気をつけなくちゃ

画像
↑我が家のジニア(百日草)

暑くならない内にと、昨朝まだ早いと渋るベルを急き立てて散歩に出たのは5時だった。国道に出ると後ろから熟年夫婦が勢いよく手を振りながらリズミカルに歩いてきた。

何度か会っているので目礼を交わし、排尿するベルを待って立ち止まっている内にお二人はどんどん遠のいて行った。

いつもの場所でベルが排泄し、いつもの場所に穴を掘って埋め込んでいると、けたたましくサイレンを鳴らして救急車が走って行き、直ぐ後をパトカーも走り去った。

何も知らぬ我々が呑気な顔をしてコンビニの前まで帰ってくると、○○会社の横でおじいさんとおばあさんが通過した自転車にぶつかって大怪我をしたらしいと、通りかかったHさんが教えてくれた。救急車とパトカーはその事故のための出動らしい。

国道の狭い歩道は、確かに通学や通勤の自転車が猛スピードで通り過ぎ、いつも危ないと感じてはいたが、いつものあのご夫婦がと思うと無性に怖くなった。

しかし昨日は日曜日である。自転車はそんなに急ぐ必要があったのだろうか。朝からやりきれない思いの出来事だったのである。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。



"気をつけなくちゃ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント