本音トーク

画像
↑我が家のタマスダレ
画像
↑我が家のキンギョソウ

パーキンソン病で自宅闘病中のEさんがご主人の車で来店した。 強い雨のせいか他に来店者もなく、パチンコで遊んでくるとゆうご主人の迎えを待つ間に、色々な打ち明け話に花が咲いた。

「良いご主人だわね。 毎回送ってくれるなんてなかなか出来ないよ。」と私。 

「だって今まで散々尽くしてきたもの。 当然だわよ。」と言下にEさんは言ってのけた。 その後延々と苦労話が続き、コーヒーを入れ替えるといきなり話題は私に飛んできた。

「あのさ~あ。 今までもお花は凄く綺麗だったけど、 ここの所馬鹿に増えたじゃない? しかも他の家にはないような珍しい品種ばかり。 何かあった?」

確かに私の人生観は変わった。 理由は体調が良くないからだ。 明らかに今まで出来た事が出来なくなっている。 自分なりに死期を真剣に考え、興味が出た事、欲しいと思ったものは躊躇なく手に入れてみよう。

他人様に迷惑をかけずに出来る事なら、それらを得られた喜びを最大限味わってみようと思い始めたのだ。

「うまく言い表せないけどそんな感じなんだあ!。」
「判る判る。 私だって同じよ。 いつ歩けなくなるか判らないもの。 今の内に出来る事をしておかなくちゃ。 そのためには亭主だって使いまくってやるさ。」

そこで迎えの車がやって来たので、「また話そうね。 凄く楽しかったわ。」と笑顔でEさんは帰って行ったのである。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。



"本音トーク" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント