犬の車酔い

画像


昨日は異常なほど温かく、散歩にはもってこいの陽気だった。夫の軽トラにベルを乗せ、利根川土手まで行こうと走り出したが、予想通りベルは車酔いのため途中でダウンだ。

僅か10分程の道のりなのにと情けなくなったが、私とベルは一キロ程を利根川に向ってとぼとぼと歩き、夫は先に行って土手の空気を満喫していた。

土手の下の桜並木を歩いていると、花見に来た町内の顔見知りから水を貰ったベルは、元気を取り戻して土手の上に夫の姿を見つけて一気に駆け上った。

リードを離してはやったものの、夫の手に無事渡るまでは冷や汗ものだったが、ベルはわき目も振らずに夫の懐に飛び込んだ。いつもながら可愛い奴だ。

帰路は又途中まで2人で歩き、降りた場所で拾ってもらって帰宅したが、家に着くと直ぐに嘔吐を繰り返した。一体いつになったら車に慣れてくれるのか、背中を撫でてあげながら不安になった私である。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。

"犬の車酔い" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント