しっかりしなければ

画像
↑夫が転倒した母屋の玄関

何の前触れもなく夫に逝かれ、乱れに乱れてあらぬことを口走る私を案じたMさんが、知り合いの心療内科に半ば強制的に私を連れて行ってくれた。

3時間ものカウンセリングの後にドクターは言った。「どうやら一番の治療法は貴女がこのブログを再開する事かもしれませんよ。貴女の文章には自己抑制能力が認められますから」

と言う訳で先ずは死に至った顛末などを。

5月25日(日曜日)午前10時、我々夫婦とベルはいつものようにコーヒーブレイクを楽しみ、それぞれの仕事に戻った。

同日10時20分、遊びに来た義弟が私の仕事場に飛んできた。「義姉さん 兄貴が倒れている!」

4月にドックに入った脳外科病院に救急搬送されたのは10時25分。MRI画像を見ながらドクターは「左の脳が詰まっています。せめて傷口から血が外に出てくれていればねえ」

夫の顔には3箇所の傷口があったが出血の跡は全く見られなかった。その分脳内に出血したのだろうか。いろいろ説明されたが私にはきちんと理解できなかった。

「でも倒れてからここに来る時間が短いから、溶かす薬を使えば回復する可能性は強いので承諾書にサインをお願いします」と明言してくれたので僅かに救われた。

しかし10分後には「アスピリンと言う血液をサラサラにする薬を常用していたらしいので溶かす薬は使えません」と言われ、翌日3時半には呼吸が止まった。

上記の画像は夫が倒れた母屋の玄関である。土間から僅か25センチの上がり框で足を滑らせ、前のめりに額を三和土に強打したのであろうと言うのは救急隊員の想像である。

もう少し玄関が狭かったら壁に手を着けたから頭部は打たずに済んだとか、一度腰を下ろしてから履物を履く癖がついていたらとか、色々言われたが今更何をと腹立たしいだけである。

ブログを更新し続ける事で果たして私は救われるのかあまり自信はないのだが今の私に立ち直る術は他にない。

取り敢えずは22日の納骨までにもう少し自分を取り戻さなくてはと書いてみました。乱文ですがお付き合い頂ければありがたいです。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

れいこ
2014年06月07日 18:11
サチさん~
仕事を一段落して休憩中にネットを見てて、今こちらに来たら、
サチさんがブログを更新なさったので、思わず先にご挨拶にまいりました。

少し落ち着かれましたか?
皆さん本当にサチさんを尊敬なさって、皆で声援をお届けしてますね。

事故の事は理解しました。。。
ただサチさんのご心痛にはとてもかける言葉がありません。
でもサチさんはとても気丈で聡明な方。。
必ずいつものサチさんに戻られる事を信じてます。

サチさんのブログでいろいろ世情などを読ませて頂いて、
とても勉強になる事に感謝してます。

皆さんと同じように、サチさんのグログを楽しみにしてますので、
くれぐれもご自愛なさって、筆を振るって下さい。
一番のコメント、なんか恐縮しますね(*'▽')

ベルちゃんにもよろしくです(*'▽')

宴乃桜
2014年06月07日 20:43
サチさま、ブログ更新して下さって少し安堵しました。どうしてらっしゃるかと心配でした。先日の祭壇の写真に続き、今日のお玄関の写真には胸が詰まります。

救急車は早く到着したのですね。当地はパトカーも救急車も15分かかります。

どう言えばいいのかいまだに言葉が見つかりませんが、サチさまにはお元気でいてほしいです。

こういう時は他人の言葉には敏感になるかと思います。もしも構わないなら、このブログでぶちまけてみるのも方法ではないでしょうか。みんなサチさまの味方、応援団だと思います。
2014年06月07日 23:49
毎日うかがっては、コメントする言葉を見つけられず、また翌日…を繰り返していました。
事故の始終を書いて下さりありがとうございます。不条理さに怒りがこみあげてきて納得できませんが、理解はできました。
他の方のコメントにもありましたが、書ける・書きたい時に書けることだけ書く…のは何かプラスの力になるような気がします。コメントへの回答など全く気にせず自己中で。サチさんご自愛下さい。
都わすれ
2014年06月08日 00:28
サチさん本当に思いもかけないことで、大変でしたね。

毎日朝に以前の記事のランキングをクリックしながら、大丈夫かなぁって思っていましたが・・良かった~!
私もこれまで色々あったが、本当に世の中に神様なんているのだろうかって思います。
少しでも気がまぎれることを見つけて、頑張ってね。
コメントを書こうと思っても、返信いただくのが申し訳ないから、返信は無用です。
サチさんが少しでもお元気になられることを、心から祈っています~!
ぐーま
2014年06月08日 04:43
サチさんおはよう~。

そしてお帰りなさい。

なんて言って書けばいいのか・・・
今の私には「サチさん大変でしたね~」としか言えないです。

ベルちゃんは元気ですか?
今朝も私は早起きでしょう?
Tachn☆彡
2014年06月08日 10:04
この度はご愁傷様でした。
この言葉しか見つかりませんが、さぞ悔しかっただろうと心中お察しします。
でも、よく帰ってこられました。お帰りなさい。

そうです!ブログを復帰する事がご主人も一番の喜ばれると思います。
私達PCの世界に居る者は、此れから離れると寂しいです。
事故なんてほんとに些細なことから起こるのですね。
まだまだご主人の事信じられないけど、サチさんの頑張りがご主人の供養になると思います。

ボチボチで良いです。又素敵な【つれづれデジカメ日記】楽しみにしています。
ベルちゃんがきっと良い支えに成ってくれると思います。
2014年06月08日 10:45
本当に突然だったのですね
長く寝込まれての介護生活も大変だな~と脳裏を横切りますが
あまりにあっけないのも心中お察しいたします
何処に怒りや悲しみをぶつけていいのか悶々とされて
少し心が不安定になっておられるのでしょうね
昔の人がよく言った「時間薬」ですよ
きっと時が解決してくれますよ
くれぐれもサチさんが体調崩されませんように
カタクリ
2014年06月08日 11:45
サチさま。初めてコメントさせて頂きます。

でも長い間、毎朝楽しみに拝見する事が朝の日課でした。

10年前、主人を半年の闘病で亡くしました。58歳でした。
暫くは外にも出られず、後悔ばかりしていました。
PCを見ることだけが楽しみでした。
そんな時サチさんのHPに出会いました。
本音のお話も綺麗な花々のスライドショーも楽しみでした。

感謝の気持ちをお伝えしようと思いながら、勇気がありませんでした。

今のサチさんのお気持ちは判るような気がします。
伴侶という言葉どうり、自分の半分が消えてしまったようです。
会いたくてももう二度と会えない。お辛いと思います。

でも、サチさんのHPで癒され、少しずつ元気を取り戻し、
感謝している人がいることをお知らせしたく、コメントさせて頂きました。


どうぞお薬の助けをいただいてもお休みになり、
お体お大事になさってくださいませ。

これからも楽しみにHP・ブログを拝見させていただきます。






まさ
2014年06月08日 12:11
サチさん そうブログの更新することでお気持ちを整理し我ら応援団を
安心させてくださいといっても、なかなかサチさんの心は計り知れない悲しみが
何時までも残ると思います。
でも頑張ってネ!
Seiko
2014年06月08日 13:49
サチさん、ここでも会えて嬉しいです。
やっぱりブログにサチさんのお姿がないとすごく寂しいです。
心療内科のお医者様のおっしゃる通り、
このブログの再開がサチさんのお薬になってくれたら
と、心から願ってます。

ご主人様が逝かれた時のこと、理解しました。
(サチさんの文章力は凄いです)

どんなに辛いことでも、必ず乗り越えられる。
人間ってそう出来ていると思ってます。
ましてサチさん! たくさんの才能をお持ちでいらっしゃる。
徐々にまた見せてください。
急がなくて良いです。どんなに先でも良いです。
サチさんとベルちゃんに笑顔が戻る日を
みんなみんな静かにゆっくり待ってます。
KUBO
2014年06月08日 14:24
「しっかりしなければ」、、、のタイトル通りだと思います。

でも、愛する人を失った悲しみはなかなか癒えることは
ないかもしれません。
どうぞ、しっかり立ち直っていって下さい。
サチ
2014年06月08日 15:43
れいこさん こんにちは

やはりネットは気持ちの切り替えには効果的ですね。
自分でもびっくりです。

人間の運命って判らないものですよね。
不可抗力だけどほんと小さな出来事が命を奪う。
気をつけようがないですものね。

いつも暖かいコメントをありがとうございます。
れいこさんもどうぞご自愛くださいね。
2014年06月08日 15:44
ご主人、あまりにあっけなく逝かれてしまいましたね。
サチさんの落胆は想像に余りあります。
今は無理をしないで、ゆっくり、自分を取り戻して
くださいね。
みなさん、そんなサチさんを待っていらっしゃる
ことと思います。
サチ
2014年06月08日 15:46
宴乃桜さん こんにちは
キーボードを打っている間は無心になれるのでありがたいです。
いつも暖かいコメントをありがとうございます。

嫌な雨が続きますがどうぞご用心を。
お互い転ばないように気をつけたいですね。

どうもありがとうございました。
サチ
2014年06月08日 15:48
ハルさん こんにちは

暖かいコメントをありがとうございます。
出来てしまったことは仕方がないと判ってはいますが、なかなか割り切れません。

お気遣いありがとうございます。 身に沁みます。
何とか頑張っていくつもりです。
どうぞよろしくお願いします。
サチ
2014年06月08日 15:50
都わすれさん こんにちは
長い間毎日ありがとうございます。
こうなって初めて気が付いたのですが、
世の中独りの女性がとても多いですね。
私も仲間入りをしてしまいましたが早く自分の道を見つけなければ、、、

これからも仲良くしてくださいませ。
どうもありがとうございました。
サチ
2014年06月08日 15:53
ぐーまさん こんにちは

ベルはどこか淋しげですが、相変わらずやんちゃで私を振り回してくれます。
本当に今は彼に救われます。

でも近所の皆さんもとても親切で、、。ありがたい事です。

私も相変わらず朝は早いです。
ベルの散歩も増えたし、、、。

頑張りますね。 どうもありがとう。
サチ
2014年06月08日 15:54
Tachn☆彡さん こんにちは

ネットに触れることがリハビリに通じる、、
初めて見てプロの凄さがよく判りました。
その通りです。 打っている間は無心になれますからねえ。

いつもありがとうございます。
これからもどうぞよろしく。
サチ
2014年06月08日 15:55
Eさん こんにちは
ハイ 時薬に期待しています。 それしか方法はありませんから。
暖かいコメントをありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。
サチ
2014年06月08日 15:58
カタクリさん ようこそ
コメントありがとうございます。
カタクリさんも辛い経験をされたんですねえ。
お気持ちとてもよく判ります。

でもお互い頑張るしかありませんね。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
どうもありがとうございました。
サチ
2014年06月08日 15:59
まささん ありがとう
頑張るからね。 それしか方法はないし。
見守ってくださいね。
ありがとうございました。
サチ
2014年06月08日 16:02
Seikoさん こんにちは

お手数かけましたね。 ありがとうございます。

そうですよね。
皆さん立派に立ち直っていらっしゃる。 見習わなくちゃね。

趣味のあれこれがこれからの私を救ってくれるかもしれません。
ゆっくりのんびり初めて見ようかと思っています。

それにもまして仕事も頑張らなくてはね。
どうもありがとう。 どんなに励まされたか。
本当にありがとう。
サチ
2014年06月08日 16:04
KUBOさん こんにちは
ハイ ありがとうございます。
ゆっくりと頑張っていきます。
いつもありがとうございます。

嫌なお天気が続きます。KUBOさんもご自愛くださいね。 
サチ
2014年06月08日 16:06
タケちゃん こんにちは

ブログを更新することで少しでも立ち直れるなら、、、
今は藁にもすがりたい心境です。

頑張るしかないものね。
いつもありがとうございます。
2014年06月08日 16:57
私は現役時代に、建設会社にいたもので、職人さんが現場で頭を打った時はすぐに救急車を呼んで、病院で緊急にCTをとってもらうことにしていました、この業界も、現場で倒れて、本人が「何でもないから」といって、自宅へ帰った後に急変して死に至ることが有るんですね。それって、私たちの過失になるんです、現場での事故でもやはり血が出ていると、逆に安心する、言い方はおかしいのですが、体の中に血がたまるのは良くないのです。年老いて転倒からの骨折、寝込むのも良くないですが、頭を打つのはもっと致命的になる、くれぐれも常日頃、転倒しない工夫のある生活をしたいもの、そういう私なども、履きなれない靴を履いて新宿のど真ん中で転倒した時には、歳を感じました。それ以来、足元をよく見て、すこし前傾で歩くような癖もついて・・・・サチさんもこれを機会に、旦那さんの遺言だと思って、生活を見直してみませんか、きっといくつか、注意しなければいけない点があるかもしれません。座って靴の着脱、手摺の有無、段差、などを見つめ直しましょうよね!!
肉親の死は本人には気の毒ですが、私は残された人が生身で苦しまなければならない現実の方が苦しいのだと思うのです。サチさん自身を慕う人のためにも十分な人生を全うすべきですよ。
サチ
2014年06月08日 19:58
fujisanさん こんばんは
その通りです。 年老いてからの転倒は命をも失うんですものね。
気をつけなくては。

そのための心がけもよく判ります。
大きな犠牲を払って得た教訓、大事にしていきます。

ある意味楽に死ねた夫は良かったのかもしれません。
私も自分はこうありたいと思っています。

でも妻としてはせめて数日は看病したかったのも本音です。
人間って贅沢ですねえ。

生活の見直し、必ず実践していきます。
ありがとうございました。

この記事へのトラックバック