安曇野 工房アースさんのトンボダマ

画像

画像

画像

画像

過日参加したバスツアーで立ち寄った、安曇野大王ワサビ田の蜻蛉玉(トンボダマ)のお店の作品が、5日を経た今でも鮮明に脳裏にこびりついて離れない。どれもこれも兎に角可愛いのだ。

短い滞在時間内に水車や水の流れを撮り捲くり、バスの発車まで7分と迫った時に視界に飛び込んできたのが、綺麗なガラス製品がならんでいた可愛いお店だ。

居合わせた感じのいいお姉さんに撮影許可を求め、厚かましくも「ブログにアップしていいですか?」と問うと、快諾してくれた上に可愛い名詞まで渡してくれた。

残り時間7分だよと我が身に言い聞かせながら、慌ててシャッターを押し続けたが、こんな撮り方では作品の本来の魅力を伝えられる筈もなく、工房アースさんにはかなり失礼な行為になってしまった事をお詫びしたいと思います。

いずれ日を改めてゆっくりとお邪魔したいと思っています。ご好意感謝します。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。

"安曇野 工房アースさんのトンボダマ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント