テーマ:バスツアー

嬉しかったこと

↑我が家のグロリオーサ 一昨日のツアーで、ちょっと嬉しい出来事が一つ。 通路を挟んで私たちの左隣に座った年配の女性が、どうやらバスに酔ってしまったらしい。 太海フラワーセンターまで我慢しますと、額に脂汗をにじませながらも懸命に嘔吐をこらえている様子が痛ましい。 私は車酔いをしないので手持ちの薬はないし、添乗員さんはは…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

がっかりした事

バスツアーの宿命と判ってはいても、その慌ただしさは想像以上で、実につまらないバスドライブだった。 楽しみにしていた太海フラワーセンターの花はあまり綺麗ではなく、何より昼食を兼ねて1時間とゆう短さでは、海を見るのが精一杯で温室に入る余裕もなかったからだ。 もう一つの立ち寄り先、あじさい寺のあじさいは殆どが枯れかけて良い所な…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

バイキングとハイキング

↑我が家のラナンキュラス Hさんがバスツアー土産の温泉饅頭を持ってきてくれた。お客様もいなかったのでお茶を入れて共に頬張った。名物だけあって甘さ控えめでとても美味しかった。 「食べ放題、美味しかった?」「それがね~え」私の問いにHさんは待ってましたとばかりに話し出した。 「Kちゃんがバイキングって言うから楽しみに行…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

遠くに行きたい

↑ネットより 夫が軽い白内障と診断された。日帰り手術で完治するから心配はないそうだが、気が小さい夫はかなり落ち込んでいるようだ。 まだ症状が出始めたばかりなので、手術はもう少し視野が狭くなってからと言われたと、 まるで処刑を待つ囚人のような顔をしているので、山にでもドライブしようと誘ってみた。 運転は辛いだろう…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

カモメに動揺

初島から熱海港に向けてクルージング中、カモメの大群に驚かされた。後尾デッキに立っていた女性が食べていたスナック菓子を狙って集まってきたのだ。 しかしながら、若しかして私に惹かれて後を追ってきてるのかも知れない等と考えると、その自信過剰がクレージーなのは重々承知だが、矢張り切なくなってくる。 女性の菓子がなくなってもず…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

いざ 初島へ

↑ネットより 昨日、Mさんが、「明日は5時半に迎えに行くからね」と電話してきた。多分雨だろうからあまり楽しめないかもしれないねえなどと話しながら、それにしても5時半は辛いなあと思った。 5時半は私の起床時間だからだ。熊谷駅6時半出発だからどうしても5時半には出なければ、駐車場を探したり、何かトラブルがあると対処する時間…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

バスツアー

今朝は積雪5センチ。過日の雪より多い。どこもここも醜いものは全て隠されて頗る綺麗だ。 みんなが臭いものに蓋をすれば、世の中外見はこんなに綺麗になるのだと感じた。そして全ての本性が暴かれた時を想像するとそれはそれは恐ろしいものだ。 昨日Mさんから突然電話が入った。申し込んだツアーのパートナーが行かれなくなったから代わりに行…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

フラと太鼓と、、、

昨日のバスツアーは予想外の楽しさだった。絶景とか花の群生とかには、恵まれなかったが、久し振りにナマの太鼓やフラダンスに触れ血が踊った。 歳だから膝が痛いとか疲れたとか、この頃自分でもかなり愚痴が多くなったと感じていたが、こんな光景を見せられるといやが上にも動きたくなってくる。 ツアーなので見物時間に厳しい制約があり、…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

海に行ける!

Mさんがバスツアーに参加しようと言い出した。かなり安いし日帰りだし、パンフを見ると海の空気に触れられる様なので快諾した。 海は何ヶ月ぶりだろうか。産まれてから結婚まで、ずっと海の近くで育った私には海の空気は大きな元気をくれるのだ。 小名浜って何県?と夫に聞いたらお前は馬鹿かと笑われた。福島ならそう遠くはないし、歓迎太…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

時之栖のイルミネーション

過日参加したバスツアーで、河津桜と並ぶもう一つの呼び物が時之栖のイルミネーションだった。私は3回目だが、毎年デザインが違うとゆうのでとても楽しみだった。 光のトンネル自体はあまり変わらなかったが、長さがかなり延びたようで、トナカイの引くソリと共に色々なオーナメントが飾られ、割り当てられた60分はあっという間に過ぎてしまった…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

秩父宮記念公園

過日のバスツアーで、御殿場の秩父宮記念公園に立ち寄った。広大な林の奥に大きな茅葺き屋根の母屋があり、周囲に見事な桜の古木が点在して、やんごとなき方のお住まいらしくなんとも雅な趣だ。 満開になったらさぞ壮観だろうと周囲のツアー客と話しながら、足許に咲くクリスマスローズに癒され、その静かな佇まいに出来ればもう少…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

見えなかった富士山

昨日のツアーはかなりのハードスケジュールだったが、山の雰囲気が充分楽しめたのは嬉しかった。 しかしながら「富士をバックに河津桜と菜の花のコラボ」が売りのコースなのに、曇天のために富士が全く見えなかったのはとても残念だった。早春の松田山は物凄い人間ラッシュで、ろくな画像も撮れなかったが、それでもその美しさは胸に焼きついたので…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

母成峠 万葉の庭

過日のツアーでの立ち寄り場所の一つ、母成グリーンライン「万葉の庭」の趣ある風情はとても印象深かった。土方歳三も戦ったという母成峠での絶景も素晴らしいが、福島県内の山野草愛好者達で作られたというこの自然植生観察園は、万葉の昔を髣髴とさせるものがあり離れ難かった。 開花のピークは過ぎていて、僅かにトリカ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

土湯温泉

過日のバスツアー中、土湯温泉街で数分間の休憩をした。ひなびた温泉街で印象は決して悪くないのに、何故か閑散としていた。 ジャンボこけしが有名だと聞いていたが、ただ単に大きいだけと言う印象で、到底呼び物にはなりそうもなかった。しかしながら遠くに連なる山々の稜線は実に素晴らしい。判らぬながらも知恵子抄の安達太良山…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

蔵王エコーライン

離島ミステリーツアー1日目の内容は、余り充実したものではなかったが、蔵王エコーラインドライブは大満足だった。 宮城県側から赤い鳥居をくぐって登り始めたが、峠に近づくにつれて霧が深くなり、1-2メートル先も見えなくなった。そんな深い霧の中の「霊場さいのかわら」はこの世のものとは思えぬ一種異様な佇まいだった。 山…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

歩いていけない投票所

↑今年三度めの開花我が家の藤 今回の選挙の投票所が変更された。従来の歩いて5分の所からおよそ1キロ程遠くなった。 予算の関係とかで3ブロックが一つの投票所に統合されたらしい。近所のお年よりはもう行かないと言い出した。その数が余り少なくないのは困った事だ。 予算のためと言われれば反論できないが、それならもっと他に削る…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ちょっぴり嬉しい事

ネット友達ぐーまさんのブログで、なばなの里のイルミネーション画像を見て、あまりの美しさに驚いた。話は前から聞いていたので、知人に誘われるままバスツアーの申し込みを済ませていたのだが、当人が事故で入院してしまったので、来年を待つ事になっただけに、執着心も強かったのだ。 そんな時、友人Mさんが一泊バスツアーで神戸ルミナリエを見…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

腰痛と膝通と

↑帰りに持たされた土産の一部 昨日のミステリーツアーはかなりの強行軍で、夫も私もエコノミークラス症候群よろしく、バスを降りた時はフラフラする始末だった。座席スペースが狭い上に、走行時間が長すぎたからだ。 想像通り行き先は新潟で、添乗員さんの名調子が素晴らしく、ツアーそのものは楽しめたのだが、いかにせん忙しすぎで、絶景もご…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

ミステリーバスツアー

夫がミステリーバスツアーに行こうと言い出した。職場で同僚との話題に上ったとかで、以前参加した時の面白さを思い出したらしい。バスツアーは時間が限られていて忙しいので、私はあまり乗り気ではないのだが、断る理由もないので申し込んだ。 パンフのキャッチフレーズから新潟方面の様な気がしたが、行き先は考えない方が楽しいからと話し合った…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ミステリーバスツアー

来月の話だが、友人とミステリーバスツアーに参加する事になった。ミステリーツアーは何度か経験しているが、そのスケジュールはいつもかなりの気忙しさだ。 今回も2008年うるう年ミステリーと言う事で、日帰りなのに9大ポイントもうたわれていて、過密行動ぶりが容易に想像されるが、“巨大○○○○”と“まるで別世界!ヨーロッパの古城へ”…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

八ヶ岳 ハイジの森

過日参加したバスツアーは、種々の煩わしさはあったものの、高原のイルミネーションの素晴らしさが、それを補って余りあるものがあった。 都会のイルミネーションは、周りがビルのためか箱庭的な美しさだが、山の稜線がバックのハイジの森のイルミネーションは、スケールも大きくメルヘンチックで、星空とのコントラストも絶妙だった。 この…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

裏磐梯の紅葉

昨日のバスツアーは、雨と風に祟られ散策も出来ず、撮った画像は殆どが車窓からという悲惨な紅葉見物だった。 ツアー自体は添乗員の努力もあり楽しかったが、やはり中津川渓谷は下まで降りたかったし、安達太良高原は散策しなければ本当の良さは味わえないと思えた。 三件の事故現場に遭遇した事も想定外だった。山道で大木が折れて倒れてき…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

雨中のバスツアー

今日は紅葉バスツアーで中津川渓谷行きの日だが、生憎外は雨である。おまけに台風まで接近中だ。 このツアーは、運転に自信がないからとの夫の希望で申し込んだものだが、明日は晴れるというのに今日は雨というのも皮肉な話だ。 どんな場所でも雨には雨の良さがある。紅葉は濡れれば彩度が増すと夫は言うが、折角の渓流なら青空との対比が欲…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ミステリーバスツアー

昨日はミステリーツアーに参加した。熊谷駅に8時集合、行き先を告げられぬまま花園から高速に乗った。長野か新潟かとバスの中は行き先を当てようとする人達で活気が溢れていて楽しかった。 新潟行きが判明して本当は千葉が良かったのにとバス内が騒がしくなりかけたが、長いトンネルを抜けるとそこは雪国で、まさに川端文学そのものの風景にどっと…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

アズマイチゲ

昨日の朝早く、ツアー参加を代わって欲しいと急な電話が入った。行き先は秩父だという。立ち寄り先が先週行った所とダブるので、ちょっと躊躇したが結局参加した。 第一の立ち寄り先荒川村の座禅草は、想像とは違って花自体がとても大きく、林の中に群生しているサマが見事で大満足だ。 次に立ち寄った民宿での食事は、お蕎麦が苦手な私はあ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more