聖天神社で753祈願

画像

画像

画像

画像

画像

一昨日、曾孫一行と共に聖天神社に着いた時はすでに昼近かった。保育園の方針らしく曾孫は誰を見ても「こんにちわあ!」と声を掛け回る。

言われた参拝者たちは皆一様に相好を崩して「あら可愛いわねえ!」と褒めてくれる。それを狙っているわけではないだろうが、ご本人は頗る上機嫌だ。

偶然聖天様に居合わせた夫の友人は、私を見て「Yちゃん(夫の呼び名)のお孫ちゃんかい?」と笑顔で話しかけてきた。それを聞いたおませな3歳児は「違います!」と両手を振った。私は慌てて「曾孫なんですよ」と説明した。

更に彼女は「こんにちわ!」と呼びかけた知らないおじさんから「一枚撮っていいかい?」と聞かれ「いいよ」と答えてピースサインを決め込んだ。その可愛すぎる仕草に私は胸が熱くなった。

初穂料の支払いを済ませ、ご祈祷を受ける間も彼女は自由奔放に動き回り、太鼓の音に合わせてリズムを取るなどやんちゃぶりを発揮したが、それも無事終了した。

境内でしばらく遊んで帰宅したが衣装もすぐには脱ぎたがらず、結い上げた髪もおとなしく解かせてくれてその可愛さは計り知れないものがある。改めて血の繋がりの不思議さを肌で感じて老いた身には本当に嬉しかったのだ。

遠距離なのにわざわざここまで来てくれた曾孫と孫に、そして仕事で来られなかった娘に代わって運転手を務めてくれた孫の父親に、心から感謝した一日だった。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。


"聖天神社で753祈願" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント