噴火いろいろ

画像

画像
↑2011年夏の白根山

草津白根山が噴火したとテレビが報じていた。 正確には本白根らしいが信じられぬ思いである。 本白根は絶対に噴火しないと思い込んでいたからだ。 

エメラルドグリーンの湯釜がある白根山だと思ったのは、多分私だけではないだろう。 この白根には数々の思い出がある身としては感慨深いものがある。

強い硫黄の匂いを感じる山の中腹や、整備が行き届いたスキー場の雰囲気が、昨日の事のように蘇ってくるが、思い起こせば最後のドライブは6年も前の事だ。

数年前にも、噴火のニュースがあったような気もするが、どうか被害が出ませんようにと祈らざるを得ないのである。

比較にはかなりの無理があるのだが、噴火と言えば私の食欲も噴火寸前である。 とにかく喉元までいっぱいになるくらい食べたいのだ。

しかも、食指が動くのは高カロリーのものばかりと言うのも、危険この上ない現象である。 何かのストレスの反動だろうか。 欲求不満の極みである。

自然現象も人間の現象も、噴火は極めて危険だと感じた出来事だった。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。


 

"噴火いろいろ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント