テーマ:嬉しかったこと

黄色の花達

↑我が家のミモザ ↑我が家のラナンキュラスとオキザリス ↑我が家のサンシュユ 我が家の黄梅 ↑我が家の菜の花 今の我が家は黄色の花達が美しい。ミモザ、ラナンキュラス、ミニ水仙、オキザリス、黄梅、サンシュユ等々である。  数日後にはフリージアも開花してその香りを楽しませてくれるだろうと思うと、今更ながら黄色は春色なのだ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

玄海つつじ危機一髪

去年の夏、雑草引きをしたくなかった夫が除草剤を使ったために、植木場の玄海つつじの樹が枯れ始めた。毎早春、我が家で一番初めに花をつける樹木なので、私は慌てて周囲の土を掘り起こし、水で思い切り根元を洗い流して新しい園芸土と入れ替えた。 結果、水仙や福寿草等の近くの草花は全て枯れてしまったが、この玄海つつじは辛うじて助かって、今…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

めぬま道の駅の河津桜

「道の駅の河津桜が咲き始めたぞ」と夫が言った。リハビリの意味で毎朝2-3キロ歩いているので目についたのだろう。 定休日の昨日、昼頃には気温も上がってきたので出かけてみた。花粉が怖いのでサングラスにマスクと言ういでたちだ。 顔見知りの人達が沢山いたが、新しい全ウイッグを付けていたので誰にも気づかれず、挨拶の必要がないの…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

セリと白菜の炒めもの

Jさんがセリを届けてくれた。利根川土手で摘んできたらしい。辛子酢味噌和えは平凡すぎるし面倒なので、白菜の漬物と共にオリーブ油で炒めてみた。醤油だけの単純な味付けだがこれが又頗る美味である。 面倒だからと一番簡単な調理法を選んだのだが完全なフロックだ。他には冷奴と市販の焼き鳥を温めただけの粗末な夕飯に、この一品が加わっただけ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

我が家の紅花あせび

我が家の紅花あせびがやっと開花した。3年前に開花していた小さな鉢植えを買いこみ、花が終わると花壇に埋め込んだものだが、去年も一昨年も花はつかなかった。 もう咲かないのかと半ばあきらめていたのに、昨年末小さな蕾を発見した時には本当に嬉しかった。その蕾たちも厳しい寒さに何度か枯れかけたが、その都度ビニールを被せて大事に育てた甲…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

部屋が少し片づいた

古新聞や古雑誌の整理をしていると、折よく老夫婦のちり紙交換車が通りかかった。「暇だから手伝いますよ」と言ってくれたので、家中の古本を引っ張り出すと、空だった軽トラックの三分の一程を占領してしまった。 ティッシュペーパーやキッチンタオル等を差し出され、手伝って貰ったのだからと遠慮すると、「それでは私たちの気が済まない。せめてこれ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

アネモネ一輪

我が家のアネモネは冬中も戸外に置きっ放しなので、やっと新芽が5ミリ程出た段階である。しかし去年の12月初め、テストケースで一個だけ鉢ごと玄関内に入れてみた所、昨日早々と開花したので驚いた。 今年の冬は特別寒かったとはいえ、戸外と室内ではこれ程違うのかと今更ながら実感し、外の鉢達が可哀相になった。今年の年末は全てを軒下にいれよう…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

秩父三十槌の氷柱

夫が昔の仲間に誘われ秩父三十槌(みそつち)の氷柱見物に出かけた。強風の中、風邪を引かなければいいがと心配したが、当の本人は凍結している渓谷歩きに転ばないかだけお案じていたらしく、帰宅しての開口一番は「転ばなかったぞ!」だった。 腰を痛めてからは、足が痺れて踏ん張りが効かないのは知っていたが、私が感じている以上に悩みは深いらしい…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

黄色に癒されて

昨日は定休日、曇っていたが風もなく、お寺さんで身内だけのささやかな3回忌法要を済ませて帰宅すると、玄関先のフクジュソウが開花していた。 鮮やかな黄色が目に染みて心が和んだ。「気持ちだけね」とご近所さんが仏壇に向かってくれたのはいつもながら有難い。 夕方はベルの散歩に同行し、昼の残りの蕎麦を茹でてこれまた残り物の天ぷらを乗…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

貧者の贅沢

↑我が家の日本水仙 昨日は来店者が相次いで忙しい一日だった。それなりに売り上げも上がったので、夕飯は外食をと家を出た。鰻の積りで向かったが、途中で蟹の看板を見た夫が「冬の蟹は美味いだろうなあ!」と呟いた。 「じいちゃん 今日なら食べられるよ。いっぱい働いたから行こうよ。」と返した私。「俺は遊んでいたからなあ」とぽつりとつぶや…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

女二人の新年会

夫が新年会に出かけて昼食の準備をしなくて良かった昨日は、午前中の仕事も良い出来上がりだった。精神的に余裕があったからだろうか。 同じ新年会にご主人が出席したHさんが、「私たちも亭主たちの真似をしようよ」と昼近くに寿司折を持って現れ、結局自分の分まで作らずに済んでしまった。 「食事の準備が三度から二度に減るってこんなに…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

上野東照宮の冬牡丹

上野東照宮の冬牡丹がとても綺麗だとテレビで報じていた。何度か行っているので今年もと意気込んでいたが体調不良でままならず、口惜しい思いでいたら風来坊さんが画像を送って下さった。 どれもこれも美しすぎて目が眩む思いだ。牡丹はやはり花の王様だと再認識させられ、いつもながらのご好意に頭が下がったのである。 風来坊さんあり…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ケヤキ風呂まがい

ぽかぽか陽気の昨日、夫が急に風呂場の掃除を始めた。こんな時は見ぬ振りをする事にしている私は、外に出て花壇の整理に熱中した。 暫くすると夫は急に車で出かけていき、直ぐに浴場用のスポンジシートと、欅の簀子を積んで帰ってきた。汚れたそれらを洗うのが面倒になったらしい。浴槽と床と壁を洗い流した段階で疲れ果ててしまったのだろう。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ちょっぴり早いクリスマスプレゼント

娘からハンドクリームが届いた。過日、夕食を共にした際に手渡された姉妹品があまりにも良い香りだったので、周囲の人達に羨ましがられた事を報告したからだろうか。 大好きなローズの香りとあるので直ぐに確認したかったが、勿体なくて開けられない自分が可笑しかった。 ちょっと早いクリスマスプレゼントと解して、クリスマスに開けようと…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

カナリア茄子

Tさんがカナリア茄子を二本届けてくれた。花器に活けこむとちょっと寂しいので、去年使った人工の栗と松を添えてみた。 見ていたTさんがそれでも寂しいと、落ちたカナリア茄子の実を畑から拾ってきてくれた。 それらをワイヤーで繋いで、花器の取手や口の部分に括り付けると、かなりサマになってきた。 飾った出窓が一気に華やいで店内…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

人情に感激

今年も又、タマネギの植え付けの時期がやってきた。苗を植えている夫を見たYさんは「うちも早く植えなくちゃ」と園芸センターに走って行ったが、間もなく悄然として帰ってきた。 近くの園芸センター二軒と専門の種苗屋さんを回ってみたが、既にどこも苗は売り切れていたと言うのだ。電話帳を繰って大きなホームセンターに電話してみたが、やはりもう遅…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

手の香り

まるで春のようなぽかぽか天気の昨日、庭のダリアを見ているとMさんが通りかかった。 近寄ってきたMさんがあまり褒めてくれるので一輪切り取って手渡すと、Mさんはいきなり叫んだ。 「うわあ!良い匂い!ハンドクリーム変えたでしょ?」「え?そっち?ダリアじゃないのかあ」といささか不満を感じながら私は思い出した。 昨日…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ミニわらしべ長者

付け合せや揚げ物の衣に入れるので、我が家ではパセリを一鉢作ってあるのだが、昨日はJさんのリクエストで半分ほどちぎってあげた。 昼食にコロッケをあげたついでに、空揚げして付け合わせたら好評だったと、夕方リンゴを届けてくれた。 手作りのパセリが大好物のリンゴに変わって夫は大喜びだが、私は単純には喜べなかった。 申し…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

武蔵丘陵森林公園のコキア

昨日は定休日だが外は今にも雨が落ちそうな曇天だった。遠くへのドライブには不向きと、近くの武蔵丘陵森林公園に向かった。コキアが見頃だと聞いたからだが、荒川を超える頃には雨が落ち始めた。 時々落ちてくる雨のしずくの中、コキアの群生はとても見事だった。空が青かったら、そして一眼デジカメなら、きっと素晴らしい画像が撮れたに違い…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

金木犀の香り

今我が家の金木犀が満開だ。亡き息子の小学校入学時に、学校から配られた記念樹である。 その芳香に心酔わされて見上げていると、通り掛かった女子小学生が二人、立ち止まって「おばちゃん いい匂いだね」と言ってくれた。嬉しさに胸が熱くなった。 「気をつけて帰ってね」と答えたが、小さな喜びを与えてくれた彼女達と亡き息子に、感謝の…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

熊谷市妻沼町聖天神社

昨日、NHKが我が町の聖天神社の模様を放映していた。国宝に指定されたからだろうが、 自分の住む町内の綺麗な画像がテレビで見られるのは感動ものだ。 塗り替えられた神社の彫刻、いつも買っているお菓子屋さんの様子、利根川の流れ等々、 見慣れた光景もテレビを通すととても素晴らしく、良い所に住んでいるのだと改めて感じた。 午後…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

娘との昭和

川崎に転居した娘から封書が届いた。開けると川崎市のタウン誌、東京新聞のTODAYだった。どうやら娘の投稿が採用されたらしい。 川崎、鶴見の昭和の時代を、写真をメーンに「昭和のアルバム」として掲載されるとの説明の後に、懐かしいモノクロの娘の写真が5枚と、彼女の簡単な説明が載せられていた。 横浜で産まれ、間もなく移り住んだ昭和の…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

小さな喜び

へちまの第一号を収穫した。早速希望していたJさんに電話すると味を聞かれた。まだ食べていないと答えると「お先にどうぞ!」と言われた。育て主より先に食べる訳にはいかないと言うのだ。 仕事で疲れ果て、今日はへちまを料理する気になれないと伝えると、「すみません頂きます」とJさんが飛んできた。「明日味を報告しにくるからね」と飛び切りの笑…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

大輪咲きマツバボタン

Cさんがスライドを見たよと電話をくれた。「私の大好きな松葉牡丹がなかったけどどうして?あれとても綺麗なのに、、、」 確かに私もとても綺麗なのに残念だと感じたのだが、松葉牡丹やポーチェラカは陽がささないと開かないのだ「雨でも咲いてくれる花だけしかアップしなかったのよ」「なるほどねえ。まだ沢山あるのにね」 Cさんが自分の事の…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ウコンの花

長年ウコンを育てているが、花を見たのは今年が初めてだ。毎年根を掘り起こしては翌年芋を植え込んでいたために花を見る事がなかったのだ。去年は色々な事が重なって、収穫せずに今年を迎えてしまった結果である。 しかしながら初めて見たその美しさに驚き、お隣さんを呼びに行った。一人で見るのは勿体なかったからだ。勧められて二輪しか咲いていない…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

思いがけない頂き物

知人がワラビを届けてくれた。わざわざ長野の山奥まで採りに行ったらしい。リュックを背に崖をよじ登るサマを想像すると、さぞ大変だったろうにととても嬉しくなった。 味付けした味噌に漬け込んであって、ちょうど食べ頃だと言うのでお行儀が悪いが指で一本つまんでみると絶妙な味だった。 ご飯に炊き込むと山菜特有の香りが食卓にあふれていい…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

トケイソウの開花

今年の夏は猛暑らしい。そうでなくてもここ熊谷は死にたくなるほど暑いのだ。そこで少しでも涼しくなるようにと今年は三か所にグリーンカーテンを作ってみた。 店の西側の小窓にはへちまを2鉢、玄関の入り口近くにはゴーヤを2鉢、彩にとその隣にトケイソウを1鉢並べてみたが、そのトケイソウが一個だけだが昨日開花したのだ。これは文句なく嬉しかっ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

我が家の庭

仕事中Hさんが店に入ってきた。「あまり綺麗だから表の写真撮らせてもらっちゃったの。無断でごめんね」と言われ、「どうぞどうぞ。良かったらその画像PCに転送してくれる?」とアドレスを書き渡した。上記が送られてきた画像である。 携帯写真のためかあまり鮮明ではないが、我が家の南西の一角を綺麗に撮ってくれていて嬉しくなった。 「あ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

サギソウの発芽

ぐーまさんに教えられ、去年のサギソウを新しい鉢に植え直して2週間目の昨日、やっと待望の新芽を発見した。新芽を確認してから植え直すのが普通らしいが、寒地の我が家では全ての花の発芽が遅いので、発芽しないままの球根を掘り起こして新しい鉢に植え込んだのだ。 しかしながら球根を掘り出してみてその繁殖力の強さに驚いた。去年は一番小さい鉢を…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more