モンスターマザー

画像

↑画像は記事に関係なく昨夕の曇り空

17歳の男子社会人がカットで来店した。
一人ではなく母親が付き添って来た事にも驚いたが、本人が全く自分の意思表示をしない事には怒りさえ感じてしまった。

「前髪はどんな風に?」「そうねえ この子の場合は、、、」全てがこんな調子だ。「お母様、ご本人にお聞きしてはいけませんか?」「あなたねえ、、、、」 母親のマシンガントークが始まった。

本人より母親の方が、ずっとより良いヘアスタイルを知っていると主張しまくる彼女を尻目に、私も強気でカットを終わらせてしまった。

最悪の場合、次の来店はないかもしれないが、それでもいいから早く終わらせたかった。

どうやら何とか気に入って貰えた様で、「さあ 帰りますよ」と息子を促した彼女は、「大丈夫よ。ママは気に入ったから安心なさい。」と彼の肩に手をかけた。

この種の経験は初めてではなく、成年女子に付き添う父親等、この頃の社会現象は腹立たしくも面白い。何となく不快な思いを感じながら、半ば呆然と彼らを見送った私である。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。

"モンスターマザー" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント