うるさい奴

画像
     ↑今が見頃我が家のパパメイヤン

昨日は蒸し暑い一日だった。風を通したくて家中の戸を開け放ち網戸を入れた。理屈では外からは蝿一匹入れぬ筈なのだが、何故か一匹だけ入り込んだ蝿が、いくら追っても逃げ回り蝿叩きで叩いてもするりと抜けては、嘲笑うように私の眼前を飛び回る。

いい加減焦れてきた私は、スプレーの殺虫剤を使おうとしたが、場所がキッチンなのでなんとなく躊躇われてグズグズしていると、丁度私の足元に座っていたベルの足首に留った。

間髪を入れず蝿叩きで叩くと、ベルの長い毛の中で蝿は見事にしとめられていた。私はしてやったりと至極気分が良くなったが、いきなり叩かれたベルは理由が判らず、キャッと悲鳴をあげて「僕が何か悪い事した?」みたいな表情で私を見上げた。

「あのねベル、、、、」私はいい子いい子をしながら一生懸命理由を説明したが、当のベルは理解できたのかどうか、話の途中で大きな欠伸をすると、いきなり水を飲みにお風呂場に走り去ったのである。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。

"うるさい奴" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント