テーマ:嬉しかったこと

ありがとう

夫の通夜の死装束は紫のキョウカタビラだった。故人にはもっとも似合わない色だが、棺に収まっている姿に違和感がないのはなんか不思議だ。 穏やかなその表情に少しほっとしながら視線を下に落とすと、両腕の付け根にゴールドの刺繍らしき文字を見つけた。判読しようとあちらこちらから眺めていると、葬儀社の人が「ありがとう」だと教えてくれた。 …
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

数々のコメントをありがとうございました

小紋さん にゃんさん ぽぽんたさん totyさん 暖かいコメントをありがとうございました。 病院の懸命の手当の甲斐なく、悲しい結果を迎えてしまいましたが頑張るしかありません。 ご厚意身に染みました。 ありがとうございました。  皆さまもどうぞご自愛くださいませね。 fujisanさん 何が何だか判らぬまま1週間経ちま…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

秩父ミューズパークのシャクナゲ

定休日の昨日、曇天だが秩父ミューズパークの石楠花を見に行った。深い林の中には陽の光があまり届かない。曇っていても大丈夫だと思ったからだ。 此処には何度か通ったが何故かいつも花期が終わりに近い時ばかりだ。昨日も花にはあまり勢いがなかったが、それでも濃い緑の中の淡いピンクは充分美しい。現世を忘れられると言うか、まるで森を彷徨う…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

笑顔が増えたと褒められた

↑我が家のダッチアイリス 最近良く笑うようになったと数人に言われた。言われてみると、テレビを見ながら声を出して笑って「そんなに面白いかなあ?」と夫に不審がられたりだ。 明るくなった理由を聞かれても心当たりはないのだが、物事全てに諦めが早くなったのは関係しているかもしれないと考えた。 お花見が出来なくても「行かれない事は…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

我が家の牡丹

今我が家の花壇の牡丹が見頃だ。他の花より大きいから目立つことこの上なく、通りがかりの人は皆褒めてくれる。 根元の雑草などを引いていると、何とも言えぬ花の香りが疲れた体を癒してくれるのはとても有難い。 牡丹の命は一週間ほどだろうか。我が家にはこの2種しかないのでどこかのボタン園に行きたいのだが多分無理だろう。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

槌音高く

晴天の昨日、近隣のあちこちの家から心地よい槌音が聞こえてきた。 Kさん宅からは大雪で落ちたベランダの屋根の貼り替える音、前のお宅では庭に除草剤をまいている噴霧器のモーター音、隣の畑からは耕運機の音等々、再建の槌音が耳に心地よい。 刺激されたのか、夫がおぼつかない足取りで私の家の落ちた屋根のアクリル板をはり始めた。辛うじて…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

思わぬ贈り物

女性週刊誌の懸賞に当選した。賞品は3枚組の宝くじだ。籤運の悪さは折り紙つきの私にはかなりの嬉しさである。 17日の抽選日まで、どうかこの幸運な状態が続きますようにと仏壇に手を合わせる私に、 「外れて当然なのだからあまり期待しない方がいい」と夫が言った。 頭から当たらないと決めている夫の鼻をあかしてやれたら、どんなに…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

心底ありがたい

待望の食洗機が届いた。これでやっと食器洗いから逃れられると思うと心底嬉しくなった。 Kさんにはオーバーだと笑われたが、私には本当に辛い2週間だったのだ。 しかしながらキッチンを覗いたKさんはこう続けた。「お宅の流し、ちょっと低いかもね。これじゃあ腰も背中も痛くなるかも。でもさあ 大体お宅は使う食器の数が多すぎるんだよ」 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

嬉しかったこと

カットで来店したYさんが庭のローズマリーを見て「一枝貰える?」と言った。 「どうぞどうぞ」と私は株ごと引き抜いて鉢に植えこんであげた。私はローズマリーの葉とアンチョビをトーストに乗せて塩を振って食べるのが大好きで、庭のあちこちにローズマリーを植え込んであるからだ。 「うっわ。貴女って気前がいいのね。それにハーブを自分で育…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

食卓も春

畑のセリが美味しそうだと夫が獲ってきた。初物なのでチンしてごまみそ和えにした。暖かいご飯に乗せるとほのかな香りと苦みが頗る美味しかった。まさに春そのものである。 「利根川の土手につくしが沢山出ていたから取ってこようか?」 「でも犬がいっぱい散歩していたから、、、」「そうだよな。スーパーで売り出すまで待つか」 来店したS…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

楽しかったこと

袴の着付けの予約が入ったが、治りかけた腰痛が気になるので友人の着付師さんに出張してもらった。 黙って見ている訳にもいかないので助手をしたが、自分が着付けるよりはるかに楽でとても有難かった。 お客様は卒業式に臨まれる先生だが、着付け中「出勤時間15分前です」と携帯が鳴ったりと、若い人の一面に触れて面白かった。我々老夫婦は携…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

春が来た!

昨日は、風は強いが暖かい一日だった。来店したMさんが「お庭に春が来たね」と言ってくれた。「え? まだまだだよ」「確かにミモザだけだけど、それでも素敵な春だわよ」 半信半疑で見に行くと、母屋の玄関先のミモザの鉢が満開でまさに春である。前日までは目につかなかったのだから、昨日の陽射しで一気に開花したのだろうが、本当に見事だ。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

雪が降ってきた

予報通り雪が積もった昨日、嬉しくなった私とベルは庭を歩きまわった。夫は寒いと昼間から入浴し、炬燵に潜り込んで動こうともしなかった。老いたのだろうと可哀相にもなったが、滅多にないチャンスなので近所を一回りして雪景色を楽しんだ。 いつものコンビニも雑草だらけの空き家も、白一色でいつもとは全く違う。まるで雪国の様だ。物珍しさにベ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

お役立ち週刊誌

Fさんが来店した。Mさんをカット中だったので「週刊誌でも見ながらちょっと待ってくれる?」と聞くと「うんうん どうぞごゆっくり。でも雑誌は遠慮しとくわ。夜の楽しみがなくなるから」と言われて意味が判らず「ん?」と聞き返した。 「あら 知らなかったの? お宅の週刊誌、読み終わるといつもHさんにあげているでしょ?それをKさんが貰ってそ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

最高の一日

風が強かった昨日は予約が皆無。陽射しが強いためか室内の南側窓辺は天国のように暖かい。 サム・テイラーを聴きながら窓にもたれてうとうとと舟をこいでいると、「風邪を引くからベッドで寝ろ」と夫に叱られた。しばらくは夫が店番をしてくれるらしい。 めったにないチャンスに二階に上がると、窓辺のカランコエがスペクトル画像のような光を浴…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

理想論

一昨日の宝登山には、数輪だが福寿草が咲いていた。 先月初めに我が家の花壇の土を掘り起こし、新芽を確認した事を思いだして帰宅早々見に行くと、中の二輪が見事に開花しているではないか。 株分けしたYさんはいかにと電話してみると、「まだやっと蕾が着いた所だから咲いたら電話するね」と言われた。 やはり本家は分家より早く咲いて…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

長瀞宝登山のロウバイ

好天に恵まれた昨日の定休日、早朝から長瀞宝登山の蝋梅を見に行った。長瀞なら夫の運転も余裕だし、事前の検索でも蝋梅の咲き具合は6分とあったので二人とも気分は上々である。 40分程で到着したが宝登山ケーブルは順番待ちだった。山頂に着くと思ったより風が強く寒さも厳しかったが、それでも澄み切った山の空気には充分癒された。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

咲いてくれてありがとう

玄関チャイムを鳴らして義姉がやってきた。「あら?こんなに寒いのにもう咲いてるよ。健気だねえ」 気が付くとたった一輪だがアネモネが開花していた。南側の陽だまりだからだろうか。とてつもなく嬉しくなった私は花に話しかけた。「咲いてくれてありがとうね。夕方お礼にお米のとぎ汁をあげるからね」 義姉は笑いながら言った。「馬鹿だねえ。…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

小さな喜び

毎年咲いていた我が家のフクジュソウが、今年は何故か芽吹きもしないのがとても気になっていた。 去年株分けをしてあげたYさんが来店したので様子を聞くと、既に新芽が出ていて3-4センチにも成長していると言う。 何がいけなかったのだろうと指でそっと掘り起こしてみた。2センチほど土を除けて、やっと5ミリ程の芽先を5個見つけた時は嬉…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

明けましておめでとうございます

↑我が家の水仙 明けましておめでとうございます 怪我とトラブルが重なった旧年もなんとか切り抜け、人並みのお正月を迎える事が出来ましたが、その間に皆様には沢山のエールを頂きました。心から感謝申し上げます。 ありがとうございました。 豊富も目標も何も考えぬまま新年を迎えてしまいましたが、本年は事故や病気のない一年であれば…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

完全フリーの大晦日

今日は大晦日だが定休日、思い切って休む事にしたので実質的には昨日が本年最後の営業になった。 全てを終わらせると外は既に暗かったが、開放感いっぱいの私は夫を外食に誘った。 「何でも好きなものをご馳走するから、、」と言うと、「食事もだがデパートで買いたいものがある」というので熊谷市唯一のデパートで買い物をした。 店内は買い…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

疲れ果てて、、

夫がゆずを貰ってきた。蜂蜜に漬けてくれと言われたが、来店者ゼロだった一昨日の余波もあってメチャメチャ忙しかった私は、疲れ果てて口もききたくなかったので返事をしなかった。 夫は「お疲れのようで、、、 こりゃまた失礼!」と死語に近い捨て台詞を残して母屋に帰った。 夕方、やっと仕事から解放された私がキッチンに入ると、テーブルに…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

忙中閑あり

Kちゃんから電話が入った。「お客さんいないみたいだからちょっとだけ遊びに行ってもいい?」 Kちゃんの家からは我が家の駐車場も店内も丸見えである。「うん コーヒー入れて待ってるね」 直ぐにやってきたKちゃんは揚げ餅を手にしていた。「Yちゃん(夫の幼名)も呼べば?」 Kちゃんはお婿さん取りなので夫とは幼馴染である。「どこか…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ちょっぴり断捨離

雨の土曜日、仕事が暇なので納屋を整理していると、ハンディーコピー機「写楽」を棚の奥に見つけた。十数年前に本の1ページをコピーしたくて買った物である。 今はデジカメでかなり鮮明に撮れるので必要ないだろうと、ごみ処理場に出すために玄関先に置くと、通りかかったちり紙交換車の男性が「引き取らせてください」と言ってきた。 「差し上…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

始めての手作りすいとん

連日の寒暖の差に全身がだるい。食欲もなくぼんやりしているとJさんがすいとんの粉を持ってきてくれた。「これで作ると美味しいよ。ちょっとでも食べた方がいいからさ。」 この粉を使用するのは初めてなので面倒だったが、使わなければ次にJさんに会った時に会話が成立しないと、能書き通りに作ってみた。 食べてみると意外にもとても美味しく…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

返ってきた財布

定休日の昨日、風の強い一日だったが児玉の骨波田の藤を見に行った。テレビで放映されたのを夫が見ていたからだ。 我が家の藤はとっくに終わっていたので咲き具合が案じられたが、意外にも8分咲きで充分楽しめたのは嬉しかった。 帰路猪俣のポピー畑に寄ったが、ここは完全に咲き終わっていて人影もなく、強い風に煽られて砂埃が凄いので早々に引き上…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

久しぶりの鈴木雅之

↑テレビ画面より 5月3日の夜、うとうとしながらテレビを聴いているといきなり大好きな鈴木雅之の歌声が流れてきた。慌てて起きだしてボリュームをあげモニターを見ると「A-Studio」と言う番組だった。 さだまさしの十三夜をカバーしたものだが、優しい歌い方がいつもの鈴木雅之とはちょっと違ってそれなりに魅力的だ。 この人のセ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

今年の桜は開花が早い?

↑2007年4月の熊谷桜堤 最近は体調不良で撮影のための外出が激変していたが、昨日は突然熊谷土手の夜桜を撮りに行きたくなった。いつもながら気まぐれな話だが、日曜日だから露店も出ている筈だし、何より桜のライトアップが久しぶりなのだ。 市内だから我が家の桜同様一輪や二輪は咲いているだろうと言う私に、開花状況を見てきてやると出かけ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

レタスあれこれ

↑私の撒いたサニーレタス ↑Tさんの苗を植えこんだ畑 Tさんがレタスの苗を持ってきてくれた。リーフレタスと玉レタスの二種類だが、混ざってしまっていて現段階ではどちらがどちらかは判別できず、そのまま2列に植え込んだ。 どれが何に成長するのか、楽しみが二倍になった感じで面白いと思ったが、実は自分でも先週サニーレタスの種を撒いた…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

カサブランカとアマリリスの球根

定休日の作早朝、Jさんから電話が入った。「今日はお出かけでしょ?これから行くからちょっとだけ待っててくれる?」「買い物だけだからゆっくりで大丈夫だよ」と私。 直ぐに飛んできたJさんは手にカサブランカとアマリリスの球根を一個ずつ持っていた。既に新芽が出始めているのに掘り起こしてくれたらしい。 「何度植えても球根が溶けち…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more