可愛い天使がくれたもの

画像
↑我が家のヤグルマソウ

赤ちゃんを抱いた初めてのお客様が来店した。赤ちゃんはどう見ても男顔だ。くっきりした目鼻立ちで全体に凛々しさが感じられたからだ。

しかし私には赤ちゃんを褒めようとして、過去に何度か失敗している経験がある。男の子に女の子の褒め言葉を使ってしまったのだ。

「赤ちゃんにしたら素敵な髪質ですね。大きくなったら綺麗なヘアスタイルが出来ると思います」とか「ピンクがお似合いですね。昔から色が白いと七難隠すと言いますが、色白で綺麗なお肌ですねえ」等々である。

そこで私は心に決めた。無理に褒めなくても、完璧なカットをすればそれでいい。客に媚びる必要はないと自分に言い聞かせたのだ。随分力んでいたものだと後で考えれば噴飯物なのだが。

ママは一言も言葉を発しないし、赤ちゃんもすやすや眠ったままで、ハサミの音だけが響く気まずい静寂の中、いきなりかなり大きな音で赤ちゃんがガスを発した。「ブワーーン!!!」みたいな。

私とママは思わず顔を見合わせ吹き出してしまった。変な空気は一瞬にして吹き飛び、カットも快調な仕上がりを見せ、初めての客は笑顔で帰ってくれたのである。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。

"可愛い天使がくれたもの" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント