テーマ:困ったこと

深夜の思考

↑我が家のアイリス2態 ↑犬の防御柵 定休日の昨日、肺炎球菌の予防注射を受けた。 無論気のせいだろうが、なんとなく体がだるい。 熱もないし取り立てて症状はないのだが、何もする気になれないのだ。 日頃の疲労もあるのだろうと、何もせずに一日中ゴロゴロしていた。 夕方、薔薇に添えるべく支柱を車庫に取りに行くと、ベルの排せつ物…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

遠い記憶

最近花の名前をあまり覚えられなくなった。 初めて見る花は無論の事、長年覚え込んでいる花の名前ですらも出てこない事がある。 これはKさんが去年獲れた種を撒いて発芽した苗をくれたものだが、いくら考えても思い出さず、イライラしてきた。 「ここに来れば教えて貰えると思ったのに。」とKさんにも言われてしまう始末。 何方がご存…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

寂しくなったこと

愛犬ベルの食事は一日二回、ご飯にチーズと犬用の缶詰を混ぜ合わせたものと、ペットフードを二皿に別けて与えているが、御飯は10日分をまとめて焚くことにしている。 地元の豚の餌用に育てられたお米を使っているが、8カップを20個のお握りにして冷凍しておくのだ。 昨日は焚きあがったお米をいつものように握ったのだが、今までは目見当で…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

先は長い

↑ビフォー ↑アフター 我が家のキッチンは、古く狭く汚い事この上なしで、典型的な昭和の台所である。 しかしながら、母屋での大家族の喧騒に疲れ果て、自分の場所が欲しくての夫の手作りだから、苦情の持って行き所もないのだ。 自分の意志で母屋に住まないのだから、これはもう自分の力で治すしかないと、先ずは流し台とガス台を塗り直すこと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

老老介護は辛いのだ

我が家の愛犬ベルは12歳、高齢のせいか排泄の回数が極端に多くなった。 しかも彼は、用意した室内の排泄箱では絶対に用を足さず、外の土の上でないと駄目なのだ。 故に仕事中に外に出せと呼ばれたりするとかなり困った事になる。 夜中にも2回は呼ばれるので、私の体調がおかしくなりそうだ。  どうしたらお互いの終末を幸せに過ごせるかを…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

長引く肋骨通

Sさんから着付のオーダーが入った。 肋骨痛が再発しそうなのでいつもの着付け師さんに代行を頼むとぎっくり腰で寝込んでいると言う。 窮余の一策でSさんに提案してみた。 「カラオケ大会ならこれからもあるでしょうから、通販で出来合いのお太鼓を買ったらどうかしら? 着付料金より安いと思うわ。 これからもある事だし。」 Sさんと二人…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more