賢女が二人

画像


Oさんにきんぴらごぼうを頂いた。ちょっぴり甘めだがトウガラシがピリリと効いてとても美味しかった。

Oさんは口八丁手八丁で地域ではリーダー格だ。人寄せのお料理作りは自然に彼女が指揮する事になり、味付けは無論の事ゴボウの切り方まで彼女の指示が飛ぶのだ。

Pさんに頂いたことを話すと、即座に「あんなもの、、、」と吐き捨てた。居合せたHさんがPさんの帰宅後こう言った。「あんたも馬鹿だねえ。PさんとOさんは張り合っているんだから、聞いたら面白くないっしょ」

いつになってもこの地域の人間関係には慣れない私なのだ。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。

"賢女が二人" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント