夫婦なのに

画像
↑頂き物の胡蝶蘭

シャンプー時に首を強く持ち上げてくれるお客様は意外に多い。襟足のシャンプーを楽にしてくれる積りなのは判るのだが、洗う方は正直洗い難い。不自然に力を入れられると重くて無駄な体力が必要で疲れてしまうのだ。力を抜いて全てを任せて頂くのがベストなのだが、、。

そんなシャンプー客が3人続いた昨日、ちょっぴり疲れて甘いものが欲しくなり、仏壇のチョコを口に入れた。バレンタインに息子へと仏前に供えたものだ。

それを見た夫は「珍しいなあ!」と言った。確かに私はあまりチョコを食べない。嫌いではないのだが太るような気がするからだ。「シャンプーの時首を動かすお客様が多くて疲れたから、、」と答えた私に「この頃愚痴が多くなったなあ。客の悪口は気を付けた方が、、、」

悪口というより夫婦ゆえの愚痴なのだが「遊んでいる人には所詮この疲労感は判るまい」と内心カチンときた。「他の誰にこぼせるのよ?」と情けなくなったのだ。私も嫌味な女に成り下がったものである。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。

"夫婦なのに" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント