骨波田の藤

画像


昨日の早朝、どうしても眠れないと夫が起き出してきた。息子の傷もまだ癒えてないのだろうか、この頃こんな事が多くなったようだ。

「いっその事店を開ける前にどこかに行くか?」と言い出したので、少し早いとは思ったが藤でも見に行こうかと車に乗り込んだ。 早朝の農道は空気も澄み切ってとても気持ち良く、40分ほどで付いた寺には既に先客がいて驚いた。

年を取ると朝は寝ていられなくてねえと、先方さんも苦笑されていたが、充分撮影を楽しまれたらしく、奥は綺麗ですよと教えてくれた。

6分咲だろうか。本来なら地面に先端が付く程長く延びるのがここの藤の特徴である。それでも藤独特の甘い香と早朝の澄んだ空気とが、充分に重かった心身をほぐしてくれ、1時間ほどぶらついて直ぐに帰宅した。

いつものようにベルと3人での朝のコーヒータイムも楽しく、一日は何事もなく静かに過ぎ去ったのである。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。

藤のスライドショーをアップしましたこちらからご覧頂けると嬉しいです。


"骨波田の藤" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント