腰痛と膝通と

画像

↑帰りに持たされた土産の一部

昨日のミステリーツアーはかなりの強行軍で、夫も私もエコノミークラス症候群よろしく、バスを降りた時はフラフラする始末だった。座席スペースが狭い上に、走行時間が長すぎたからだ。

想像通り行き先は新潟で、添乗員さんの名調子が素晴らしく、ツアーそのものは楽しめたのだが、いかにせん忙しすぎで、絶景もご馳走もゆっくり味わう暇がないのは残念だった。

上原のコスモスは4分咲き、広い丘に花数が少ないので寂しさは否めず、弥彦山の山頂からの眺めは霧に包まれて視界はゼロに等しかった。その上、燕三条の食器展示館は何度か経験済みだし、寺泊の買い物はあまりの混雑振りに辟易だった。

一番印象深かったのは車窓からの田園風景で、黄金色の田んぼがどこまでも続くサマは本当に見事だった。

お土産も帰りには海産物詰め合わせのお土産を一箱ずつ、その上マンゴー、マツタケ、新米等々のプレゼントもあって、これで採算が取れるのかと心配になってしまうほどだ。
料金を考えると充分満足のいくツアーだったが、一夜明けた今も下半身の違和感は消えず、
今日の仕事が心配される我々夫婦である。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。

"腰痛と膝通と" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント