人間だれしも自分第一

画像

生協とコンビニだけの食生活に飽きて、昨日は半月ぶりにスーパーに買い物に出た。

寒風の中、途中の福川土手に黒い猫が一匹座り込んでいて、橋の上では数人が集まってそれを見ていた。 捨て猫だったら可哀想だと話していたが、誰も降りて行って救い出そうとはしないようだ。

私はと言えば、やはり寒いので気付かない振りをしてスルーしてしまった。 心なしか丸々と太っているように見えたので、飼い猫が散歩しているのかもしれないと自分に言い訳しながら。

所詮人間の猫に対する気持ちなんて、私を含めてこんなものなのだと、心中やり切れぬ思いを抱いた出来事だった。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。

"人間だれしも自分第一" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント