日々を楽しく

画像
↑ビフォー
画像
↑アフター

一昨夜の入浴時、何気なく脱衣所の天井を見あげるとあまりのレトロさに悲しくなった。

湯につかりながら、「明日の定休日には何が何でもペンキで塗りつぶそう」と決め、昨日塗り始めたのだがハードすぎて投げ出したくなった。

脚立の上段に登れば頭が天井に着いてしまうし、中断だと手を上げるためにペンキが手首を伝って流れおちてくる。その上腕も肩もだるくなってくるのだ。

今日の仕事に差し支えると困るので、下塗りの段階で中断した。次の定休日に仕上げ塗りをしようと思ったのだ。

そして昨夜、同じ様に天井を見上げて多少の斑はあるもののこのままで終わらせても良いように思えてきた。どうせ家全体が古いのだから、脱衣所だけピカピカにしなくてもと妥協したのだ。

塗らなくても良いと決めると途端に気持ちが軽くなり、気が重かった定休日が待ち遠しくなった。人間気持ちの持ち方で万事楽しくなるものだと感じた出来事だった。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。

"日々を楽しく" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント