最後のバラ

画像


雨の定休日は、前日に引き続いてきわめて静かな一日だった。訪問者はなく、電話もセールスが二件、今日の予約が一件と煩わしさを感ずる事もなかった。

煮詰まった時は、これを聴くといい結果が出るよと孫が送ってくれた、ムソルグスキーのCDを聴きながら好きなケーキを食べたり、なんとものどかな一日だった。

こんな日はユックリおでんでも煮込もうと畑に大根を抜きに出てふと見ると、フェンスに終わった筈の白バラが一輪ひっそりと咲いていた。

ふわっと香りも鼻をついて、うすぐもりの澱んだ空気の中に神々しささえ感じられ、今日もまた良い一日だったと実感した出来事だった。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。

"最後のバラ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント