テーマ:思い出

恨めしや

亡くなったHさんの田んぼに建てさせて頂いていた店の看板を撤去した。 誰にも見られたくなかったので早朝3時半、未だ夜が明けきれ内に強行したが、 身長1.8mのトタンの建て看板はあまりにも重すぎる。 足を掘り起こし、頭を台車に乗せて足を持ち上げ、少しずつ駐車場まで押していったのだが、誰にも見られずに済んだのは本当に有り難い。…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

10年前は若かった

昨日もゆっくりとした一日だった。 のんびりとベルの散歩を楽しんでいると、Sさんが歩いてきた。 「わあ ベルちゃん大きくなったわねえ。 10年くらい前に初めて見た時はこんなに小さかったのに。」と、両手でサッカーボール位の円を作った。 そう言えば小さい時のベルは可愛かったと、帰宅してから当初の画像を探してみた。 利…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

始めて見た映画

お客様同士の会話で始めて見た映画の話になった。3人同時の施術なので口を挟む余裕はなかったが、噂話と違って聞くだけでも充分楽しい話題は嬉しいものだ。 私が始めて見た映画は、久我美子の「挽歌」だった。原田康子の原作に魅かれて、わざわざ電車に乗って東京まで見に行ったのだが、高校生の身では一人で入館する勇気がなく、入り口近くでもた…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

思い出作り

お祭り見物をするという昨日のお客様は、熊谷に住んではいるものの隣町の露店を冷やかしに行くという。同時開催なら普通は地元へと思うのは単純な思考のようだ。 隣の町は熊谷より規模は小さいが農業の町として有名で、手作りのお祭り感が魅力らしい。 出掛けるのは郷土の祭りと決め込んでいたが、たまには隣町に行ってみようと夫を誘うと、 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

古い写真に思う事

昨日は洗濯物が飛んでしまう程の強風だった。夕方ベルの散歩から帰った夫は、風邪気味だと早々と寝てしまったので、私も自室に引き上げて古いアルバムの整理を始めた。 DVD一枚にかなりの数を取り込める今と違って、全ての写真を収めたアルバムは12冊にも及び、背中をかばっての移動はかなりの体力が必要だ。やっと年代順に新しい写真帖に整理…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more