愛犬の吹き出物

画像


ベルがしきりに前足を舐めるので、よく見ると小さな吹き出物が出来ていた。痛くも痒くもなさそうだが、かなり気になるらしく暇があれば舐めているのだ。

心配なので病院へとも思ったが昨日は日曜日で休診である。今朝はあまり気にしていないようだが、そっと触っても嫌がろうともしないので、診察は後日でもいいかとも考え始めた。

大体一ヵ月半に一度くらい、お尻の毛を刈り込んで貰っているので、次回に一緒に見て貰おうかと思ったのである。毛が長いので、固まって排泄できなくなってしまうからだ。

ベルにはトラウマがいくつかあって、バリカンの音に敏感なのもその一つだ。我々の所に来るまでに何かがあったのだろうが、バリカンを使おうとすると、飼い主と言えども噛み付かれかねないのだ。

悪性の腫れ物なら急を要するだろうと色々検索してみたが、私の力では芳しい解答が見付からず、結局月末を待って両方共にお願いする事にしたのだが、それでも大丈夫かと心配になったり、なんとも落ち着かない気分なのである。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。

"愛犬の吹き出物" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント