テーマ:スライドショー

横浜の獅子舞と龍舞

先週に引き続き風来坊さん(http://sanpo.lolipop.jp/)が春節祭の画像を送って下さった。龍舞と獅子舞の画像だが、なんとも勇壮でその盛り上がりが容易に想像できた。先週も感じた事だが、異国にあって自国の正月を祝う心情が痛い程伝わって来る。 この国を出た事がない私は、日本人である事の有難みを改めて感じた事はないの…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

熊谷市 新島氏の絵馬展

昨日の定休日、埼玉新聞に掲載されていた新島章夫さんの絵馬展を見に行った。記事によれば、新島さんは熊谷山車屋台祭研究会の会長さんで、絵馬の収集暦は30年以上、そのコレクションの数は3000点にも上るらしい。 職業は看板やさんと知って俄然興味が湧いていたのだ。小さい頃から映画館の看板描きが私の憧れの職業だったからだ。昨日は展示最終…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

横浜中華街の春節祭

風来坊さん(http://sanpo.lolipop.jp/)が横浜中華街の春節祭の画像を送ってくださった。春節祭とは中国の旧暦正月の事である。子供の頃は毎年楽しめたのだが、ここ数年は行ってなかったのでとても懐かしかった。 画像でも人の多さは明確で、さぞ賑やかな事だろうとふと思いついて実家に電話してみた。 留守電がセットされ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

園芸店の春の花

右手の腱鞘炎に悩まされ、出来るだけ休ませていたがとうとう腕から首筋まで痛みが上がってきた。仕事に差し支えるので整形外科を受診すると、腱鞘炎もあるが若しかしたら歯の治療が必要かもしれないと言われた。二週間ほど前の事だ。 先週の火曜日に歯科に行くと歯肉炎でしょうと言われ、被せてあった金属を取り外して歯石を取ってもらった。昨日、二回…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

雪の中の蝋梅 (東松山牡丹園)

作朝外に出ると雪だった。初雪である。ベルがいきなり外に飛び出したので後を追うと、積もった雪の上を狂ったように走り回っていた。余程嬉しかったのだろう。そんなサマを見ていると私も走り回りたくなった。 まだ夜も開けきらぬというのに、傘も差さずに二人?で畑を駆け回った。汗ばんできたので家に入り夫を叩き起こした。 「爺ちゃん雪だよ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

横浜山手西洋館の世界のクリスマス

今年は悪い事が重なった一年だった。疲労もあるのだろうか、外出での気分転換が極端に少なかった年でもあったような気がする。 クリスマスも家の中でひっそり過そうと思っていたら、例年通り風来坊さんから世界のクリスマス画像が届いた。横浜の山手西洋館は実家の近くなので懐かしさに胸が熱くなった。 各国の特徴が出た沢山の画像をプリントア…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

深谷駅 熊谷駅近辺の夜景

昨夕、夫が急に「深谷駅に連れて行くぞ」と言い出した。イルミネーションが綺麗だと誰かに聞いたらしい。あんなに夜の運転は嫌がるのにと驚いて、思わず「イルミって夜じゃなければつかないよ」と言って自分でも笑い出してしまった。 「深谷駅くらいなら夜でも大丈夫」と言いきったのは、Mさんの誘いを断って私が沈み込んでいると思ったらしい。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

武蔵丘陵森林公園のライトアップ

一昨日の日曜日、夫が突然森林公園に連れて行くと言い出した。誰かに紅葉のライトアップが綺麗だったと聞いたらしい。 何も日曜日に行かなくてもと一応は言ってみたものの、その気になった時がチャンスと直ぐに従った。薄暮が綺麗なので4時前に家を出たのに、市内のラッシュで公園に着いたときは5時を過ぎていた。いつもなら40分足らずで到着する場…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

金蔵落としの渓流と中津川渓谷の紅葉

夫が秩父大好き人間なので、我が家ではマンスリーの秩父鉄道ニュースを購読しているが、当然ながら11月号は紅葉のニュースがメインだ。 そして表紙を飾った写真コンテスト入選作品の「金蔵落としの渓流」画像に釘付けになった。 あまりに美しすぎる。 夫の目につきやすいように、母屋の玄関にさりげなく置きはしたもの、遠すぎるので行かれな…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

大間々ながめの菊と高津戸峡

典型的な秋空の昨日、久し振りにドライブを楽しんだ。目的は一応みどり市大間々の菊祭りと決めたのだが、何度も行っているので菊にはあまリ魅力を感じず、そのまま渡良瀬渓谷鉄道に乗ろうと大間々駅に向った。 しかしながら紅葉には未だかなり早く、トロッコ列車も紅葉に合わせての運行と聞いて、やむなくそれも断念した。調べもせずに行き当たりば…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

赤城山 山頂付近の紅葉

一昨日の赤城行きの中で、一番印象深かったのはバンガローが立ち並ぶキャンプ村の紅葉だった。大沼のワカサギ釣りにはちょっと早いのか、利用客が皆無で静寂その物である。木漏れ日をあびながら落ち葉を踏みしめると足底の感触が柔らかく弾んで快適その物だ。 夫が大沼にいた釣り客と談笑中に、私は一人で小さな林の中を気が済むまで歩いた。胸の奥に溜…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

信州安曇野

今回のバスツアーで、歩いていて一番気持ちが良かったのは安曇野のワサビ田だった。兎に角流れている綺麗な水が素晴らしい。そっと手を入れると本当に冷たく、全身が浄化される思いだ。 そしてもう一ヶ所、人気テレビドラマの撮影地だと教えられた田園風景がなんとも温かい雰囲気なのだ。「いいなあ!こうゆうの」思わず出た独り言に、見ず知らずの手近…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

都幾川 椚平のシュウカイドウ

久し振りに快晴の昨日、少しドライブでもと行く先も決めずに走り出した。武蔵丘陵森林公園に入ろうと思ったが、夫がテレビで都幾川のシュウカイドウを報じていたと言い出し、向ってみた。 気軽に足を伸ばしたのだがかなり遠い。森林公園から40分ほど走った所で二人とも段々嫌になってきた。 「じいちゃん もう帰ろうよ」と私。「ここまで来て…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

草津白根山

昨早朝義弟から電話が入った。腰痛に悩む夫のために草津温泉で日帰り湯治をしようというのだ。 私は兄弟二人で行くように勧めたが、夫が温泉に入っている間に白根山を走ってくれるとゆう義弟の言葉に嬉しくなって、急遽同行する事にした。 埼玉を出る時は小雨だったが、草津近くになると曇天に変わり、夫を温泉場に残して白根山に登った時には、…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

川崎の風鈴市 (頂き画像)

私がステンドグラスを製作しなくなってから何年くらい経つだろう。好きで始めた事だけに、あちこちでガラス工芸品を見るとつい見入ってしまうのだが、夏の風物詩である風鈴市も例外ではなく、今年は川崎に出かけようとかなり前から計画していたのだ。 しかしながら、色々な用事が重なって今年もまた希望は実現せず、せめて画像だけでもとネット友達…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ペットの缶詰

↑我が家のガザニア 臨時休業をした次の日はいつもながら忙しい。昨日は一昨日のお客様も来店されて、流石に疲れ果て夕飯の支度を放棄してしまった。 夫は自分にはおにぎりを、私のためにはグラタンを、ベルには犬用がなかったと猫用の缶詰めを買ってきた。 ところがベルは折角の夫の好意に強い拒否反応を示し、猫用のお皿を一瞥したま…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

骨波田の藤

昨日の早朝、どうしても眠れないと夫が起き出してきた。息子の傷もまだ癒えてないのだろうか、この頃こんな事が多くなったようだ。 「いっその事店を開ける前にどこかに行くか?」と言い出したので、少し早いとは思ったが藤でも見に行こうかと車に乗り込んだ。 早朝の農道は空気も澄み切ってとても気持ち良く、40分ほどで付いた寺には既に先客が…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

美里町 猪俣のポピー祭り

午後からは雨だと断定された昨日の定休日、せめて降らない内にとポピー見物に出かけたが、あまり良い感じではなかった。花は充分綺麗なのだが管理している人達に活気がないのだ。 ギャラリーも少ないし、関係者があちこちにだらだらと突っ立っているだけで、笑顔もなければ会話もないのだ。やる気がないとしかとれないのは私だけではなかったようだ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

三名湖と通り抜けの桜

曇ってはいたもの温かかった昨日の定休日、ちょっとだけという約束で夫の箆鮒釣りに付き合った。夫は2時間ほど竿をたらし、その間私は釣り場である群馬三名湖の周囲をひたすら歩き回った。 昼食に立ち寄ったお蕎麦屋さんの手打ち蕎麦の美味しさに大満足の夫は、サービスだと私を長瀞の通り抜けの桜まで連れて行ってくれた。会場の八重桜は…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

館林 野鳥の森のシバザクラ

夫がボランティアで草刈に出かけていった。昨日納骨を済ませたばかりだからと止めたのだが、家にいる気になれないと強引に出ていったのだ。 3時ごろ仲間3人を引き連れて帰宅した夫は、お茶を飲みながら嬉しそうに息子の自慢話をしていた。一種懸命に聞いてくれていたお仲間たちは、叉誘いに来るからと帰って行った。 ゴルフ場の建設途中で…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ペットの長寿祈願

ふらりと出かけた夫が帰宅するなりこう言った。「ベルの長寿をお稲荷様に祈ってきたぞ」 私は思わずこう答えてしまった。「爺ちゃん なんで余計な願い事するの?ベルはまだ5歳だよ。人間で言えば50歳。もしも長生きして私たちが先に死んだら可哀相じゃん。お兄ちゃん死んじゃったんだから誰にも面倒見てもらえないよ」 「そっかあ! よ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

森林公園の花達

↑道端のイヌノフグリ 国道をけたたましくサイレンを鳴らしながら救急車が近づいてきた。信号の手前で右に曲がりますとアナウンスが聞こえたので一安心だ。左に曲がれば我々の居住範囲内だからだ。 と思ったら2-3時間後に自治会の役員さんからYさんの死の触れが廻ってきた。Yさんは確か私より7-8歳下の筈だ。朝方トイレで倒れたとら…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

純朴な島人が嬉しくて

初島に上陸して直ぐに目に付いたのは、逞しいお兄さんの包丁使いだ。「何してるんですかぁ?」と聞くと、「岩のり作ってんだぁ!」といかにも人が良さそうな日焼けした顔をほころばせてくれた。メチャいい感じだ。 「一枚撮らせていただけますか?」「いいともいいとも何枚でも撮ってくんない」「厚かましついでにブログにアップしても良いですか?…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

大宮第二公園の梅

昨日の定休日、「浦和が大分変わったらしいぞ。見に行ってみるか?」と夫が言い出した。一週間の缶詰生活で、私が煮詰まり始めたのを察したのだろう。 浦和は、我々家族が姑たちと同居すべくこの地に来るまでの数十年間を過した懐かしい所である。娘達はそこから巣立って行き、我々夫婦にとっては第二の故郷ともいえる場所だ。 「誰に逢うか…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

宝登山の蝋梅

一昨日のリベンジにと宝登山に向った。どうしても山の空気に触れたかったのだ。毎年通っているのだから見る景色はいつもと同じなのに、この時期になると無性に行って見たくなるから不思議だ。 午後に予約が入っているので、朝の内にに出発して往復ケーブルを利用した。一時間ほど歩き回って大いにリフレッシュして帰宅、曇天ながら時折青空が見えた…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

こんな自分が怖い

↑我が家の蝋梅 急に大金が必要になった。我が家の普通預金に入っている額だけでは足りないので、泣く泣く定期預金を解約する事になった。 証書と印鑑を持ってJAに行くと、印鑑が違うと言われた。定期に組んだのは4年前だが、 確かにこの印鑑を使った筈と特定し、間違った印鑑を持参した自分のいい加減さが頗る歯がゆく、とりあえず家中…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ぐんまフラワーパークの夜景

風邪気味なのであまり気は進まなかったが、夫に促され地域の聖天神社で初詣をした。 古いお札を納め、500円効果をお賽銭箱に入れ家内安全を願った。 夫は私の商売繁盛も願ったと言うが、いつまで働かせる気かとちょっぴり腹がたった。別に強制されている訳でもなし、悪気がないのは充分判っているのだが、この頃の私はつまらない事にカチンと…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

横浜みなとみらいの夜景

目が回る程の忙しさとは言えないまでも、やはり年末は普通とは違う。雑事に追われ今年もまた横浜の実家には帰れそうもないと電話をすると、後を継いでいる甥がみなとみらいの夜景が綺麗なのにと、残念がってくれた。 しかしながら私は、ネット友達の風来坊さんから夜の横浜画像を沢山送って頂いて、想像がついているので、全く不満はないのだ。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

横浜山手西洋館の世界のクリスマス

私がどうしても見たい物の一つに、故郷の横浜山手西洋館で毎年開かれる世界のクリスマス展がある。 今年も雑事に追われ、行かれそうもなくて意気消沈の私に、ネット友達の風来坊さんが画像を送って下さった。2008年度に続く二回目のご好意である。 実家とは同じ地域なので、あれこれ想像しながら各国の特色や微妙な色使いの違いを楽しみ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

高崎光のページェント

穏やかな晴天で頗る気持ちの良い昨日、夫は友人と温泉に行くので夕飯は要らないと言い置いて出かけていった。 予約のお客様が終ったのは3時半、折角のチャンスだからと早仕舞いして榛名湖のイルミネーションを見ようと、バスと電車で高崎に向った。 高崎駅に着くと榛名湖行きの特別バスは既に出てしまっていた。8000円でいかがですかと…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more