平にご容赦を

↓我が家のクレマチスtessen.jpg
Aさんが、「見えないからちょっと書いてよ」と国勢調査の用紙を持ってやってきた。

私も老眼だが辛うじて見えたので書き込んでいると、「やってくれるみたいよ。 早く持っておいでよ」と誰かに電話をかけだした。

間もなくYさんが友人二人を連れてやってきたので、私は計4人の代筆をさせられたことになる。

Aさんは大喜びで「困っている人がもう2人いるんだけど、、、。」と言い出したが私は「どうぞご勘弁を」と両手を合わせて懇願した。 眼の奥がガンガン痛み出したからだ。

老眼で身寄りのない方々は、こんな場合どうしておられるのだろうか。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。