草津白根山

画像

昨早朝義弟から電話が入った。腰痛に悩む夫のために草津温泉で日帰り湯治をしようというのだ。

私は兄弟二人で行くように勧めたが、夫が温泉に入っている間に白根山を走ってくれるとゆう義弟の言葉に嬉しくなって、急遽同行する事にした。

埼玉を出る時は小雨だったが、草津近くになると曇天に変わり、夫を温泉場に残して白根山に登った時には、時折青空も顔を出すとゆう複雑な空模様だ。

山を一走りして夫の元に戻ると、温泉で体がふやけそうだと笑顔でマッサージ椅子に座っていた。 あまりの上機嫌さに、きっとお盆の疲れが取りきれていなかったのだろうと、ちょっぴり可哀相になった。

私はといえば、数ヶ月ぶりに接した山の空気にこれまた生き返る思いである。夫は折角草津まで来たのだから温泉に入れと勧めるが、私は温泉にはあまり魅力を感じず、そのままベルの待つ家に帰宅した。

久し振りのロングドライブにいささか疲れはしたもの、温泉街で買ってきた入浴剤を多めに入れて、おうち温泉で充分疲れを取り去ったのである。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。

草津白根山のスライドショーをアップしました。こちらからご覧頂けると嬉しいです。

"草津白根山" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント