心の病気

画像
↑我が家のオオデマリ

常連のVさんが、カット中のBGMを止めて欲しいと言い出した。無論即座に有線を切ったが、「こんな事をいうのは私だけでしょ?」と唇をゆがめた。確かに初めて言われた事だが、私は別に全く気にならないと答えた。特に気を使った訳ではなく、カットだけの時間など極めて短いし、どちらでもいい事だった。

Vさんは問わず語りに話し始めた。最近非常に音に敏感になってしまって、ご主人の物を食べる音や足音がたまらなく嫌で、耳鳴りのように自分に迫ってくるような気がするというのだ。逆に余り静か過ぎても、自分の息遣いに怯えてしまうという。

聞いていてちょっと可哀相になった。かなり迷ったが「それって心療内科か神経科に行った方がいいような気がする」と言いだしてみると、意外にも彼女は「やっぱりそう思う?自分でもそんな気がしたのよね」と素直に頷いた。

次のカットの時には、病院の結果を話せると思うからと、彼女は心持ち明るい表情になって帰っていったが、思わず深いため息が出た出来事だった。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。

"心の病気" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント