夫のここが判らない

画像

↑請われてもあまり貸したくない私のコンデジ

夫は昨日仲間3人と高尾山に紅葉狩りに行ったが、コンデジを落としてしまったという。

折角行くのだから、絶景を撮ってきてと私が頼んだから嫌々持参したと、紛失の理由を私にかぶせてきた夫は、失くしたらもう撮らなければ良いと、実にあっけらかんとしたものである。

絶景は体感すればいいもので、別に映像に残さなくてもと恬淡としている夫を、何か異星人を見る思いの私は、「どうせ直ぐに失くすのだからもう買わなくてもいいよね」と皮肉の積もりで切り替えしたが、「うん どうしても必要な時はばあさんのを借りていくから」と何も感じていないようだ。

全てにおいてこんな感じの夫を持つ妻は、日々苦労が尽きないものだ。あんな滑りやすい物をポケットに入れれば、滑り落ちるのは火を見るより明らかなのにと、夫へのもどかしさを禁じ得ない私である。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。

"夫のここが判らない" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント