寂しき定休日

画像

馬鹿にしていたのだがヒビが入った肋骨が動くとメチャ痛い。動かなければ何も感じないのだが、立ち上がる時は地獄だ。

それが嫌で立ってテレビを見ていたら足元が冷える。炬燵に入りたいのだが、立ち上がるのが怖くて入る気になれないのだ。

そんな私に夫の甥が座椅子を持ってきてくれた。炬燵にコーヒーもポットも全て用意して極力立たないで済むようにして座っていればいいというのだ。

少し寒いが、定休日だからベルのために玄関は明け放して出入りを自由にさせ、電話と玄関チャイムは無視を決めこんだ。

炬燵に潜り込んで座椅子を使うと確かに楽だが、 これではまるで寝たきり老人だと、情けなくて涙が出る思いなのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

"寂しき定休日" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント