退屈しのぎ

画像

雪と雨が続き、2日続いて家に閉じ込められた夫は流石に退屈し始めたようだ。こんな時でもないと出来ないからと、いきなり風呂場の掃除を始めた。息子亡き後一年以上使っていない風呂場は汚れてはいないものの、開けた途端に黴の匂いが鼻を突いた。

ついでだからと我々の風呂場も洗い始めたが、これは私も洗っているので簡単に終わったようだ。

これだけでは物足りないとトイレも始めたが、家中の4か所を終わらせると、今度は外のトイレに手を付け始めた。家の中が簡単だったので気軽に始めたようだが、これがなかなかの汚れようだ。

何年も使っていないので、外も中も蜘蛛の巣だらけで埃は1センチ以上積もっているようだ。便器は綺麗だがそれも又陶器の白が埃でグレイに代わっていた。木製のドアも古びて今にも朽ち果てそうな感じで、掃除する気がなくなったのか夫は解体しようと言い出した。

畑仕事も減らすつもりだから、外のトイレは必要ないというのだ。反対する積もりはないが、何も雨中に初めなくてもと慌てて止めてもらった。思い立ったら決行したい性格は私も同じだが、いかにせん唐突すぎるからだ。

しぶしぶ家に入った夫は、やみそうもない外の雨を恨めし気に眺めながら、解体した場合の廃材の処理方法を、電話で義弟と相談し始めたのである。

そんな様子を眺めながら、男は家事に追われる事もないから、思い立った事がすぐ始められていいなあと、僻みたくなる思いの出来事だった。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。

"退屈しのぎ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント