テーマ:生活

膝の痛み

↑我が家のランタナ ここ数週間時々感じていた右ひざの痛みがかなりひどくなった。周囲に膝の痛みを抱えた人は少なくなく、歳のせいだから完治は望めないと聞いて自分も絶望的だと思い込んでいたのだ。 夫が腰を痛めて長距離運転が出来なくなり、今度は私が足を痛めて外出もままならなくなるのかと思うと、短い余生終ったも同然と切なくなった…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

重曹

       ↑我が家の鉄砲百合 昨日、重曹がなくなったので買いに走った。絶対必要という訳ではなかったが、何となく外に出てみたかったのだ。 途中でJさんに会った。行き先を聞かれたのでマツキヨに重曹を買いに行くと答えると、今時重曹なんて古い人間しか使わないと笑われてしまった。 重曹は洗剤や極稀には入浴剤にも代用できる…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

心の病気

↑我が家のオオデマリ 常連のVさんが、カット中のBGMを止めて欲しいと言い出した。無論即座に有線を切ったが、「こんな事をいうのは私だけでしょ?」と唇をゆがめた。確かに初めて言われた事だが、私は別に全く気にならないと答えた。特に気を使った訳ではなく、カットだけの時間など極めて短いし、どちらでもいい事だった。 Vさんは…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

犬に振り回された夜

↑庭の片隅にひっそり咲いたジュウニヒトエ 昨夜、深夜放送に夢中になっていた私の部屋のドアを息子がノックした。「親父の様子がなんだか変みたい。俺の部屋にまで独り言が聞こえてくるんだ」 驚いて行ってみると夫のベッドにベルが入り込んでいて、夫は懸命に降りてくれとベルを説得していた。ちゃんと言い聞かせないと又同じ事を繰り返すからと、…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

ある1日

夫が仕事に出た昨日は、定休日だが曇り勝ちでもあり、家にこもって家事に励んだ。午後のベルの散歩も、定休日ならではの時間的な余裕がありがたく、いつもと違うコースをゆっくり辿ってみた。 小さな川の土手には菜の花がいっぱいで、心癒されながらのんびりと歩いていると、突然ベルが花の中に突進しようとした。 驚いてリードを引っ張ると、4-…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ちょっと驚いた事

↑我が家の最後の大根 珍しく始めての客が来店した。20代後半くらいの細身で品のいい美人だ。切り抜いたヘアカタログの写真を持参して、「こんな感じにして頂けますか」と優雅な物腰でのオーダー振りだ。 久々の若い美人客(常連さんゴメンナサイm(__)m)にちょっぴりプレッシャーなどを感じながら30分ほどかけてカットブローを終らせ、「…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

慰める言葉がない

↑今が見頃我が家の石楠花 Kさんは目下無職の一人暮らしの女性である。多分30代と思われるが、ハローワークに行っても希望する職種の求人情報がないらしい。 年金暮らしの田舎の親に仕送りを頼んだら帰って来いと言われたが、これ以上不便な所には住みたくないという。私から見ればここも充分不便だが、彼女の感じ方は違うのだろうか。 カ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

中高年女性を恋うるサル

↑webより 昨日、東山動物園のフクロテナガザルが大の中高年女性好きだとテレビが報じていた。子供たちには悪態をつくのに、中高年の女性には係員曰く「色目を使う」というのだ。 一緒にテレビを見ていた夫は思わず吹き出して一言「猿には婆さん連中の本当の怖さが判らないだろうからなあ。怖いもの知らずとはこういう事だよな。」 その…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

床掃除とワックスと

↑園芸センターのイチゴの花 昨日の朝店内の床を拭いた。夫にも手伝ってもらい、洗剤をまいて水をかけ、デッキブラシでこすって雑巾でふき取ってワックスを掛けた。 結果、一時間後来店したWさんが滑って床に尻餅をついた。慌てて助けに行こうとした私も滑ってWさんにしがみつく形でやっと止まった。どちらも怪我はなかったが、ワックスがけはいつ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

皇帝ダリア

我が家の皇帝ダリアは満開一歩手前だが、数個の蕾が開きかけた風情がとても美しい。一日の仕事を終わらせた雨上がりの夕暮れ、10メートル以上はあるであろう先端を見詰めていたら、通りかかった近くの主婦があまりの美しさに近寄ってきた。 二人で黙って見上げていると、見物人は3人5人と増えていき、散歩から帰ったベルと夫も共に眺める結果と…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

夕食は頂き物で

昨日は頂き物の多い日だった。直ぐに食べられるカレー、かぼちゃの煮物、パウンドケーキ、取れたて野菜、煮卵等はIさんに、はやと瓜はMさんからと、夕食のおかずはこれだけで充分だ。 はやと瓜の外観は、よく見ると実に魅力的だ。これはトールのモチーフに最適だと気がついたりするのも頂き物の利点だろうか。 カレーの完成品を温め、はや…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ちょっと憂鬱な事

↑残り少ない我が家のバラ 夫の幼馴染Bさんの奥さんは、長年寝たきりの姑を去年看取って以来、虚しさから軽い鬱状態らしい。 夫がBさんの苦悩を見かねて、夫婦でパソコンを始める事を勧めた所、昨日突然私に教えて欲しいとやってきた。 私は町のパソコン倶楽部に入会するか、シルバー事業団のパソコンセクションに頼る事を勧め、気が乗…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

最後のバラ

雨の定休日は、前日に引き続いてきわめて静かな一日だった。訪問者はなく、電話もセールスが二件、今日の予約が一件と煩わしさを感ずる事もなかった。 煮詰まった時は、これを聴くといい結果が出るよと孫が送ってくれた、ムソルグスキーのCDを聴きながら好きなケーキを食べたり、なんとものどかな一日だった。 こんな日はユックリおでんで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

大光院呑流神社の菊祭り

群馬大光院の菊祭りが始まった。良かったら乗せていくよと知人が電話をくれたので、折角だからと便乗した。 本音では、もう少し先の方が綺麗に咲揃うのにと思ったが、足のない悲しさで妥協せざるを得ないのだ。 山門をくぐると直ぐに菊の香りが鼻をついた。春菊から一瞬すき焼きを連想したの自分がおかしかった。 懸崖菊は蕾の状態だ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

悪いのはいつも私

我が家の愛犬ベルの術後は、あまり良い状態ではない様だ。 一週間が経過しているというのに、患部は赤く腫れ上がり、何かに触れるたびにヒィー!と悲鳴を上げ、私にも体を触らせようともせず定位置に横になって動く気配もない。 ブラッシングもシャンプーも出来ず、体は汚れ毛並みは荒れ果ててかなりひどい状態の上に食欲もなく、夫が仕事から帰っ…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

山吹色のバラ

5本挿し木をしたこのバラは、5本全部が根付いたので、一本だけ残して他の4本は4人の常連さんに差し上げたのが3年前だ。 親のバラの木は、老衰と思われる状態で枯れ果ててしまい、その一本を大事に育てていたが、何故かどんどん葉が落ちてきて、もう直ぐ臨終を迎えそうな状態だ。 そんな話を差し上げたAさんにした所、直ぐに同じものを…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

犬の避妊手術

我が家の愛犬ベルは、目下青春真っ盛りでうるさい事この上なしだ。ガラス戸越しに生ごみをあさりに来る近所の飼い猫をじっと見て、切ない泣き声をあげながら外に出して欲しいと私にねだる。 外に出してやると、天吊りのワイヤーを引きちぎらんばかりの勢いで飛び出そうとしては夫に怒られ、散歩中には我々の制止を振り払ってメス犬の後を追おうと懸…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

トウガラシ

畑のトウガラシを収穫した。数日間天日に当てて粉末にしたものを、みかんの皮、ごま、山椒等を粉末にして混ぜ合わせ、七味トウガラシまがいを作るのが例年の習慣である。 我が家では使用する分だけ粉末にしているが、生産農家では全てを作成して出荷しているようだ。湿気を呼び易いので特殊な包装が必要なため、我が家ではその都度の粉末化だが、こ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

手作り味噌に思うこと

2月4日に仕込んだ味噌桶を昨日は初めて開けてみた。カビも発生していず、良い色に仕上がっていて味もまずまずだ。背中を痛めて知人に代行してもらった味噌作りも、こうして無事完成してみると、迷ったがやって良かったと痛感した。 20キロでは娘や知人に分ければ一年分には程遠いが、それでも半年くらいは無添加を使えると老体の健康のためには…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

パソコンサポート出張サービス

常連さんのPCが動かなくなったとSOSの電話が入った。行ってみると再起動で簡単に動き出した。彼女の家には何度かこの手の要請で呼ばれているが、僅かな事なのに高額のお金を包んで持ってくるので、有償なら行かないからと念を押した事もあり、今回は紅茶とケーキで事が終わったので一安心だ。 彼女に言わせると、毎度私に頼むのは気が引けるの…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

暗い1日

昨日は腹が立つ事の多かった一日だった。早朝野良猫に生ごみのバケツを荒らされ、間違い電話は数回、753の衣装の変更申し込みがあったり、油の入れ物が床に落ちて、キッチンの床が油まみれになってしまったり。 極めつけはPCトラブルだ。新しいソフトを入れたら、フリーズの連続でとうとう立ち上がらず。フォーマットしてやっとネットが繋がっ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

753の衣装選び

お客様の付き添いで、貸衣装やさんに753の衣装選びに行った。毎年行く衣装やさんだが、その年によって人気の色やデザインが微妙に違うのは興味深い事だ。 今年は主役の子供より、母親の衣装の方が華やかな色合いが好まれると言う。ずらりと並んだ色とりどりの衣装を見ながら、幸せそうにデザイン選びをする何組かの母子や、金主元と思われる祖父…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

目玉商品

隣県の大型スーパーに買い物に行くと、レジの前に10円の袋菓子が置かれていた。中味は乾燥芋らしい。10円なら10個買っても100円だ。近所に配ってもいいからと近づくと、みな目を血走らせて100個とか200個を籠に入れていた。 数量制限はないのだが、後に続く人の事を思えば100個は気が引けるので、5個だけ籠に入れると、他人の事…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

藁布団

毎年、野菜の根元に敷き詰めるための藁を頂いている農家から、取りに来るように言われたのは数日前だ。 早朝、雨が降り出す前にと行ってみると、扱いやすいようにきちんと束ねて日光干しをしてくれていた。 本来なら、稲刈りと同時に小さく切り込んで田んぼの中で焼却してしまうのに、わざわざ面倒な乾燥方法をとってくれているのも例年の事…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ちょっぴり不本意

知人に陶芸教室に行こうと誘われていながら、時間が取れないので泣く泣く諦めていたが、作品が焼きあがったので見に来ないかと電話が入った。カメラを持って早速家を出たが、途中で常連さんと会ってしまった。 カットに行く所なのにと言われたので、そのまま引き返してカットを済ませ、さてもう一度と思ったら次のお客様が来店されパーマが始まって…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

横断歩道を渡りましょう

横断歩道でもないのに、沢山の人達が国道を横断している場所がある。50メートル先に信号があるのに。 私も度々ここを横断するが、正直とても怖い。命がけだ。にも拘らず走行する車の間を縫って横断する人は後を絶たない。 昨日のパーマのお客様の話では、Nさんが自転車で横断中に車と接触したのもこの場所らしい。Nさんは60歳代で常連…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

我が家のお犬様騒動

夕食後の入浴も済んでホッと息をついた昨夜、愛犬ベルがいない事に気がついた。全ての出入り口はロックしてあるのだからと、夫と二人家中探し回った。古い納屋や開かずの間もあるので、階段を上がったり下りたりも一日の仕事を終わらせた老体にはかなりハードだ。 悪い予感もしたりしてちょっと心配になりだした頃、私の携帯がなった。夫からで見つ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

冬瓜

一昨日、近所の奥さんが冬瓜を持ってきてくれた。直径30センチ、60キロ程の巨大な冬瓜だ。白い袋に入れて背負ってきた様は、まるで大国主命のようで、思わず吹き出してしまった。来る途中でも数人に冷やかされたらしい。 居合わせたお客様と3人で分けてもまだ余るので、隣の奥さんを電話で呼び出し、4等分した。恥ずかしながら冬瓜の調理は初…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ちょっと恥ずかしかった事

昨日は定休日だったが夫が仕事なので足がない。私は主婦に徹するしかなかった。どうせ外出を諦めたのなら完璧な主婦振りをと、柄にもなく殊勝な気持ちで庭の掃除を始めた。 咲き出した色々な花を楽しみながら花柄を摘み取り、雑草を抜き、無駄に伸びた植木の枝を間引きと夢中になって動き回っていると、「農協でーす。集金お願いしまーす」という声…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

メールに返事が来る確立

女子高生のKちゃんは、小学生の頃からの常連客だ。昨日来店したが、友達に比べて自分の出すメールはあまり返事が来ないとかなり寂しそうだ。以前何かの掲示板で読んだことがあるので、疑問文のメールを送ると返事が来る確率が高いらしいと教えると、一生懸命メールしていたが、間もなく「ほんとだあ!返事が来た!」と嬉しそうに叫んだ。 内容は聞…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more