カンナの引っ越し

画像


大鉢に植え込んだカンナが、根が廻り過ぎて鉢の底穴から細根を溢れ出していた。根分けをしなければいけないのだが大きすぎて億劫だ。

来年以降の手入れを考えると気が重いので、裏庭に直に植え込んだ。表から裏に移せば人の目に触れる事はなくなるので、カンナにとっては不本意だろうと思うと気が引けたが、年々落ちる自分の体力を考えるとこれもまた致し方のない事である。

根が廻った鉢は兎に角重い。しかも鉢と根が一体になっているので、私の力では押せども引けども鉢から出てこないのだ。仕方がないので鉢を叩き割った。

カンナの茎を持って裏までずるずると引きずって行き、スコップで二つに割り割いて植え込むと完全に私の息は上がってしまった。なんともだらしのない話である。

粉々になった瀬戸の鉢を見た夫は、かなり驚いていたが何も言わなかった。こうして私の植木鉢はまた一つ減ってしまったのである。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。

"カンナの引っ越し" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント