長引く不況に

画像
↑狂い咲き?我が家のブーゲンビレア

又一人、知り合いが美容室をクローズした。他県のサロンだが、勉強会で妙に気があって交流を深めていたのだが、廃業してすっきりしたと実にさばさばとした表情だった。月末が来る度に、テナント料とスタッフのギャランティー捻出のために走り回るのはもう懲り懲りだと、年明けを待たずに閉めてしまったらしい。

過日遊んだ東京タワーの一階の喫茶室も、今年いっぱいで閉めると記してあった。街中で閉店の貼紙を目にするのも珍しくなくなった今、この不況がどこまで続くのかと気持ちがとめどなく暗くなった。

夫は、不況もあるが廃業する事自体あまり躊躇わなくなったのも確かだと言う。傷口が広がらぬ内に、駄目だと思ったら早めに撤退する人が多いのだと。

私が始めて開業した時は、何が何でも成功させるのだとあの手この手を使ったものだが、今の若い人はあまり物に執着しないのが特徴のようだ。どちらも一長一短だが、嫌な世の中になったものである。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。

お台場の夜景のスライドショーをアップしました こちらからご覧頂けると嬉しいです。

"長引く不況に" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント