ゆっくりのんびり

kunsiran.jpg↑我が家の君子蘭
kaankoe.jpg↑我が家のカランコエ

コロナ騒動故か私個人が不評なのか、昨日は来店者も遊びに来る人も皆無で、ベルと二人きりの静かな平和な一日だった。

花壇の目につく雑草を抜き、午後からは本当に久しぶりに肉じゃが作りに励んだ。

コンビニのそれよりも、軟らかく甘めの自分好みに仕上げると、美味しくて全てをぺろりと平らげてしまった。

珍しくベルもご飯やペットフードには手を付けず、肉じゃがのみをひたすら食べあさった。可愛い奴だ。

夜は早めに入浴し、炬燵に寝転んでゆっくりとテレビを楽しんだ。

明けて今日は定休日。外出の必要はないが静かに過ごせるだろうか。平和であって欲しいものである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。


反省したこと

snow.jpg
snow2.jpg

雪の昨日、Hさんから「庭の鉢を入れるなら手伝うよ」と電話が入った。

頼みたいのはやまやまだが、連日の疲労もあって雪の日くらいは一人で過ごしたかった私は、丁重にお断りした。

しかし、一人きりで退屈したKさんとTさんがお茶菓子と共にやってきて、結局いつもと同じ愚痴を長々と聞かされる羽目に陥った。

孤独な身には、有事を考えると付き合いの大切さは身に沁みてはいるのだが、それでも苛苛し始めた時、Bさんがマスクを20枚も持ってきてくれた。

「手持ちの半分持ってきたよ。ここんちはマスクがないとお客さんが嫌がるからさあ。」

過日、「あと3枚しかない」と愚痴ったからだろうが、やはり付き合いは大事だと改めて悟ったのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。


ぐれてやる!

subara.jpg↑我が家のスバラキシス
ga-bera.jpg↑我が家のガーベラ

早朝ウオーキングの途中、Oさんが笑顔で駆け寄ってきた。

「この間からカットに行こうとして夫にとめられているのよ。不要不急の外出は慎めって。」

「えぇーー? 私の仕事って不要不急に属するんだあ!」とカチンときたが、「うんうん 私はいつでも大丈夫だからね。」ととびきりの笑顔で答えたのである。

そんなに不必要なら、もうボアンティアなんかやめてやる!と心中密かに喚き散らしながら。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。


気を付けなくちゃ

bugen.jpg↑我が家のブーゲンビレア

nemesia.jpg↑我が家のネメシア

スーパーで豚のレバーを買った。愛犬ベルと私の大好物だからだ。

醬油麹に漬け込み、軽く小麦粉をまぶしオリーブ油で焼いて、ベルと共に美味しく食べつくした。

20分後ベルは激しい嘔吐に見舞われ、同時に水様便を排泄した。苦しそうに喘ぐベルを抱きしめながら、申し訳なさに私は深い後悔に苛まれた。

しかしながら私はと言えば何の症状も示さず、覚悟していただけに変な感じだ。

私の体が鈍感なのかベルがナーバスすぎるのか。

いずれにしてもなんとも割り切れぬ症状なのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。




ここ掘れワンワン

daikon.jpg↑我が家の大根の花

koebisou.jpg↑我が家のコエビ草

裏庭で雑草を引いていると、傍らで遊んでいたベルが土が不自然に軟らくなっている一角でけたたましく吠え出した。

道路の向かい側で植木を剪定していたHさんが飛んできて叫んだ。「もしかしたら、お宝が埋まっているかもよ。昔お宅のお爺さんが亡くなったとき、お婆さんが現金がなくなっていると大騒ぎした事があってね。」

まだ我々夫婦が同居を始める前の話なので私は興味津々だ。

義父は倅の嫁(つまり私)が小遣いをくれなくなるから、へそくりは隠さなければと努力していたらしい。

所が義父の急死故に義母にもその隠し場所が判らずじまいで、うやむやになっていたとゆうのだ。

そして後にHさんは「ここのお爺さんが、死ぬ前の日に裏庭を掘っていた」と目撃者から教えられたらしい。

そうとなれば黙ってはいられず、Hさんと私はスコップで懸命に周囲を掘りまくったが何も見つからず、頼みのベルはとんでもない場所のモグラの穴に反応しているではないか。

疲れ果てた私たちは、「お金ってなかなか手に入らないねえ。」と、リポD片手に嘆きあったのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。




ちょっと嬉しかった事

saya.jpg

昨日は来店者が相次いだ忙しい一日だった。疲れ果てた夕食時、何も作りたくなくてコンビニでお弁当をと腰を上げた。

部屋を出て、何気なく戯れに植えこんだ花壇のさやえんどうを見ると、早くも実を付けているではないか。

大好物なので12個ほど摘み取り、冷凍の油揚げと共に味噌汁を作りその場で口を付けた。それは疲労と空腹の身にジワリと染みわたり、思いがけぬ美味しさに胸が熱くなった。

自分で種を撒き、自分で育てあげた小さな緑たちに感動したのだ。

そしてそんな些細な出来事に喜びを感じる自分が、頗る好ましく思えたのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

ウイルスあれこれ

hiyasinsu.jpg↑我が家のヒヤシンス

frijia.jpg↑我が家のフリージア

Aさんから電話が入った。 
「Bさんが近いうちにパーマをかけに行くらしいよ。でもさあ、あそこの息子さんイタリアから帰ってきて2週間隔離されたらしいよ。パーマ断った方がいいよ。」

隔離されたのなら、もう大丈夫なのではないかと思った私は甘いのだろうか。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

嬉しかった事

clamp.jpg↑アブチロン
kokia.jpg↑コキア

家事も一段落の昨日の午後、花達を見回っていて驚いた。夏の花チロリアンプが咲いていたからだ。

赤い5稜形のこれは萼で、本来は下に黄色の花を付けるのだが、これだけでもこの時期には考えられない現象である。

なんだか無性に嬉しくなって、他に何かないかと探し回ると玄関先の僅かな隙間にド根性コキアの芽吹きを見つけた。

良い事が起きる前兆だと良いのだが。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。




心ほのぼの

crematis.jpg↑我が家のクレマチス
外が何やら騒がしいので出て行くと、ベルがTさんに叱られていた。

「何々?」と私。

「何じゃないよ。ちゃんと教育しないと駄目じゃん。甘やかしすぎだよ。このテッセンがあまり綺麗だから、みんなが見えるようにって外に出してあげたら、いきなりおしっこするんだもん!。」

Tさんの気持ちは有り難いが、移してくれたそこは私がベルの排泄場として石で囲って泥を盛った場所である。

わざわざベルのウンチを運び込んで、「ここでしなさい」と口うるさくしつけたスペースなのだ。

「僕はどうしたらいいの?」と困惑顔で私にすり寄るベルに、「なんだそっかあ!こりゃあ私が悪かった。よし。ちょっと待ってな!」とTさんはコンビニで鶏のから揚げを買ってきてくれたのである。

Tさんとベルと私と。
陽の当たる縁側で、コーヒーと共に3人で飲んで食べたそれは、頗る美味しかったのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。


御説御尤も

hanakaidou.jpg↑我が家の花海棠

89歳、一人住まいのJさんに「今住んでいる部屋を壊すらしいの。新しく借りるのに保証人が要るのよね。お願いできるかしら?」と聞かれた。

「いいけど何を保証するの?金銭?健康面?」
「聞いてないのよ。普通の保証人だって。」

釈然としないので、家主さんに会いに行った。するとぴしゃりと言い渡された。

「Jさんは高齢だから 全てに心配なんですよね。でも同じく高齢で一人暮らしの貴女には保証する資格がないのです。」

至極尤もである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

悲しき現実

mekkins.jpg
店内の滅菌スプレーがいつの間にかなくなっていた。 仕方がないのでストック3個の内の1個を置き直したが、夕方にはそれもなくなっていた。

残った2個を使いきってしまったら休業するしかないと思うと、誰かの持ち去り行為が限りなく憎い。

一言あれば、この気持ちも少しは和らいだのだろうが。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。



他人事なれど

tamasudare.jpg↑我が家の玉すだれ

Yさんが泣きながら飛び込んできた。要介護者のご主人が反対を押し切ってデイサービスに行ってしまったという。

「若しウイルスに感染したら、もう私ここには住めなくなるよね。生きた心地がしないんだよもう」

「そんな馬鹿な。考え過ぎだよ。」と慰めはしてみたものの、周囲が口うるさい地域柄故に、Yさんの気持ちは充分理解できるのである。

例え感染せずに済んだとしても、この非常時に行くなんてと避難の的にされるだろうしと、どうしようもなく気が重くなった出来事だった。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。


目指せ水仙ロード

suisen2.jpg
suisen5.jpg
suisen1.jpg
suisen4.jpg
suisen3.jpg↑我が家の水仙たち

今我が家では各種水仙が満開だが、裏や畑の通路等々あちこちに点在しているのであまり目立たないのは至極残念である。今年はもう遅いが、全て咲き終わったら鉢に植え替えて門扉から玄関までの水仙ロードを作ろうとふと思い立った。

その距離を測ってみるとおよそ6メートル、同じサイズの新しい鉢が20個程必要である。これはもう100均に行くしかないが、自転車は数年乗っていないので頗る怖い。

「じいちゃんが生きていればなあ」と、柄にもなく未練がましい気持ちになったが、考えてもどうなるものでもない。

そんなこんなで、車使用のFさんかJさんの来店が、ひたすら待たれるのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

お恥ずかしき限り

furiia.jpg↑我が家のフリージア

arumeria.jpg↑我が家のアルメリア

定休日の昨日、日差しが欲しくて窓を開けたままソファーに横になり、テレビのクイズ番組に熱中した。

出演者より先に答えが判ると嬉しくなって、大声で「XX!」「○○!」と連呼し、「ベル! ばあちゃんの方がこの人より早く答えられたんだよ。凄いでしょ?」と自慢したりと気分はマックスである。

しかし、いつの間にか花壇を見に来ていたHさんの笑い声が耳に入ると、瞬時に我に返った。

「わあ。居たんだあ。恥ずかしいよねえ全く」と答えながら、慌てて窓を閉めて外に出たのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。


チョー楽しみ

crematis.jpg
hati.jpg

花壇の片隅のクレマチスに、小さな小さな新芽が付いた。

もう少しメジャーな場所に移したかったが、狭い花壇は寿司詰め状態で良い花は望めない。

思い切って鉢に移そうと探してみたが、使用済みのそれらはどれもこれも薄汚れてその気になれず。

仕方がないので古い鉢を白のスプレーで塗装し、次に土作りに励んだ。

畑の土に苦土石灰と肥料を混ぜて庭に広げ、2週間後に植えこめば完成だ。初夏には可愛い花を沢山つけてもらいたいものである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

どうぞお構いなく

cmasrose.jpg↑我が家のクリスマスローズ

kyabetu.jpg↑我が家の春キャベツ

畑の春キャベツが「早く食べてよー」と私を呼んだ。

時期早尚とは承知していたが、スーパーの硬いキャベツに辟易していたので、一番大きいものを一個抜き取り、マヨネーズを絡めて軽く炒めると噛まなくてもとろける程甘くて柔らかい。

嬉しくなってベルにも食べさせ、共に喜び合っていたら案の定周囲からクレームが入った。

「そんなに小さい内に食べちゃってもったいないねえ。今の倍になるのは間違いないのに。」

「自分の物をいつ食べようと勝手じゃん。」と言い返せたら、どんなにすっきりするだろうと胃が痛くなり始めた出来事だった。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。


驚いたこと

yuinosita.jpg↑我が家のユキノシタ
jtj.jpg↑ジャンツオン

Hさんから電話が入った。

「今業務スーパーにいるけど、何か買うものある?明日毛染めに行く時持っていけるから。」

保存分がなくなったので、中華調味料のジャンツオンジャンを頼むと、30分後再び電話が入った。

「売り切れだって。テレビがメチャ美味しいって放送したらしいよ。又来月来るから、それまで待てる?」

「ありがとう。大丈夫だよ。ネットでも取り寄せられるし。」

「そんなに美味しいの?じゃあ私のも頼んでよ。」

「うんうん お安い御用でーす。」

確かに私は欠かせた事はないが、業務スーパーで売り切れる程美味しいかなあとテレビの影響力に改めて驚いたのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

骨折り損のくたびれもうけ

lsahuran.jpg
↑我が家のクロッカス
musukari.jpg
↑我が家のムスカリ

冬のパジャマを4-5着持っているのだが、着易さを優先するとついつい同じものを着続けてしまう。

竿に干した色褪せたそれを見ていると、人が見たらどう思うだろうと恥ずかしくなった。

ふと思いついて、アクリル絵の具で鮮やかな色に染めようと、ショッキングピンクの水溶液に30分程漬け込んだが、乾燥すると紙のようにガバガバになってしまった。

これでは着られないと、元に戻すために今度は漂白剤を使ってみた。結果は当然ながら白とピンクの幾何学模様のよれよれの布切れになり果てた。

仕方がないので切り刻んで雑巾に使う事にしたが、一連の努力は何だったのだろうとバカバカしくなったのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

なんだかなあ

purimura.jpg↑我が家のプリムラ
okizarisu.jpg↑我が家のオキザリス

接客の度に手指をアルコール消毒していたら、皮膚がカサカサに荒れ始めた。 安全が望ましいのは無論だが、一応は女なので手に潤いも欲しい。

うまくいかない事が続くので、半ばやけ気味でマグロの大トロを買い込んだら今度は財布の中身が心細くなった。

何か良いことないかなあ。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

取らぬ狸のなんとやら

yukiyanagi.jpg↑我が家の雪柳
sansyuyu.jpg↑我が家のサンシュユ
asebi.jpg↑我が家の紅花アセビ

焼き鳥屋のKさんからカットの予約が入り、「お土産はいつもの様に焼き鳥に違いない。」と内心勝手に喜んだ私。

しかし来店した彼女は開口一番「みんなコロナで大騒ぎだからさあ。食べ物ってどうかなあ?ってカラテで来たよ」

「うんうん 気を使ってくれてありがとうね。」と笑顔で答えたものの、落胆を抑えきれぬ自分をちょっぴり恥じたのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。



老いぞ哀しき

rodance.jpg
↑我が家のローダンセ
tubaki.jpg
↑我が家の椿

来店者の殆どが高齢者の私のサロンでは、夫の介護に関する話題が頗る多い。痴呆症、パーキンソン病、糖尿、脳梗塞の後遺症等々、リアリティーに富んだそれらの話題に接する度に、その深刻さに返す言葉が見つからず、ただただ黙って頷くだけの自分が本当に情けない。

老人が住み良い社会は、私の存命中に実現するだろうか?
無理だろうなあ。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。




可もなく不可もなく

boke2.jpg
boke1.jpg
↑我が家の木瓜2態

眼科検診の結果は10カ月前と変わらず、「白内障の手術は、貴女の意思次第です。」と言われた。

不便と思えばしても良いし日常に差し付かなければしなくても特に心配はないとの事だ。

結局私の出した結論ももう少し様子を見ようと変わらず、一カ月分の点眼薬を貰って帰宅した。

拍子抜け気味の私を出迎えてくれたのは、めっきり老けこんだ愛犬ベルと庭の木瓜の花だけとゆうのも、代わり映えしない現実である。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

そろりそろりと

bugen.jpg
↑我が家のブーゲンビレア

Seikoさん、ぐーまさん、れいこさん、わんちゃんさん、ひおばあさん、yoshiさん、j-kokkoさん、ハルさん、にゃんさん、まあさん、totyさん、フムフムさん、暖かいエールをありがとうございました。

昨日、久しぶりにPCを起ち上げてみましたが、やはり眼が微妙にかすみます。
お医者様のお許しが出るまで、もう少しおとなしくしていようと思います。

皆様もどうぞご自愛下さいませ。

テスト

dc1.jpg
↑我が家のルピナス

久し振りに更新をとトライするも、
すっかり変わってしまった更新方法に手も足も出ず( ;∀;)

これでいいのかなあ?