恥ずかしくなった事

↓我が家のクレマチスkurematisu.jpg↓我が家の緋ネムhinemu.jpgどうにも体調が優れないので、気分転換に髪をベリーショートに切り込んでみた。
しかし鏡の中の自分は顔が丸出しになり、しわも滲みも皺もほうれい線も、全てがくっきりと浮かび出て、一気に老け込んだ感じだ.

いくらマスクに助けられても、何とかしないと嫌でも歳を感じてしまう。色々考えて若い頃に掛けたブロンズの色付きの眼鏡を使用し、髪の色もかなり明るく染め直した。

これでお客様のヘアスタイルを店の鏡で見る時、一緒に写り込む自分の上半身に、何とか違和感を感じずに済むようになったとちょっとだけ落ち着いた。

しかしながら、お昼を買いに行ったコンビニのお姉さんに、「なんかケバいですね。」と言われてしまった。年齢をごまかしたくて行った行為が裏目に出てらしい。

大きなブラックホールに落ち込んだ思いでシュンとしていると、お姉ちゃんはそっと言ってくれた。「こういう時のためにウイッグがあるんじゃないですか」

夕方、ウイッグを付けてコーラを買いに行くと、入り口ですぐに私を見つけたお姉さんは、レジ台からピースサインを送ってくれたのである。
ホッとしている自分に、これでも一応はプロなのにと、メチャ恥ずかしくなった出来事だった。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。