てようか捨てまいか悩んだ記憶はちょっとだけあるがのだが、以後どうしたかは忘却の彼方だ。

とゆう事でやむなく行きはタクシーで、帰路ホームセンターによって新しいものを購入した。

今後の教訓。 断捨離は購入してから決行すべし。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。 

恥ずかしかった事

画像
↑我が家のフェンス際
画像
↑我が家のエキナセア

昨日は暑くもなく寒くもなく、からりとした気持ちの良い一日だった。 咲き終わったバラの花殻を摘み取っている私の傍で、ベルが気持ちよさそうに大の字に寝そべっているので、ふと思いついて鋏を持ち出した。

ブラッシングされて気持ちのよさそうなベルに鋏を入れると、グレイに汚れた毛先が根元の白に代わってとても綺麗だ。

嬉しそうなベルに私は思わず話しかけた。 「お客さん! もう少し短くなさいますか? 涼しくなりますよぉ。 今時一流美容師に出張カットしてもらえるなんて、お客さん幸せですねえ!。」

いつの間にか後ろに立っていたKさんに大きな声で笑われて、私は頗る恥ずかしかったのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

驚いたこと

画像
↑我が家のレモンコスモス
画像
↑我が家のシモツケソウ

3日前からHさんの愛犬が居なくなったらしい。 市の広報にアナウンスを頼むと断られたと心底口惜しそうだ。

「姑の時はすぐに放送してくれたのにどうしてかしら? 税金だってちゃんと払っているのに」と嘆くHさんの思考を危なく感じ、余計な事だがお嫁さんに一報した。

しかしながら返ってきたお嫁さんの言葉に、これまた少なからず驚かされたのである。

「放っておいてください。 他人に叱られれば、少しは懲りるでしょうから。」

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

日頃の鍛錬が実を結んだ(笑)

画像
↑我が家のガーベラ
画像
↑我が家の京鹿の子

久し振りにベルの散歩に出た。 一ヵ月ぶりくらいだろうか。

近くの田んぼではGさんが消毒中で、路上の1メートル程の消毒器の傍を「こちら側から回ってね。」と通り抜けるスペースを作ってくれた。

しかし私は迷わずそれを飛び越え、ベルも同じく従った。

驚いたGさんには「だめじゃん!お婆さんなんだから無理しないでよ。 転んで骨折したばかりなんでしょ?」と叱られたが、私は絶対の自信があったのである。

何しろ我が家の狭いリビングの床に長々と寝そべる巨体のベルを、ある時は掃除機を、又あるときは洗濯物を抱えて、毎日毎日ヒラりヒラリと蝶のごとく(ちょっと言い過ぎ?)飛び超え抜けているのだから。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

単純過ぎ?

画像
↑我が家の青い小花(名前が判りません)
画像
↑我が家のミニひまわり

Oさんが、化粧品セールスの女性を連れてやってきた。

「あのさあ~ ちょっと鏡使わせてくれない? ここの鏡が一番私を綺麗に見せてくれるんだよね。 ここで見てから色を決めたいのよ。」

何だか嬉しくなった私は、「どうぞどうぞ 何時間でもお使い下さい」とコーヒーまで入れて二人をもてなしたのである。 

自分の利益はゼロなのに馬鹿な私とか、先行投資だからこれでいいのだとか、正反対の二つの思いに揺れながら。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

さまざまな出来事

画像
↑我が家のツンベルギア

最近私の周辺は何故か騒がしい。 べルへのクレーム、墓石への許しがたい悪戯書き、夫の甥が突如姿を消した等々である。

ベルニ対するクレームは、「裏の空き地の入り口に大きな糞が溜まっている。 近隣であれほどのサイズを生産できるのはベルしかいない。」とゆうものだ。

私の体調不良から、ベルは我が家のフェンスを少なくとも5月には一度も出ていない。 そう説明し、物的証拠をと彼の正真正銘の糞とサイズを比べてもらって誤解が解けた。

ベルのそれはMで、廃棄されたものはLであることから冤罪は免れたのだ。

墓石には赤のスプレーで卑猥な言葉が吹きつけられていて、シンナーその他で消したために、折角消えた私の頭痛が再発しかねない状況である。

夫の甥の件は、家族が訪れると寝具と履き物と共に本人が消えたとかで、私にはどうしようもない出来事である。

いずれも命にかかわるような大騒動ではないが、なにか落ち着けない日々なのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。.


嬉しかったので出した結論

画像
↑我が家のツルバラ(ナエマ)
画像
↑我が家のクレマチス
画像
↑我が家のクレマチス

ここ数週間、私は毎夕頭痛や歯痛や耳鳴り等に悩まされ続け、なぜかそれらは老化現象且疲労故と自己判断して、健気にも耐え続けてきた。

しかし一昨日、あまりの痛さに歯科を頼り、治療の結果昨日は全く痛まなくなったばかりか、頭痛も耳鳴りも同時にぴたりと収まってしまったのは信じ難い事実である。

故に、治療を受けた歯痛のみならまだしも、その他の悪現象はどうして収まったのか不思議で仕方がないのだ。

そしてこのままでは何か気持ちが悪いので、自分なりに結論付けてみた。

歯科の先生は魔術師かもしれない。 だからいずれの科の病気にも万能なのだ。 もしかしたら神かもしれない。

故に次の先生のヘアカットは、誠心誠意手掛けさせて頂かないと罰が当たると、心底思い込んだ私はまともな人にはクレージーと感じるかもしれないが。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。



大いなる矛盾

画像
↑我が家のペンステモン
画像
↑我が家のサボテンの花

数日前から、夕方になると歯がずきずきと痛む。 耳鳴りや頭痛を併発する事もあるので単なる疲労だろうと放置していたが、我慢できない程痛むので昨日は歯科医院に行った。

結果、ブリッジの支えの2本がかなり化膿しているとの事。 治療は長くなりそうだ。 定休日を何回使えば終わるだろうか。 頗る気が重くなった。

定休日を心待ちするようになったのはいつの頃からだろうか。 元来が人間嫌いの性格ゆえに、老いが進むこれからが思いやられるのである。

しかしながら、別に私は誰にも営業を強制されている訳ではないのだ。 嫌なら廃業すればいいのに。 相変わらず自分が理解できていないのである。   

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

Fさん ガンバレ!

画像
↑我が家の京鹿の子
画像
↑我が家のフレンチラベンダー

カットで来店したFさんが言った。 「平均寿命まであと4年あるからさあ。 しなければいけない事を四個に分けたのよね。 一年に一個片付ければいいんだから。」

待合ブースのNさんが笑った 。「4年はあくまで平均だからね。 早めに終わらせた方が気が楽でしょうよ。」

「だって早く終わらせたらあの嫁は又新しい事を言い出しそうで、、、。」

遠い昔にハンパナイ姑に仕えた私は、立場は逆だがFさんの主張がとてもよく理解できたのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。


スティームの中で

画像
↑我が家のブーゲンビレア
画像
↑動かないベル

肌の乾燥が気になるので、居間でテレビを見ながら美顔用蒸気にあたった。

室内が蒸気でモヤモヤしてきたのでテレビやPCの為にはよくないかもと、10分ほどでやめたが、霞の中のベルは何事かとびっくりしたのか頗るおとなしい。

キョトンとしたそんな表情が可愛くて、ぎゅっと抱きしめるとするりと抜けて外に逃げていった。

暑さゆえになんともけだるい、やる気の起きない一日だったのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。


あ~ 勘違い

画像
↑我が家のコスモス
画像
↑我が家の大輪松葉ボタン
画像
↑我が家のオキザリス

昨午後、Gさんから出張カットの依頼が入った。「この前介護タクシーでお宅に行ったらお休みだったのよ。」

「わあ ごめんね。 本当にすみません。 ちょっと敷居が高いけどすぐに行くから待っていてね。」

飛んでいくと入口に小さな踏み台がおいてあるので「これ何に使うの?」と聞くと、「敷居が高いっていうから、入りにくいかと思って、、、。」

もお~~
Gさんたら本当に良い人なんだからあ。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

どっこい生きてる

画像
↑我が家のバラ(イブピアジェ)
画像
↑我が家のフランネルソウ
画像
↑我が家のキャットテイル

私が店を閉めたとゆう噂を聞いたとUさんが飛んできてくれた。 おそらく骨折で1ヶ月休養したからだろう。 地域性からみても判るような気がした。

事情を話すと、「そっかあ。 良かった。 でも当分お客さん減るかもよ。 頑張ってね。」と安心して帰って行った。

そのせいでもないだろうが、昨日もその前日も来店者はなかった。 尤も、私も2時間ほど眼科に行ったりしたのだけれど。

とにかく、いつも通り営業していますので、皆さまどうぞよろしくお願い致します。

と言っても常連さんでネットをしている人は皆無なのだが。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。


小さな明と大きな暗と

画像
↑我が家の姫ウツギ
画像
↑我が家のホタルブクロ
画像
↑一番開花我が家のトマト

ふとした拍子に涙が止まらなくなるので、念の為にと眼科を受診した。

「ブルーライトの障害でしょう。 使用時間を減らさないと失明の可能性もゼロではありませんよ。」 と先生はニコリともしなかった。

PCをやめて、テレビの鑑賞時間を極端に抑えれば良いのだと言われても、そんな人生では自分が腑抜けになりそうな予感だ。

さてこのピンチをどうしたら切り抜けられるか? かなりヘビーなテーマである。

しかしながら、些細な事だが嬉しい事も無い訳ではなかった。 玄関たたきのベルの泥足跡を拭いた雑巾を、外水道でゆすぎ絞っていて、左手首が全く痛まない事に気が付いたのだ。 骨折後初めての感触である。

両手で雑巾を絞れる事の嬉しさをこれ程感じた事はなかった。 転倒には絶対に気を付けねばと、改めて痛感したのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです

散ったバラの後始末

画像
↑我が家のツキミソウ
画像
↑我が家のへメロカリス
画像
↑我が家のガザニア

昨日の強い雨で、庭のバラ達の殆どが散ってしまった。 花びらが道路の反対側まで飛び散り、我が家の周囲の塀際はバラの花弁一色だ。

Kさん宅の生垣の根元にまでうず高く積もっていたそれらを片付けていると「綺麗だからそのままでいいのに」とご主人が気を使ってくれた。

次に花壇の花びらを取り除き、花の死骸が残る枝たちを切り取って袋詰めしていると、あっという間に一日がくれた。

泥だらけのベルのシャンプー等々懸命に動き回り、残った筋肉痛をマッサージ椅子で癒す事のみで、仕事もせずに昨日は暮れてしまったのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。





みじめすぎる断捨離事情

画像
↑我が家のランタナ
画像
↑我が家のイキシア
画像
↑我が家のイキシア

雨の定休日、ときめかない衣類を捨てようと全てを外に出した。 しかし全てにときめかない事に気が付いて愕然とした。

ときめく物を残そうとしても一枚もないのだ。 しかも新しいものを買う気持ちも全くなく、極言すれば何を着ても同じと感じているのだ。

一応女なのに、大丈夫か自分?と心配になり、それでは何にならときめくのか?と考えてみた。

飲み物、食べ物、サウンド関係、書籍等々、欲しいものが何もないってどうよ?と心配になり、傘をさして外に出てふと思った。

庭になんか素敵な置物が欲しいなあと。 光を発してくれる何かだ。 しかしホームセンターに探しに行く程の気力はないので、これはもう諦めるしかないと取り出した衣類の山を放置して、横になってしまったのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。