身辺整理も楽じゃない

画像

数日前、夫が裏庭の隣家との境に植え込んだベニカナメモチをかなり短めに切り込んだ。
体が動く内に家の周囲を整理したいと思っての事らしいが、落とした枝葉はざっと見ても軽トラック3台分位だ。

我が家のトラックは既に廃車してしまったので、義弟に処理を頼んだ所来月まで待って欲しいと言われてしまった。仕事がらみでは急かす訳にもいかず、さりとて早く捨てに行きたい夫の思いは見え見えなので、Kさんにトラックを貸して欲しいと言ってみた。

快諾してくれたので夫が処理場に運ぶ事になったが、落とした枝のある裏には車は入れず、表の駐車場まで枝を移動せざるを得なくなった。

小雨の中、家にじっとしていられない夫は、雨合羽を着てその枝を表に運び始めた。それが昨日の事である。私も傍観は出来ないので、合羽を着始めると夫は「後がうるさいから手伝わなくてもいいよ」と嘯いた。

退屈していた私は面白半分で手伝い始めたが、濡れた枝たちの重さに嫌気が差し、誰か来店してくれないかと密かに期待していると、素敵なタイミングでMさんがカットに来店してくれた。してやったりである。

普段の倍以上の時間をかけ、馬鹿丁寧にカットを終らせて戻ってみると、丁度運び終わった所だった。

「これ、積み込むのが大変だね」と言うと、「一人でのんびりやるから心配するな」と頼もしい返事が返ってきたので一安心だ。

他人様の大事な車を借りるのだから、全てを運び終わるまでどうか何事も起きませんようにと祈る思いなのである。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。

"身辺整理も楽じゃない" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント