驚いたこと

画像

昨日は仕事に追われ、昼食が取れたのは14時ごろだった。 前日に茹でたパスタをあり合わせの海鮮や青菜と炒め、いわしのアンチョビで味付けをした。

遊びに来たMさんが「どんな味付けしてるの? 一口別けてみて」と言うので、小皿に取り分けると、美味しそうに食べた後に「この作り方教えて! 凄く美味しい!」と褒めてくれた。

「面倒だから味付けはアンチョビだけだよ」と答えると、早速スーパーに行ったMさんから「おいてないんだって」と電話が入り、私は買い置きのアンチョビの缶詰を渡した。

しかしMさんの使用後の感想には少なからず驚かされた。 「アンチョビってさあ。 味見したら気分が悪くなっちゃった。 物凄い味だからパスタに入れる気がしなくなっちゃったのよ。 今も胃がムカムカするわ。」

私の意識の中でのアンチョビはあくまで調味料である。 二切れをそのまま口に放り込んだと聞いて、さもありなんとは思ったのだが。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。


"驚いたこと" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント