無為な1日

画像
↑今頃咲きだした我が家のハンゲショウ

横殴りの雨が降ったりやんだりの昨日は来店客がゼロだった。前日はかなりの忙しさだったのでそれはそれでいいのだが、何故かやはり寂しかった。

電話がコールされる度に予約か?と期待するのだが、訳の判らぬ勧誘ばかり。用件の半分も聞かぬ内に黙って切ってしまう自分が嫌な女に見える瞬間だ。

落ち着かないので街なかで営業している同業者に電話してみた。「今忙しいんだよね。場末の暇な店の愚痴なんか聞いてる暇ないんだわ。退屈だったら手伝いにお出で」確かに忙しく立ち働いている最中のくだらない電話は迷惑なものだ。

知人宅に遊びに行ってしまった夫は居ないし、こうなると相手をしてくれるのはベルだけである。念入りにブラッシングとドライシャンプーをしてやったが、小一時間で終ってしまった。

一人きりの昼食は、作る位なら食べない方がましと抜きにしたので益々手持ち無沙汰だ。店を開けた以上買い物に出る訳にも行かず、来るかどうかも判らない客を待つ一日はなんとも落ち着かず、同じ自由時間でも定休日のそれとは全く違う。

頗る切ない一日だったのである。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。

"無為な1日" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント