テーマ:スライドショー

カレッタ汐留のイルミネーション

先日ヘアショーの帰りに立ち寄った新橋駅。目的は葉加瀬太郎プロデュースのカレッタ汐留のイルミネーション見物だ。「彼のバイオリン曲をBGMに素敵なストーリーを展開する光のショーと」言うのが謳い文句で、去年から今年こそは見に行きたいと意気込んでいたプログラムだ。 開演の5時までに20分ほど時間があったので、汐留口をうろついてみた…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

丸の内のイルミネーション

一昨日、昔のスタッフに招待されて彼らのヘアショーを見に行った。同業でありながら、彼らの若さと情熱が桁外れで驚くと共に、やっぱり自分はローカル美容師に成り下がったと寂しい思いも味わった。 お祝いに何がしかを包んで渡し、折角上京したのだからと早めに退席して新橋に向った。 以前から葉加瀬太郎プロデュースの「汐留カレッタのイルミ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

森林公園のライトアップ

過日の長瀞の紅葉見物で、ライトアップシーンを撮りたがった私に、夜の運転が嫌だと強引に帰宅を促した夫は、穴埋めの積りだろうか、森林公園なら夜でもOKだと言い出した。一昨夜の事である。 紅葉があってライトがついていればどこでも良かった私は、尻尾を振ってついていくベルの様に、嬉々として後に従った。 所がである。撮影に夢中に…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

転ばぬ先のロープ

一昨日、紅葉狩りに行った長瀞月の石公園は、ライトアップで有名な所だけあって、落ち葉の下を這うように電気のコードがあちこちに延びていた。 昼間なのに、紅葉に見とれてそのコードを足に引っ掛け、何度もつまずきそうになる私を見て、夫は近くに路駐していた車から、トレーニング用の縄跳びのロープを二本取り出し、私のウエストに繋ぎ端を自分…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

昇仙峡騒動記

テレビでロープウエーからの昇仙峡を放映していた。まさに錦絵その物である。どうしても行きたくなって夫に強行に頼み込んだ。足の痺れを抱える夫は、その辺で見物していてくれれば自分ひとりで動くからと、珍しくしつこく頼み込んだ。 早朝に家を出て、140号で雁坂トンネルを通過、4時間をかけてやっと昇仙峡の麓の県営駐車場に着いた。 …
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

広瀬湖の紅葉

ご近所さんが又一人急逝された。5日前に同級生の告別式に出たばかりだというのに。90歳と確かに高齢には違いないが、こう次々と葬儀が続くと段々心細くなる。  昨日亡くなった男性は、夫が小さい時から散々お世話になったり叱られたりした人だそうで、夫の腕白振りがお悔やみに集った人々の間で話題に上ったらしい。 段々俺の順番が近いてき…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

にった花トピア

昨日の早朝から強く降っていた雨は、お昼頃に急に上がり青空が顔を出した。私も夫も夫々の洗濯物を外に出し、空を見上げると強い日差しが差し込んで気分爽快だ。 ふと足許を見ると、ベルが私のクッションを口にくわえて私を見上げていた。朝の雨中の散歩で濡れた体で座ったベルを、クッションが濡れたと叱ったからだろうか。 そんなベルが限…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

塩屋崎海岸

連日のツアー話で恐縮だが、ツアーの最後に立ち寄った塩谷崎海岸は、私好みの静かな素敵な所だった。 小さい頃散々遊んだ海岸に、ひなびた感じが良く似ていて出来れば一泊したい思いだった。 故郷の小さな海岸は既に埋め立てられ、今は大都会の一部になってしまったので、涙が出るほど懐かしかったのだ。 灯台にも登ってみたかったが、兎…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

羨ましかった事

一昨日のバスツアーデ立ち寄った小名浜の港祭りで、理想的な老カップルと知り合った。 80代だろうか。「正式な夫婦ではないんですよ」と問う前に教えてくれたのは何故だったのだろう? 女性が遺族年金を受け取っているので、入籍できないとの事だが、男性は松葉杖を、女性は右腕を三角巾で肩から吊っていた。 利く方の腕で、そして利く…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

花咲く野菜展

何気なくネットを見ていると森林公園の花咲く野菜展の様子が目に付いた。珍しく夫が見に行きたいという。私に否のあろう筈もなく即飛んでいった。 しかしながら期待は見事に外れた。テーマに沿った展示物は殆どなく、私には散策路の草花の方が余程嬉しかった。 夫は見る見る機嫌が悪くなり、国営なのにこんな体たらくでいいのかと私に食って…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

北軽井沢にて

暑い暑いとぼやいていても仕方がないので、昨日は思い切って軽井沢に向った。たまには文化に接するのも悪くはないと、先ずは北軽井沢内村鑑三記念堂へ。 別名石の教会とも呼ばれるこの建物は以前から気になっていた存在である。というより内村鑑三という人物に惹かれていたのだ。 実際に見て驚いた。実に不思議なフォルムである。ま…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

あしかがフラワ-パークのスイレン

「ずっと家に居ると気が狂いそうになる」と再三訴えて、昨日は炎天下の中、あしかがフラワーパークにスイレンを見に行った。毎年行っているので様子は大体判るのだが、家に居るよりはましだと思ったからだ。 しかしこれが大いなる見込み違い、山や海の水辺と違い、暑さと湿度で水の傍ではそれこそ気が狂いそうになった。現に夫は5分程で売店にこも…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ある1日

    ↑我が家のブーゲンビレア 昨日は暑かったが湿度もさほど高くなく、しのぎ安い一日だった。国道を消防車が三台通り過ぎ、火元はさぞ大変だろう思っていたら、今度は救急車が二台も通り過ぎた。なんとも賑やかな一日である。 夕方カットにやってきたYさんの話しに寄れば、どうやら救急車の一台はYさんが呼んだらしい。ホームレスのおじさん…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

荒川蕎麦の里と両神花菖蒲園

「土曜日なんかに休業するからよ」とお客様に言われたが、昨日はかなりの忙しさで、3人程後日という事でお帰り頂いた。 見かねた常連のYさんが床を掃いたり、ロッドを手渡ししてくれたり、待っている人にお茶を出してくれたりと大活躍してくれた。持つべきものは良き常連である。 昼食抜きで8時間働き続けやっと閉店にこぎつけると、手も…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

新緑の会津(大内宿他)ドライブ

昨日は新緑に浸りたくて早朝から会津方面に向った。帰路に立ち寄ったセルフのGSで給油中、いつもなら助手席から出ない私が何気なく外に出て深呼吸をしていると、隣で給油中だった長身痩躯の老人が近寄ってきた。 「あんたおいくつだい?」無礼な質問に「はあ?」と答えた私に代わって「いくつに見えますか?」と給油口の夫が答えた。 「そ…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

白の魅力

あちこちで花を見て廻って私はやはり白い花が一番好きだと確信した。箭弓神社のぼたんも、足利の藤も、そして我が家のクレマチスも薔薇も、白はどれもとびぬけて魅力的だ。 Kさんのカットをしながらそう話すと、「白は新しい内は綺麗だけど、必ず汚れだして最後は無残なくらい汚くなるのよね。人生と同じだわ」と言われてしまった。 そして…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

電話での勧誘

↑まだまだ元気 我が家のシクラメン 結婚相談所から飛び込みで勧誘の電話が入った。「お宅様に適齢期の息子さんがいらっしゃいますよね?」 別に皮肉でもなんでもなく素朴な疑問なのでぶつけてみた。「適齢期って何歳くらいなんですか?」「それはケースバイケースで、、、」と言葉を濁す勧誘員。「うちはどんなケースという事でお電話頂い…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

箭弓神社のぼたん祭り

昨日の早朝、夫が急にドライブすると言い出した。東松山の箭弓神社にぼたんを見に行くという。いくらなんでも7時頃に着けば人はいないだろうというのだ。 行ってみると、人がいないどころか大きなカメラを三脚に据えたカメラマンが10数人、必死に撮り歩いていた。ぼたんは既に終わりに近かったが、それでも種類によっては充分見られる状態で、私…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ネメシア

太田の芝桜祭りの売店で花の苗を買った。市価の半額ほどで驚くほど安い。中でもこのネメシアは始めてみる花で私が最後の客となったほどの人気だった。 私が育てているネメシアはピンクとか紫なので、思わず「これ本当にネメシアなの?」と聞いてしまったが、売店のオバサンは「プロが言うんだから間違いねーよ」と胸を張っていた。 我が家の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ボタニカルガーデンのチューリップフェアー

昨日は朝から晴天だった。夫が農薬を買いに行くというのでNさんの予約を午後に回してもらってついて行った。 隣接のボタニカルガーデンでは、チューリップフェアーが開かれていて、どうしても入りたくなった。 30分後に車に集合と約して駆け足で見て廻った。園内は隅々まで手が行き届いていて、歩いていても気分は爽快だ。心ゆくまでチュ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

長瀞 岩根山のミツバツツジ

一昨日、必死の思いで登った岩根山の三つ葉つつじは本当に見事だった。2008年にも登っているのだが、今年は時期が良かったようだ。 朝は曇天で青い空が欲しいと切望していたが、途中からかなり晴れ間が覗きだし、最後は初夏の様な暖かさと強い日差しに、前日の雨に現れたミツバツツジの紫は例えようもない美しさだ。 こんな綺麗な景色を…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

春色の秩父路 桜紀行

奥秩父荒川、清雲寺の枝垂桜に魅せられて何年になるだろう。始めに見せられた時はその見事さに足がすくんで動かなかった程だ。 数十年を経て一昨日鑑賞したそれらは、心なしか皆疲れているように感じたのは自分が老化したせいだろうか。長い間みんなをこんなに楽しませてくれて本当にありがとうと頭を下げたくなった。 全く見知らぬ女性に、…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

深谷駅前のさくらまつり

県南に住む美容学校時代の友人から電話が入った。「市報に深谷駅前の桜が綺麗だって出てるよ。近いんだから行って来てよ。」 深谷は我々の思い出の場所でもあり、昨日の早朝店を開ける前にと夫の重い腰を叩いて 連れて行ってもらった。 県南のタウン誌に載るくらいだからさぞ綺麗だろうと期待したのだが、行ってみるとごく普通の咲き具合…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

寒い1日

 ↑ 黄色が綺麗 隣家のミモザ 昨日は一日中冷たい雨が降っていた。夫が寒い寒いとうるさいので、働かないから寒いのだと言い返すと、雨では働きようがないと言う。 読み終わった新聞紙を紐でくくったり、普段使わない部屋に掃除機をかけたり、室内仕事は探せばいくらでもあるのにと思うと腹が立った。 「俺も婆さんみたいに脂肪が厚ければ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

仮病も辛い

↑一日中雨でした 大騒ぎして休業した昨日は、意外にも風邪が治ってしまったようで体調は悪くなくなっていた。日曜日でもあるし店を開けようかとも思ったが、家族に体調不良を訴え続けた手前それもならず、かといってテレビ三昧は退屈すぎる。 疲れるからと夫には止められたが、つれづれなるままに秩父の梅とセツブンソウのスライド作りを始めた。1…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

時之栖のイルミネーション

過日参加したバスツアーで、河津桜と並ぶもう一つの呼び物が時之栖のイルミネーションだった。私は3回目だが、毎年デザインが違うとゆうのでとても楽しみだった。 光のトンネル自体はあまり変わらなかったが、長さがかなり延びたようで、トナカイの引くソリと共に色々なオーナメントが飾られ、割り当てられた60分はあっという間に過ぎてしまった…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

紫のクロッカス

「おーい!ちょっと来て見ろ!」外でいつになく大きな声で夫が呼んだ。驚いて行ってみると、例の鉢の中のクロッカスに一つだけ紫らしき花が咲いていた。「良かったな。これで気が済んだろ?」と夫は言うが、私の求める紫はこれではないのだ。 「これはほんのちょっと申し訳程度に紫が入っているだけジャン。これじゃあ白に間違って紫が入っ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

嬉しかった事

一昨日遊んだ森林公園で知り合ったUさんが来店してくれた。写真倶楽部で勉強している彼女は、キムタクのCMで人気のN社の一眼を使用しているが、私のスライドを見て感激して来店してくれたらしい。 あんな小さなカメラでも綺麗に写るのねえと褒めてくれたが、フォトコンテストに出すための作品を追いかける本格派の彼女とはレベルが違う。私にも…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

秩父三十槌の氷柱(2)

一昨日鑑賞した秩父三十槌の氷柱画像を、運転してくれたYさんが見たいと言い出した。午後一で受けてしまった私の仕事のために、午前中に帰宅すべく彼女はひたすら運転をし続け、実際に氷柱を見物する余裕がなかったのだ。今更ながら自分の身勝手が悔やまれた。 車窓からの若干ピンボケの画像が殆どだが、それでも記念になるからと、やってくるYさ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

花園グリーンセンターの花達

Wさんが夫に植木を買いに行きたいので同行して欲しいと頼みに来た。車で40分ほどの花園植木センターは夫が通い慣れた植木市場だからだ。温室では草花も売っているので、私も連れて行ってもらった。 植木売り場に並ぶ売店では野菜や果物が並んでいて、そのどれもが新鮮で安い。農家の人が収穫して直ぐに運んでくるからだろう。 サツマイモ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more