咲いてくれてありがとう

画像

玄関チャイムを鳴らして義姉がやってきた。「あら?こんなに寒いのにもう咲いてるよ。健気だねえ」

気が付くとたった一輪だがアネモネが開花していた。南側の陽だまりだからだろうか。とてつもなく嬉しくなった私は花に話しかけた。「咲いてくれてありがとうね。夕方お礼にお米のとぎ汁をあげるからね」

義姉は笑いながら言った。「馬鹿だねえ。判るわけないジャン!」

それでも私は思ったのである。「アネモネはきっと私のこの嬉しさを判ってくれている!」と。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。

"咲いてくれてありがとう" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント