ちょっと寂しい出来事

画像
↑我が家のアイリス
画像
↑我が家のライラック

群馬の友人美容師Sさんが、結婚して福岡に行く事になった。 Sさんは10歳年下だが同じ一人暮らしでもあり、かなり濃密な友人関係だっただけに、私のショックは小さくない。

数少ない周囲の仲良しが、一人減るのは頗る寂しいが、めでたい事だけに反対する訳にもいかず、昨夜は二人きりの送別会を開いた。

福岡に行っても仕事は続ける積りらしいが、努力家の彼女ならきっと成功するだろう。 新しい伴侶と共に、幸せな家庭を築いて欲しいものである。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2018年04月09日 07:39
おはよう!!

ライラックがもう咲いた??
わが町の道の駅はまだのようです。
咲くとと紫のフェンス(爆)
国道からとても癒されます。

親しい友人が去っていくのは寂しいね。
でも素敵な門出!!
お祝いですね。

今朝は駅で中学生にあいさつ運動。
新一年生がブカブカの制服を着て
上級生に遠慮しながら電車に乗って行きました。
かわいい光景でした!!(笑)

が、とても冷たい朝。
毛糸の帽子と薄いダウンのジャケット、
手袋、ネックウォーマー完全武装でした(爆)

そちらもっと寒いかな?
Seiko
2018年04月09日 10:33
サチさん おはよう~

アイリス、素敵ですね~ 
もう、アヤメの季節なんですね~
うわ! ライラックも咲いてる!
札幌の木、こっちは6月です!!

Sさん、ご結婚なさるんですね~
なんか、すごいパワーを感じます。
頑張ってほしいですね。

あの、私も名古屋に行くじゃないですか~
みんな「寂しい寂しい」って、
「Seikoロス」だって、私は笑い飛ばしてたけど
去られる方は寂しいんだね。
思いやりが足りなかったわぁ。。。
サチ
2018年04月09日 19:37
ぐーまさん こんばんは

我が家のライラック毎年早く咲くのよね。
みんなが驚いています。

よそのお宅が満開になるころにはすでに散ってdしまう。
どちらが良いのか判らないわ。

うんうん 群生すると綺麗だよねえ。
この近くには名所がないの。
並木道はすごく綺麗よね。
テレビで見ただけだけど(笑)

そっかあ 今は新入生の季節だわねえ。
小学校と中学じゃあ生徒の心構えも違うでしょうしね。
ピッカピカだね。

そうそう こちらも朝は寒かったわ。
起きた時は暖房入れたもの。

明日は暖かいって言っているけどわからないよね。
気持ちの良い定休日にしたいけど、、。
サチ
2018年04月09日 19:45
Seikoさん こんばんは♪

そうなのよ。 ライラックって香りも良くて綺麗だよねえ。

うんうん 希望に燃えてスタートする人は前向きだけど、
去られてしまう方は寂しいよね。

私の場合は気が合う同業者ってあまりいないから、
凄く寂しいです。

でももとは皆ひとりだものね。
落ち込んでばかりもいられないけど。

Seikoさんの周りの人は寂しいと思うわ。
Gさんなんて来年の年賀状どうするんだろ?なんて余計な事だけど。

同じマンションの人は、身近だっただけに家族が離れていくみたいだと思うわ。
ロスにもなるよ(笑)

でも出会いと別れは人生にはつきものだものね。
みんなそれに耐えて頑張るしかないのよね。

でもさあ どちらかとゆうと行く人より行かれる人の方が辛いよね。
Seikoさん 今の内にみんなにうんとサービスしてあげておいてね。

みんなが思い出だけでも我慢できるように。

そちらお天気が荒れているんでしょ?
なんかいつまでも春が来ないよねえ。

Seikoさんもボス様もご自愛くださいね。

toty
2018年04月10日 00:56
仲の良い友達が遠くに行っちゃうって
確かに寂しいけど、

サチさんは、ブログで近況を発信し続けてるから
思うほど、遠くにいっちゃった感はないんじゃないかしら。

相手の方も、書いてくれると、
いいんだけどね。

私も仲のいい友達が、
自分の子供に向けて書いているブログを書いてくれているので
お互いに、すごく近く感じるねと、言い合ってます。

ブログの効用ってそういうとこもあるよね。
サチ
2018年04月10日 09:51
totyさん こんにちは

そうですね。 ネットは瞬時にして距離を縮めてくれるものね。
でも実際に助けたり助けられたりができなくなるのは寂しいです。

それより、高齢の身で新天地で張り切る決心を付けるのはさぞ大変だったろうと思うと、、、。

勇気ある行動に驚いています。

この記事へのトラックバック