テーマ:スライドショー

長瀞宝登山の蝋梅

春の様なポカポカ陽気の昨日の定休日、長瀞宝登山の蝋梅を見に出かけた。毎年行っているので目新しい場所はないのだが、ここに来るといつも心晴れ晴れと帰れるのだから不思議だ。 山頂の蝋梅は6分咲き、去年より若干遅いようだ。暖かさもあってか、ケーブルも梅園も人で溢れ、その誰もが実に明るい表情で、山の空気がいかに美味しいかを物語ってい…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

素敵な出会いがありました

一昨日見物した三ヶ尻観音のだるま市で、竹細工を売っていたお婆さんがかなりいい味を出していて暫し見惚れてしまった。 日焼けした皮膚に、年輪を思わせる深く刻まれた皺が力強い生活観を物語っていて、交わした会話の事実に基づく一言一言に共感しその重さが胸にしみた。 ここにお参りに来たから、今日からあんたは良いよめごになれるよと…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

妻沼聖天と冠稲荷

地域の神社で初詣をした。長―い行列の最後尾に並んでいると、顔見知りの人たちが次々にお参りを終えて引き返してくる。その一人ひとりに新年の挨拶をしていると、あっという間に小一時間が過ぎてしまった。 もう一箇所と群馬で足を伸ばしたが冠稲荷は更に混んでいて、人ごみが苦手な我々夫婦は早々と帰宅した。 帰ると直ぐにベルが散歩に行…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

一年間ありがとうございました。

とうとう大晦日の朝が来てしまいました。今年末はあちこちで不幸があったりでなんとも慌しく、ネットの皆様に年末のご挨拶も出来ぬまま終ってしまいそうです。 今日は3時ごろまで営業して、その後は新年の買い物と遅ればせながら大掃除です。目立つ部分は夫がやってくれましたが、キッチンや自室や寝室は今夕から掃除し始めるので、多分夜を徹する…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

長引く不況に

↑狂い咲き?我が家のブーゲンビレア 又一人、知り合いが美容室をクローズした。他県のサロンだが、勉強会で妙に気があって交流を深めていたのだが、廃業してすっきりしたと実にさばさばとした表情だった。月末が来る度に、テナント料とスタッフのギャランティー捻出のために走り回るのはもう懲り懲りだと、年明けを待たずに閉めてしまったらしい。 …
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

何もしない定休日

穏やかな晴天の昨日は今年最後の定休日だったが、東京行きの疲れが残っているのか体が重くて出かける気になれなかったのは私にしては珍しい事だ。 何をする気にもなれず、ソファーに横になってダビングしてあった松本清張のドラマを見ていると、ベルが遊ぼうと誘いに来た。もうすぐ見終わるから待つように言い聞かせても、 いつになく強引に袖を…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

アネモネ

ここの所我が家のアネモネが次々と咲き始めた。アネモネは春の花だと思い込んでいた私は狂い咲きにしては花数が多すぎると不思議だった。これでは適切な時期に咲かなくなるのではと不安になり、検索してみた。 殆どのサイトには早春の花と記されていたが、冬から春にかけて咲く花だとの記述を見つけた時はいささか驚いた。我が家では長年アネモネを…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

小さな駅の小さなイルミ

お客様の何人かが話題に上げるので、一昨夕夫を急かして籠原のイルミを見に行った。 ロータリーが狭いので、都会のイルミに比べるといかにも小粒だが、手作り感溢れるほのぼのとした暖かさを感じ、好感度満点の空間だった。 何枚か撮っていると、変なおじさんにそんなちっぽけなカメラじゃろくな写真も撮れまいと笑われた。見るといかにも高価そ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

あしかがフラワーパークのイルミネーション

昨夕閉店と同時にSさんから電話が入った。「これからあしかがフラワーパークにイルミを見に行くよ。一緒に行く?」「うん 行く行く。行かない訳ないじゃん!」 一時しのぎに身支度をしながらミスドのドーナツを頬張り、夫とベルに事情を伝えてSさんの車に飛び乗った。 あしかがフラワーパークのイルミは、5年前から毎年見に行っているの…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

生卵の目

常連のKさんがお嫁さんの車で来店した。前回までは自転車でみえていたのにと理由を聞くと、転んで腰を痛めて今では自力で外を歩く事も出来ないと言うのだ。 カットが終るまで待合椅子で待っていたお嫁さんが、出来るだけ短くして下さいと言うので、鏡越しにKさんの表情を見るととても寂しそうに、本当は男みたいな髪は嫌なんだけど、 もう一人…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

熊谷のウインターイルミネーション2009

夫が突然美味しい鮭茶漬けが食べたいと言い出した。近くのスーパーの塩鮭は冷凍物しかないので、一昨日の夕方買い物がてらデパ地下まで買いにいった。 街は既にクリスマスモードで、デパートの前には大きなツリーが綺麗に飾られていた。老夫婦2人が上を見上げている図が面白かったのか、店内から男性店員が出てきて「駅前も綺麗ですよ。いらしてみ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

素敵なプレゼント

「あのさ~あ」と裏のTさんが紙袋を抱えてやってきた。Tさん宅は畑のすぐ裏手に当たるので、畑で収穫している時は嫌でも顔を合わせる事になるが、畑仕事をする時はこれを履きなさいとショートブーツを買ってきてくれたのだ。 私が畑に行くのは収穫時だけなので、ついサンダル履きで入ってしまうのだが、彼女にはそれが目障りらしい。 値札…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

平和に感謝

 ↑お風呂上りでグロッキーのベル まるで春のように暖かな好天の昨日、今年最後の753を施術した。7歳の女の子と5歳の男の子の姉弟だ。ママの着付けも加わってちょっとハードだったが、全てが終わると充実感でいっぱいになった。 豊かな陽射しが降り注ぐ庭に出ると、隣近所の家が皆布団を干していた。干してないのは我が家だけだが、気がついた…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

龍王峡と川治ダム

一昨日のバスツアー中、一番期待していたキャットウオークは、幅広い通路を50メートルくらい歩いただけで、先に進もうとすると国交省のお兄さんに止められてしまった。 これのどこがキャットなのよと不平たらたらの私に、これでも普通の人は絶対ここには入れないのだからと、役人らしからぬ物言いで宥めてくれ、懇切丁寧にダムの説明をしてくれた…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

赤城山の紅葉

昨日の定休日、日光に向けて走り出したが人混みが怖いので、途中から行き先を赤城に変更した。前日日光に行ってきたと言う知人にその人間ラッシュ振りを聞いていたからだ。 8時に家を出て走る事一時間半、到着した赤城大沼は既に紅葉のピークを過ぎていたせいか、人もまばらで静かだった。同行のKさんも山の空気に触れた気持ち良さに上機嫌であち…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

今年の柿は不作?

カットのお客様Gさんに柿を頂いた。私の大好物だ。早速食べてみると甘くてとても美味しかった。思いついて我が家の柿はいかにと畑に見に行ってみた。 なんと殆どの実が下に落ちて踏み潰されたようにぐしゃぐしゃになっているではないか。一本の木についている実は僅か4-5個で、それも今にも落ちそうな感じだった。もいで食べてみるとか…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

にった花トピア

一昨日の定休日、群馬のにった花トピアを見に行った。コスモスの見頃はもう少し先だと言われていたが、次の定休日は車検で車がないからだ。 聞いていた通りコスモスはパラパラと咲いているだけだったが、向日葵が素晴らしかった。他にもヒャクニチソウや、白いコスモスやキバナコスモスが満開で充分楽しめた。 何よりも広いのがありがたい。…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

ボケの前兆?

↑今が見頃 我が家のルイコウアサガオ エビフライを食べたいという夫の言葉に、生パン粉を作るべく食パンを二枚、縁側の陽のあたる場所に干しておいた。昨朝の事である。 昼食後には冷凍の海老も自然解凍しようと冷凍庫から出しておいた。夕方仕事も一段楽したので縁側にパンを取りに行くと、乗せておいた平ざるが空になっていた。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

長瀞秋の七草寺

↑2007年長瀞同光寺のススキ 複数のネット友達から、長瀞秋の七草寺についての問い合わせメールが入った。次の連休に行ってみたいのだが、どんな感じの寺なのかを知りたいという。 長瀞秋の七草寺は、高名な仏閣の様な華やかさはなく、札所である事でも判るようにどちらかというと山寺の感さえあるのだ。賑やかな観光地を想像すると期待は…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

隣の芝生

   ↑秩父 両神ダリア園のダリア ここ数ヶ月PCの調子が頗る悪かったが、とうとうフラッシュのソフトが起動しなくなった。その他にも不可能になった事もあるのでいずれリカバリーをと思っているのだが、面倒な事はつい1日延ばしになってしまう。 昨夕、同じフラッシュソフトを使っているEさんにPCを借りに行ったが、全ての動きが余りに早い…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

努力はすれども

膝の痛みを感じて以来、全ての現況は肥満にありと自分なりに減量に努めてきたが、二ヶ月で2キロ減と言う情けない結果である。 医者の言いつけ通り、毎日筋トレ体操や歩行を欠かさないためか、膝の痛みそのものは全く感じなくなったが、片足が重だるいと言う感覚がなくならないのは辛い事だ。 ご飯茶碗を子供用に代え、おかずの品数を減らし…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

カッコイイ男

過日のバスツアーで松島を周遊中、野々山と言う小さな島に立ち寄った。案内人のユーモア溢れる説明に楽しく散策したが、獣道の様な細い道やアップダウンの多い階段に、恐れをなしたのは私だけではなかった。 私の前を歩いていた男性は、階段で壁にへばりついたまま、怖くて下りられないと立ちすくんでいた。奥さんもその様子を見ながら気をつけて降…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

嬉しかった事

↑ 那須塩原ハンターマウンテンの百合 女子高生のKちゃんが、この髪を何とかしてと駆け込んできた。海の家でバイトをしていたらこんなになっちゃったと情けない表情だ。顔や手足もかなりの日焼けぶりだが、髪はまるで古布団の綿のようで、強く引っ張るとぼろぼろと千切れてしまう程だ。 これではいくらトリートメントをしても回復は難し…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

独り芝居

↑館林ハス祭り 台風が来るという悪天候のためか、昨日の来店者はTさん一人きりだった。当然カットが終っても話が長くなる。膝を思えば早く自室で横になりたいのだが、一向に帰ってくれそうもなく、電話が入ってもその場でそのまま待つと言う鷹揚振りだ。 Tさんのご主人は後一年で定年退職の身、年金の支給を待ってTさんは離婚…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

真夜中の出来事

昨夜半の雷雨はかなり激しかった。巨体の割には超が付く臆病者の愛犬ベルは、二階の私の寝室に乱入し、私一人で満杯のシングルベッドに飛び登り僅かな隙間に蹲ったが、流石に窮屈だったらしくお尻で私を押し始めた。 半分夢の中だった私は、覚醒せぬまま体を滑らせ、バランスを失って床に落下した。無意識の内に痛む膝をかばったのか、足を上に向け…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

熊谷うちわ祭り

一昨日夕方、熊谷駅にうちわ祭りの叩きあいを見に行った。山車に乗って太鼓を叩くUちゃんのヘアスタイルを作ったからだ。世の中不況と言われているが、全くそんな事を感じさせない賑わいぶりに、活気を肌で感じて嬉しかった。 子育て真っ最中の時期、子供と共に何度か神輿をかついだ事があるが、母親たちが暑さも厭わず我が子の神輿を先導している…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

我が家の花たち

2-3年前から凝りだしたダリアが、秋の最盛期に向けて少しづつ咲き始め、近くにダリア園がない事もあって、見物に来る人が多くなった。 球根の堀上げ時期等々、聞かれる度に丁寧に答えている私を見て、夫は病院での態度と余りに違いすぎると批判した。 夫に何と言われようが痛くも痒くもないが、趣味を同じくするものとの楽しい会話と、見…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

一期一会

過日楽しんだバスツアーの一番初めの立ち寄り先は清水港のクル-ジングだった。土曜日の道路渋滞を予想し所要時間を充分に取ってあったらしく、出航時間まで40分ほどの猶予があった。 観覧車に乗る人やおしゃべりに興じる人等、それぞれの過し方で時間を潰す中、私は港のはずれで釣りをしている男性を見に行った。喧騒から外れたかったし…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

採れすぎるのも、、、

持って生まれた貧乏性のためか、毎日の収穫をどうしても無駄に出来ず、ここのところ連日食卓に上る夏野菜に、流石の夫も箸をつけなくなった。料理のレパートリーの少なさも影響しているのだが、私はそれが面白くなかった。 考えた末に、全てをジューサーに突っ込み責任上自分で口を付けると、若干の青臭さはあるものの飲めない事はなかった。拒否さ…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

菖蒲町のブルーフェスティバル

夫が菖蒲町のラベンダーを見に行こうと言い出した。ベルの件で言い過ぎたと感じたのだろうか。花菖蒲やラベンダーがらみのブルーフェスティバルを開催中らしい。理由はなんであれ乗らない手はないので同行した。 一時間ほど走ると、見頃には少し早いがそれでもラベンダーの紫がはっきり認識できて心が躍った。出店も多くその賑やかさに驚いたが、何…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more