犬の思惑

画像


我が家の愛犬ベルは時々嘘をつくのが欠点だ。毎朝晩、夫との散歩はベルにとっては無常の楽しみらしいが、昨日は帰宅が遅くなるからと、夫は夕方の散歩を私に託して出掛けていった。

指示通りに私は2キロ程ベルを連れ歩き、排泄も済まさせて夫の帰宅を待ったが、帰宅時には私が仕事中で、夫とは言葉を交わす事もなかった。

仕事を終わらせ奥に行くと、夫もベルも姿がなく、室内用の軽いリードが置かれている所を見ると、散歩用のものに変えて又もや散歩に出たようだ。

帰宅した夫が散歩させるのなら、忙しい夕方に私が無理をして連れ歩く必要はなかったのにと、無性に腹が立った。

満足気に帰ってきた二人に、私が行ったのは何のためだと夫をなじると、ベルがいつものようにリードを持ってきて夫に示し、散歩をせがんだからまだ行ってないのだと思ったという。

私が、どうしてそういうせこい事をするのかとベルを責めると、彼はキョトンとした顔をして私を見上げた。そんな表情の可愛さに負けた私はそのまま叱る事をやめたが、犬といえども人間並みのずるさは持ち合わせているのだと、悟らざるを得なかったのである。

犬は忠実な動物だと言われているが、騙される我々が馬鹿なのだろうか。何とも割り切れぬ気持ちの昨夕の私だった。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。

"犬の思惑" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント