テーマ:日記

無気力の極み

↑我が家のペラルゴニューム ↑我が家のゴテチャ 体調も気分も悪くない昨日の定休日、衣類の片づけを始めたがどうにも気が乗らず、何の整理もできぬまま一日が終わってしまった。 折角スーパーに行きながら、キクラゲ、卵、牛肉と共に炒めたかったザーサイを買い忘れたりと、どうも緊張感が足りないようである。 こんな時はあまり動かない…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

春の珍事

畑の片隅の雑草を引いていて、オキザリスの一群の中に一本の竹の新芽を見つけた。この竹が順調に育てば、あっとゆう間に竹林が出来てしまう。 可哀想だが竹の新芽は無論の事、周囲のオキザリスも抜かなければと落ち込んでいると、隣で長ネギを植え付けていたTさんが、「今の内に徹底的に頬り起こさないと大変だよね、」と手伝ってくれた。 しか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春の珍事

畑の片隅の雑草を引いていて、オキザリスの一群の中に一本の竹の新芽を見つけた。この竹が順調に育てば、あっとゆう間に竹林が出来てしまう。 可哀想だが竹の新芽は無論の事、周囲のオキザリスも抜かなければと落ち込んでいると、隣で長ネギを植え付けていたTさんが、「今の内に徹底的に頬り起こさないと大変だよね、」と手伝ってくれた。 しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日を生きる

↑わが家のツルバラ(ジェネラスガーディナース) ↑我が家のシャクヤク ↑我が家のシャクヤク Tさんがマンデビラの苗を持ってきてくれた。「安かったから買ってきたの。今年まだ植えてないでしょ?」 マンデビラは一年草扱いされているが、私は毎年室内に入れて越年させているというと、自分もやってみるととても喜んでくれた。 来春…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

嬉しい事

↑我が家の黄花フジ ↑我が家のテッセン 来店者は少ないのに、連日見物客が絶えない我が家の花壇は、昨日も姦しかった。 面倒なので出ていかずに部屋で聞き耳をたてていると、こんな声が聞こえてきた。 「バラが綺麗だねえ。余程手入れがいいんだねえ。あれ!キューリがもうなっているよ!ほらほら!」 「本当だあ。早く食べたくて…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

感動した

↑我が家のアルストロメリア ↑我が家のマレーシアシャクナゲ ↑我が家のバラ(ロココ) 新鮮ななめこを頂いたので、早速味噌汁に入れた。 しかしながら、骨折の後遺症のため私はいまだに左手で汁椀が持てていない。つまりご飯も汁物も、すべては右手一本で箸やスプーンで食べているのだ。 好物のなめこ汁ともなれば、何とかしてお椀か…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

一番開花 我が家のコスモス

↑我が家のベルフラワー ↑我が家のカルミア ↑我が家のコスモス Cさんが「ちょっとちょっとお。庭のコスモスがもう咲いているよ。やーだなあもー」と言いながら来店した。 不覚にも私は知らなかったので、「ごめん。ちょっとだけ見てくるね。」と言って店を飛び出した。 一緒についてきたCさんは、「うちなんかまだ茎が3センチくら…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

判るわかる

↑我が家のピンクタンポポ ↑我が家のつつじ ↑我が家のキンギョソウ Aさんをカット中、いきなり立ちくらみに見舞われたので、「ごめんね ちょっと座っていいかなあ? なんだか目眩がして。」と聞いてみた。 Aさんは長年の常連さんなので甘えても大丈夫と思ったのだ。 「大丈夫? ゆっくり休んでよ」とAさんは冷蔵庫から冷たい麦…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

残念だったこと

↑我が家のエレモネモフィラ ↑我が家のイキシア ↑我が家の松葉菊 定休日の昨日、Hさんが群馬の大きなスーパーに連れて行ってくれた。現物を見て買う買い物に出たのは何日ぶりだろうか。生協はカタログ販売だからだ。 肉と野菜を買い過ぎて、「お宅何人家族なのよ?」と嗤われたが、どれもこれも美味しそうで見過ごせなかったのだ。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

大丈夫か私?

↑我が家のバーベナ ↑我が家のサフイニア ↑我が家のシレネユニフローラ 連休最終日の昨夕、隣県群馬の友人美容師から電話が入った。 「終わった? 今みんなカラオケルームにいるけど迎えに行こうか?」群馬は毎月曜日が定休日である。 「ごめん。 疲れたからもう横になるわ。」接客数は僅か3人なのになぜこれほど疲れるのか、とに…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

100歳越えの現役職人さん

↑我が家のバラ(センチメンタル) ↑我が家のバラ(モニカ) 我が家のピンクカスミソウ テレビで、100歳を超えているのに現役の理容師さんと時計職人さんの日々を報じていた。お二人共極めてお元気そうで嬉しくなった。 運動や食事にも色々と気を使われているようだが、中でもピーナツバターが体にいいとの事で、早速コンビニに買いに行っ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

小さな倖せ

↑我が家のクレマチス ↑我が家のバラ(パパメイヤン) ↑我が家のジャーマンアイリス 暑くなく寒くなく風もなく、しかも予約も皆無の昨日は絶好のガーデニング日和。 裏の雑草でも引こうかと行ってみると、ジャーマンアイリスが見頃だ。裏にはあまり行かないので見落とす所だったと嬉しくなった。 終日花を見歩き、気が付いた雑草を引…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

羽ばたく折り鶴

↑我が家のバラ(カクテル) ↑我が家のバラ(アイズフォーユー) ↑我が家のマツムシソウ パーマで来店したYさんは言った。「動く折り鶴の折り方教えてあげようか?」 堰を切ったようにYさんは話し続けた。 「3回続けて違反しちゃってさあ。点数が無くなっちゃったのよね。んで、警察の講習受けに行ったら、受講の代わりに鶴の折り方を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

泣かせないでよ

↑我が家のバラ(ジャストジョイ) ↑我が家の蓮華つつじ 来店者やお茶飲み客、宗教の勧誘等でお昼御飯が抜きになった昨日の15時頃、一人になれたほんの2-3分に、ソファーに座り込んでベルに訴えた。 「ベルゥ!ばあちゃんお腹が空いて死にそうだよ。」 何とベルは、中味が入った自分の食器を鼻で私の足元に押しやってきたではないか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

口惜しかった事

↑我が家のウツギ ↑我が家のブーゲンビレア   昨日は熊谷駅をSL令和記念号が走ると以前から聞いていたので、絶対撮るぞと重い一眼や三脚を用意して楽しみにしていたが、相次ぐ来店者に疲れ果て一歩も家から出られなかった。 出先で倒れたら困ると心配になったからだ。 一体いつからこんなヤワな体になってしまったのだろうと本当に悔し…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

気の持ちようで

↑我が家の羽衣ジャスミン ↑我が家のバーベナ ↑我が家の三寸あやめ 定休日の昨日、前日に出来なかったYさんとOさんのパーマと毛染めをして初めて気が付いた。 定休日の仕事は全く疲れないとゆう事に。 電話にも玄関チャイムにも出る必要がないし、他の来店客はがない事は判っているから、神経の使い方が全く違うのだ。 しか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

長ネギの植え付け

↑我が家のクレマチス ↑我が家の藤 ↑我が家のイキシア Kさんが「これ畑に植えておいて、夏にもう一度しっかり植えなおして食べな。」と長ネギの苗をくれた。 俗にいう冬ネギとは違うものなのだろうか。 良く判らぬまま言われたとおりに植え付けた。一瞬、夏にもう一度植え直すって面倒だなあとも感じたが、楽しみも又大なのである。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ぞっとした事

↑我が家のストロベリーキャンドル ↑我が家のユリオプスデージー ↑我が家のブルーベリー パーマが5人続いたら、リハビリ中の左親指が突然動かなくなった。痛いとか痒いとかの感覚ではなく、間違いなく脳は指令しているのに全く動かないのだ。 「どうした自分?」と寒気を感じ、店を閉めて暖かいお湯に手を突っ込みそっとマッサージ等を。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

祈る思い

↑我が家の花菱草 ↑我が家の日本サクラソウ ↑我が家の雲南黄梅 ↑我が家のナデシコ ↑我が家のチロリアンランプ 長年の常連さんのDさんが急逝された。Kさんに連れられてお別れに伺ったが、妙に明るいお嫁さんに訪れた人たちも救われているようだ。 帰路、連休を前にいつもの内科にいつものお薬を頂きに行った。メチャメチャ混んでい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

心ほのぼの

↑我が家のシャクナゲ ↑我が家の小花クレマチス 娘が、数々の衣類や食料品と共に、「可愛いからお店に飾って!」と子犬の縫いぐるみを送ってくれた。 コベルと名付けたこの子は、ファスナーを開けると貴重品が収納できる仕組みで、私は秘密のSDカードをしまい込んだ。私の死後のお愉しみとゆう趣向である。 しかしながら、そのコベ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

時間が足りない

↑我が家のコデマリ ↑インゲンの植え付け 昨日は、朝方は雨だったが昼間は絶好のガーデニング日和とだった。 小さな雑草を引き、インゲンの苗を植えこみ、綺麗に咲いた鉢物を通りかかった人の目につくように動かしていると、あっとゆう間に数時間が過ぎてしまった。 いつも感じていることだが、外仕事をしていると本当に時間の経過が早い…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

心が動く

待望のピンクのボタンが2種とも開花した。今の我が家の庭では一番美しい。 しかるに、昼近くになると雨足は増える一方で、大輪のそれらは早くも首を傾げ始めた。 傘を差そうかとも思ったが、これも又ボタン達が負うべき定めのようなものかもと放置した。 これって手首骨折のための心境の変化かもしれないと思ったりしながら。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

花に救われ

昨日、やっと左手のギブスが外れた。40日ぶりに見た自分の左手は、あまりにも生白く細く、静脈がくっきりと浮かび出て正視に耐えなかった。 レントゲン検査の結果、正常に復帰しているのでこれからはどんどん使いなさいと言われたが、ちょっと力を入れただけで泣きたくなる程痛い。 そんな私の惨状とは正反対に、咲き始めの裏庭の白藤が素晴ら…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

嬉しかった事

↑我が家の君子蘭 ↑我が家のアロエ ↑我が家のオキザリス ↑我が家のオルレア ↑我が家のドイツスズラン 夫の仲間だった便利屋さん達が、夫が残してた工具類の全てを買い上げてくれた。 8畳一間を埋めていた物全てを運び去り、最後は壊れた建具も綺麗に直してくれたのだから本当に有り難い。 これで次の代の人に少しは安心して…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

喉から手が出そう

↑我が家のアイリス2態 ↑我が家のボタン 接客中、自分らしく生き生きと生活するために一番必要なものは何か?とゆう話になり、Fさんは「お金だと思う」と即答した。 Nさんは「美貌」Bさんは「技術」。との事。 当然私も問われた訳で迷わず「健康」と答えると、即座に「そういうと思ったよ」と全員に言われた。 「あんたの…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

究極の気分転換

↑我が家のスバラキシス ↑我が家のアジュガ(十二単) ↑我が家のオダマキ カットの真最中、Mさんがいきなり叫んだ。「あ~~もぉ~~」 「何?なに?」 「私この頃、ずっとイライラが止まらないのよ。 ヒステリーかなあ?」 「待って待って。良いものがあるよ。一緒にやろうよ。」 私はいつものように、苛苛処理箱の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

双方立てればこちらが立たず

今年はライラックがかなり不作である。花数も極端に少なく、そのサイズは例年の半分程しかないのだ。香りも弱く、例年通りの扱いなのにどうして?と、思わず呟いてしまう程である。 園芸店で売っていたからとYさんがきゅうりの苗を一本置いていってくれた。 早速花壇に植えこんでいるとそれを見たKさんは、「ここの家の分まで種を撒いてあるのに。あ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

これって褒め言葉?

↑我が家のカランコエ2態 ↑我が家のラナンキュラス ↑我が家の菜の花 ↑我が家のアネモネ 東京オリンピック開会式まで、残すところ400余日となったが、式場でナマのプロジェクションマッピングを楽しむのが私の悲願である。 それまでは何が何でも死ねないと、カットで来店したYさんに話すと、「絶対大丈夫だよ。パーマやさんなら…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

悲しかった事

↑我が家のダッチアイリス ↑我が家の三つ葉つつじ ↑我が家ンのシャクナゲ ↑我が家のキンギョソウ ↑我が家のガザニア 3-4キロ先の眼鏡屋さんに、新しくオーダーした眼鏡をタクシーで取りに行った。 帰路はバスを利用するつもりでバス停に行き、時刻表を見ると次の便は30分程先だった。 待つのは嫌なのでタクシーをと思い…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ごめんよベル

↑畑の大根花 ↑我が家の松葉菊 ↑我が家のボケ 我が家のピンクタンポポ ↑我が家の矢車草 昨日は営業を開始して初めての定休日、目が覚めたのは11時だった。 慌ててベルの所に飛んでいくと、玄関引き戸の前で足踏みをしながら私を待っていた。いつもなら3時から4時の間に起こされるのに、おそらく声もあげずに懸命に排泄を我慢して…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more