必死の鉢退治

↓我が家のサルスベリsarusuberi.jpg↓我が家のノウゼンカズラnouzen.jpg裏の3畳程のスチールの物置の戸が15センチほど開いていて、そこから大量の蜂が出入りしていると裏の奥さんが教えてくれた。普段は使いかけのペンキくらいしか入れていないので私は気が付かなかったのだ。

そっと覗くと中には蜂が群れていたので、野菜や花卉用の5Lno噴霧消毒器の吹き出し口だけ差し込み、あとは締め切って隙間をガムテープで何重にも密閉した。

噴霧器2台分の殺虫剤を中に噴霧し、抜いた後も直ぐに密閉して半日が過ぎた昨夕、怖くてガムテープを剥がせない私に代わって、夫の友達だったDさんがテープを外して開けてみてくれた。

中には小さなハチの巣が2個と、蜂達の死骸が山になっていて、なんとも不気味だ。正視できない私のためにDさんは綺麗に掃除してくれたが、「見かけより弱虫なんだね。」と笑われてしまった。

だから田舎は嫌なんだと、この時ほどこの地を恨んだ事はなかったのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。