戻ってきた日常

画像
↑我が家のウインターコスモス

ベルが帰って来た。 僅か4日間だが、彼のいない日々は何も手につかず、極めて落ち着かない状態だった。

ベルがお尻の始末をされるのを極端に拒否するようになったのは半月ほど前の事だ。 何があったのか判らぬまま、強引に拭いたりカットする私をすまなそうに噛むようになり、それでも強行すると敵意むき出しで唸り声をあげ噛みついてくるのだ。

何度か耐えていたが、皮膚科の先生に「もう少し傷がそれていたら神経が切れていた」と言われ、遊びに来た友人やお客様のEさんが噛まれた事もあって、いつもの獣医さんに相談してみた。

直ぐに飛んできてくれた先生は、「何日かお預かりして教育してみましょう。 その間にお尻の始末もしておきますから。」と言ってくださった。 

そして昨日の帰宅に至ったのだが、私はまだベルの背後には回っていない。 もしもまた噛むような事があれば、またしばしお別れになると思うと、お尻には触れられないのだ。

今日からまたベルとの生活が始まる訳だが、ハラハラドキドキと極めて刺激的なのである。 

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。  




"戻ってきた日常" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント