困ったなあ

画像
画像

ここ数日、何故か来店者がかなり多い。ゆったりした接客ペースに慣れている身にはかなりハードである。

昨日は朝7時半に予約が入っていたため、ベルの散歩を途中で切り上げてしまった。必死で抵抗するベルを強引に引き戻したのだ。 仕事の事を考えると余り遠くまでは行きたくなかったのである。

不本意ながら従ったベルは、帰宅早々キッチンのテーブルの下に潜り込んで動かなくなった。手足も顔も雨上がりの道路を歩いたために泥だらけなのに。不満を訴えている積りなのか、大好きな牛乳を与えても出て来ようとしないのは私には初めての経験である。

何よりも散歩を楽しみにしている彼の気持ちも判らないではないが、私とて仕事を前に疲れる事は避けたかったのだ。

色々な好物を示して機嫌を取っている内にバカバカしくなって、「勝手にしなさい!」と私は店の掃除を始めた。

掃除を終えて朝食を取ろうとキッチンに帰るとベルの姿はなく、片隅に置いた昨日収穫した小玉スイカがかじられていた。スイカ大好きのベルの仕業である。

ベルは聞き分けの良い子で、今までは絶対にこの手の悪戯はしなかったのに、散歩が打ち切られたのがそれほど口惜しかったのだろうか。

加齢に比例してこれからはこの手のトラブルが増えるだろうし、言葉が通じないベルのレジスタンスを思うと、限りなく落ち込んでしまうのである。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。



"困ったなあ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント