罪の意識

↓我が家の紫紺ノボタンsikonnobotan.jpg
カットで来店したFさんは80歳で一人暮らし。「恥ずかしいけど誰かに聞いてもらいたくて、、、」と話し出した。

国民年金だけでは足りないので、市役所に生活保護を申し込みに行くと、係の人に「今はコロナでみんな困っているんです。少額でも年金が入るだけ有り難いと思って下さい」と言われたという。

「年金は個人の権利であって市役所から貰っている訳ではないのに、その上から目線が口惜しくて」と大憤慨らしいので、「わかった。私がFさんの代わりにSNSで投稿しておいてあげるから、もうそんな事忘れちゃいな」と慰めると、「ありがとうね」とニコリとしてくれた。

無論私に投稿をする意思はないのだが、ネットをしないFさんには多分ばれないだろう。なんとなく面倒で他の事は言いたくなかったのだ。ブログに書いた事でどうか私の嘘を許して欲しいものである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。



.